スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2017の投稿を表示しています

【ハンバーガーショップ】ほりのバーガー ・土日祝限定のライダーズバーガー店

奈良県御所市の気になるバーガー  国道24号線を大和高田市から五條市方面に走っていると御所市の室交差点を越えて少し行った所にあるスーパーの前を通りながら、手前の建物に掲げられた味のある手描き風看板が気になっている人もいるはず。しかし平日しか通らない人にとっては「ホンマにやってるのかな?」と思える雰囲気もあるこちらのお店。
 私も気になって調べてみると、どうやら土日祝日しか営業していないハンバーガーショップで、バイク好きのマスターさんがされていると言うことでお客さんもライダーさんが多いようです。

ライダーではないけど行ってみた(笑)  2017年4月現在のグーグルマップのストリートビュー(2013年9月撮影)を見ると、この場所はまだラーメン屋さんでした。「ほりのバーガー」のオープンは2014年5月1日のようです。  バイクには乗っていない私ですがネットで見るここのハンバーガーは気になります。実際に行ってみると、やはり土日や祝祭日を利用してツーリングに出かけるライダーさん達が多いようです。お客さんは自分の愛車とともにお店のブログに載ることもあるようで皆さん楽しそうです。

 とりあえず今回はテイクアウトで。いざ店内に入りメニューを見るとホットドッグやスウィ~ツバーガーなど魅惑のメニューがありどれも美味しそうで迷います。しかし、このときは運良く?土曜日だったので土曜日限定のその名も「土よう日バーガー」(480円)を2つ注文しました。ダブルやトリプル、ポテトのセットも選べるようです。
 こちらのお店では炭焼きと同等の遠赤外線効果のある溶岩グリラーでじっくり焼き上げるので15分ほどかかりますが、この肉厚パティの外はこんがり、中はジューシーに焼きあがるので待つ価値はあります。普段はほとんどチェーン店のハンバーガーしか食べていなかったので、こちらの手作り感とボリューム満点のハンバーガーはやはり食べる価値ありでした。次は何にしようか...また迷います。

アクセス  奈良県御所市の国道24号線(下街道)沿いにあります。国道309号線との「室」交差点から南に500mほど行くと左の高台にスーパーセンターオークワ御所店が見えるのでその手前、コンビニのすぐ先です。店先にバイクなら結構停められますし車も少々。  駅からは結構遠いです。JRか近鉄の御所駅で下車し、奈良交通のバスで近鉄御所駅から乗…

【ロッテ】チョコパイ <PABLO監修プレミアムチーズケーキ> ・あのチーズタルト店とロッテがコラボ!

チョコパイと言えば...  ロッテから4月18日(火)に発売されたチョコパイの新商品を買ってみました。このブログにしては珍しくわりと新商品です(笑)。ロッテのチョコパイと言えば1983年(昭和58年)の発売以来、同社の看板商品の一つとして長年人気を保っています。
 もともとチョコパイには文字通りパイ生地で出来たものもあるそうですが、現在日本で主流のソフトケーキで挟んだタイプのチョコパイの歴史は20世紀初頭のアメリカから始まったとされています。1917年にアメリカ南部テネシー州のチャタヌーガ・ベーカリー(Chatanooga Bakeries)が売り出したグラハムクラッカーにマシュマロを挟んだムーンパイが元祖だそうです。日本では戦後、アメリカ兵が持ち込んだことで知られるようになりました。
今年もロッテ×PABLO!  ロッテのチョコパイは味やサイズなどでバリエーションがいくつかありますが、このチョコパイは、今や大阪だけでなく全国に店舗を構えるチーズタルトのPABLOが監修したもので、昨年の「チョコパイ PABLO監修チーズケーキ」に続くコラボレーションです。  昨年のコラボチョコパイは食べてないので比較は出来ませんが、去年は1ホール787円のチーズタルト味で今年は1ホール1580円のプレミアムチーズタルト味だとすると...2倍の美味しさになってるはずです(単純計算)。

 と、勝手にハードルを上げてみましたが、ケーキ生地とクリームにそれぞれ異なるクリームチーズを使用し、間に挟んだほろ苦いカラメルソースでブリュレ間を演出しています。個人的にはクリーム層がもう少し厚くても良いですが通常のバニラクリームのものより高級感があり、チーズケーキ好き、チョコレート好き両方の方に楽しんでいただけるのではないでしょうか。
 今年は同時に「パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ」も発売されました。いずれも期間限定で全国のスーパーやコンビニ、PABLOの店舗で販売中ですのでお試しください。

●ロッテ チョコパイ商品ページ→https://www.lotte.co.jp/products/catalogue/biscuit/01.html ●PABLO 公式サイト NEWS → http://www.pablo3.com/news/detail/?seq=383


【パブロ PABLO】P…

【ケンタッキーフライドチキン】とりの日パック ・月に一度の激安セール!

毎月28日は“にわ”とりの日  いつから始まったのかは分かりませんが、ケンタッキーフライドチキン(KFC)では上記の理由で毎月28日限定で「とりの日パック」を販売しているのでここ1年以上、毎月この日の夕食はチキンを食べる習慣になってしました。

 当然、ご存知の方も多いと思いますが改めて内容を確認しておきますと、オリジナルチキンが4つ、クリスピーが3つ入ったチキンオンリーのまさに「とりの日」にふさわしいこのパックがなんと1000円(税込)という激安価格で毎月28日のみ限定発売されているのです。


どれぐらいお得なのか?  念のため単品で買った場合と比較しておくと、2017年4月現在の価格表ではオリジナルチキンは1ピース250円ですが4ピースだと980円となっています。カーネルクリスピーの方は1ピース200円なので3ピースで600円。合わせて1580円になります。一応「とりの日パック」のポスター等には「1400円(1450円の時期も)が1000円」となっていますが28日以外の日にこの内容のパックが販売されているのかは謎です...  店によってか時期によってかは分かりませんが、クリスピーをスパイシーなものに変更できたりすることもありました。

 たっぷりケンタッキーのチキンが食べたい人にはたまらない「とりの日パック」ですが、ちょっと心配なのが最近はあまりアピールしていない、というかこっそり、ひっそりやっている印象があって、行動範囲内の3,4店舗を見ても28日に「とりの日パック」のポスターや看板が目に付かない様になってきた感があり「もしかして先月で終わり?」とか不安になってしまいます(笑)。
 なので毎月ホームページで確認してから買いに行くようにしてます。ホームページの方もわりと目立たないとこに書いてますが...

 ●KFCホームページ とりの日パック → http://www.kfc.co.jp/menu/detail/?menu_id=42

ま、細かいことは気にせず...ちなみにカーネルPontaクラブの会員なら毎月28日はPontaポイント2倍だそうですよ!明日もPontaカード持ってKFCに行くとしましょう!

ケンタッキーフライドチキンのデリバリーはこちら↓

【洋菓子店紹介】平田製菓 ・堺市美原区のチーズケーキのお店

309号線沿いのチーズケーキ店  国道309号線を富田林方面から大阪市内方面へ向けて走っていると堺市美原区の船渡南交差点の手前、炭火焼肉鶴兆と和食さとの間に「チーズケーキのhirata seika」の文字が見えます。無意識に運転していると見落としてしまいそうですが、スイーツ好きなら電光掲示板の「チーズケーキ」に反応するはずです(笑)。ここが南河内エリアでは珍しいチーズケーキのお店です。

 チーズケーキの材料は小麦粉にチーズ、卵、砂糖と、いたってシンプルなお菓子だからこそ原材料の良し悪しが重要である…ということで、こちらでは日本で約10%しか流通していない国産小麦を使用し素材が生きるケーキ作りをされているそうです。
 品揃えはほぼチーズケーキに絞ったラインナップで、店に入り選んでいると店員さんが詳しく説明してくれるので初めての方はこれを参考に選ぶとよいでしょう。


1ホール500円のチーズケーキ!
 看板商品はやはり1ホールでなんと500円の「ふんわりチーズケーキ」です。未だ食べたことのない高級な「ベイクドmellowチーズケーキ」は1ホール1600円。国産チーズを使用し濃厚でとろける口溶けのスティックタイプの「チーズミルクケーキ」は1本200円で味がいくつかあるようです。その他、パウンドケーキ?「生地を味わうプレーンケーキ」はプレーン、ぶどう、チョコチップ、オレンジがあり各種1本500円。さらに「おやつビスケット」が1袋280円という品揃えになっています(全て税別)。


 過去に何度か差し入れ用に購入したことはありましたが、自分用には2回目です。定番の「ふんわりチーズケーキ」はスフレタイプの文字通りふんわりした感じですが、よく引き合いに出される某りくろーおじさんよりはしっとりとした食感です。原材料が「チーズ、鶏卵、牛乳、砂糖、国産小麦粉、菜種油」となっているのでわかる通り、人工的な添加物を使ってません。優しい味わいで飽きがこず、1ホール余裕で食べられそうです。
 同封の紙には、冷蔵庫で低温熟成させると生地が馴染んで一層美味しくなるので賞味期限前日か当日に食べるのがおすすめと書かれていましたが、買って2、3日食べずに我慢するのは難しそうです。


 「おやつビスケット」はビスケットのようなチーズケーキのラスクということで、サクッとしていて食べているとチーズケーキの風味が広が…

【古見屋羊羹】高瀬舟 ・岡山県真庭市の名物羊羹

岡山県美作地方のお土産  岡山のお土産で一番良く貰うものと言えばやはりきびだんごかと思いますが、こちら古見羊羹の「高瀬舟」も昔から人気のあるお菓子としてご存知の片も多いと思われます。  「高瀬舟」は岡山県真庭市の中でも落合地区(2005年に旧落合町は周辺と合併して真庭市になりました。)特産の土産菓子である落合羊羹の一種です。落合羊羹といえば、真庭市だけでなく美作地方を代表主する郷土菓子ですが、その起源は1764年(明和元年)に創業した「古見屋羊羹」と言われているそうです。  古見屋羊羹という屋号は、創業したのは真島郡垂水村(現・真庭市落合垂水)ですが創業者が大庭郡古見村(現・真庭市古見)出身だからだそうです。

舟の形をした一口羊羹 落合羊羹の特徴としては、表面が糖化(デンプンなどの多糖類が分解され、エネルギーとして活用可能な少糖類や単糖類になる化学反応のこと)により白っぽく、硬くなっていることで、それにより外はカリッと、中はモチッとした独特の食感になることです。そんな落合羊羹の中でも代表格なのが古見羊羹の「高瀬舟」です。
 文字通り高瀬舟の形をした包装がなされた一口サイズの羊羹で、メーカーのおすすめの食べ方として、2週間ぐらい経って表面が糖化(シャリと言うそうです。)した頃がおすすめで、舳先と後をほどいて手を汚さずに食べるのがコツだそうです。

 ちなみに、本当の舟の高瀬舟は室町時代頃から現在の岡山県周辺で使用され始めた船底が平らで浅い舟で、江戸時代には全国に普及しました。京都と伏見の間に造られた高瀬川という川の名はこの高瀬舟を使って輸送することにちなんで付けられた名前で、森鴎外の小説でも有名です。
●古見屋羊羹HP(通販できます) → http://www.komiya-yokan.co.jp/index.html


<古見屋羊羹>高瀬舟羊羹 24個入 【4月23日(日)10:00〜4月26日(水)9:59 ☆72時間限定!PC/スマホからエントリーでポイント5倍!☆】

【ベーカリー閉店情報】ベーカリー ナタリー(堺市美原区)

ショッピングセンター内のパン屋さん  堺市美原区のさつき野にある「ベーカリー ナタリー」さんが去る4月20日(木)をもって閉店されました。さつき野の住宅街の中心的な位置にあり、学校も目の前にある「さつき野ショッピングセンター」内でパンやケーキを製造・販売されていたこちらの店は全体的にリーズナブルな価格でどこか懐かしい感じのパン屋さんでした。  貼紙によると、さつき野に出店して31年と書いてあったので昭和からと言うことになります。同ショッピングセンターで長年続けてこられたのも地元で確かな人気があったからでしょう。お疲れ様でした。

【両口屋是清】よも山・志なの路・旅まくら ・名古屋の老舗和菓子店の鉄板商品!

江戸時代初期創業の名古屋の老舗和菓子屋  進物や手土産に和菓子を買いたい時に、地元の美味しい和菓子もいいけど全国的に有名なお店の商品が良い時もあります。そういう時はだいたい都心の百貨店・デパートに入っている和菓子屋さんのものになることが多いと思いますが、こちら南河内にはないので...天王寺・あべの、難波、梅田辺りのいずれかのエリアに行くと思います。(今はネットでも買えますが(笑))
 そこで今回は現時点(2017年4月)で先程の天王寺・あべの、難波、梅田のいずれにエリアにも出店している「両口屋是清」について調べてみました。

 個人的に名前の響きからしてカッコイイ両口屋是清ですが、始まりは大阪の菓子司であった猿屋三郎右衛門が徳川御三家筆頭の尾張藩御用菓子製造を志し、名古屋で饅頭を作り始めた1634年(寛永11年)に遡ります。三郎右衛門の存命中には御用菓子を勤めることは出来ませんでしたが、亡くなった翌年(1671年・寛文11年)にその夢が叶い、1686年(貞享3年)に二代目三郎兵衛が二代藩主徳川光友より「御菓子所 両口屋是清」の看板を賜ったそうです。
 1934年(昭和9年)に株式会社となり、2017年現在、北は宮城から南は熊本まで店舗を拡大しています。
 なお、江川達也氏の漫画「まじかる☆タルるートくん」という作品に登場する同名のキャラクターはこちらの和菓子店から取られたそうです。

銘菓詰合の定番とささらがた  両口屋是清の和菓子詰め合わせには色々ありますが、基本として四方の山々の風情を焼印で表した「よも山」、玉子皮と小豆餡が美味しい「志なの路」、胡麻の風味がお茶請けに最適な「旅まくら」の3種類が入っていることが多いです。全て香り豊かな北海道産小豆を使用した餡を楽しめる菓子となっています。
  他にも様々なお菓子がありますが、「ささらがた」の季節限定商品はカワイイものも多いです。
公式サイト、または楽天市場(下のリンク)で通販できます。
「名古屋名物」両口屋是清 銘菓詰合 N30号 二段詰
お伊勢さん菓子博2017  ここで、2017年4月21日(金)から5月14(日)まで、三重県伊勢市のサンアリーナ及びその周辺で第27回全国菓子大博覧会・三重「お伊勢さん菓子博2017」が開催されるようですのでお知らせを。  菓子博2017 公式ホームページ → http://w…

【湖池屋】KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩 ・ポテトチップス危機にはどのポテチ?

ポテトチップス危機到来!?
 先週ぐらいからスーパーやコンビニの売場からポテトチップスが消える!?と言う噂がネットを中心にまことしやかに囁かれ、実際に売場の陳列棚はガラガラになったとか、特定の商品が買い占められ高値で転売されているなどの情報が飛び交っているようですが、実際のところはどうなのか。改めて調べてみました。
 事の発端は4月10日にポテチ業界最大手のカルビーが、22日から定番商品の「うすしお」や「コンソメパンチ」のビッグサイズや「堅あげポテト」など15商品の販売を一時休止すると発表したことに始まります。他にも地域限定フレーバーなど18商品は15日より販売終了と言うことです。特に「ピザポテト」シリーズは予定より早く12日より休止と言うことで真っ先に品薄になったようです。  一方の湖池屋はすでに3月末に「リッチコンソメ」など7品目の販売を終了し9品目を販売休止していたので、日本の大手ポテチメーカーの商品が消えるとの危機感があおられる様になりました。これらの状況の原因は昨年北海道を襲った台風による水害で原料のジャガイモがかつて無い不作になったことで、メーカーとしては今後九州産など他の地域の国産ジャガイモに原料変更することも検討しているようです。このような日本のポテチの現況は“Potato-Chip Crisis”などと海外のニュースにもなっています。 コイケヤのプライドをかけたフライドポテト  しかし、ネットで騒がれている有名なポテチブランドやシリーズ以外には今まで通りに販売されているものもありますし、新商品も出たりしています。そんな中で今回は湖池屋が2月6日に発売した「KOIKEYA PRIDE POTATO」3種類の中からもっともシンプルと思われる「秘伝濃厚のり塩」を。ま、食べたのは3月なんですが(笑)ちなみに、あとの2種類は「松茸香る極みだし塩」「魅惑の炙り和牛」です。  このプライドポテトシリーズは、1962年(昭和37年)に日本で始めて本格的にポテトチップスを量産化した湖池屋がプライドをかけて開発をした商品で、100%日本産じゃがいもを使用し皮の剥き方から洗い方、揚げ方、厚さ、油の種類、仕上げにまでこだわった軽やかなのに味わい深い、「これぞ日本のポテトチップス」を目指した商品となっています。
 「秘伝濃厚のり塩」は100%国産の青のりを使い、焼塩、藻…