スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2017の投稿を表示しています

【セブンイレブン】宇治抹茶クリームのまっちゃもこ・宇治抹茶と黒糖寒天の和ぱふぇ

宇治抹茶スイーツ制覇!  先日来2回取り上げたセブンイレブンの宇治抹茶スイーツシリーズ全6種ですが、いつまで販売するのか分からないので昨日売っているのを見かけて即購入してきました。たまたまかもしれませんがロールケーキとわらび餅、生食感ショコラは無かったので、もしかして...とちょっと焦りつつ早めに確保した次第です(笑)

宇治抹茶クリームのまっちゃもこ  宇治抹茶シリーズのロールケーキやわらび餅と同様にいかにも抹茶っぽい緑のパッケージのシュークリームですが、同時に「しろもこ」シリーズの抹茶味という位置づけでもあるようです。ふんわり・もっちりのシュー生地の中にとろりとしたカスタードホイップがたっぷり入っています。シュー皮、カスタード、ホイップクリームの全てに抹茶を使用した抹茶づくしの逸品です。とろとろクリームがこぼれる前にお召し上がりください。東北・甲信越・北陸の一部を除く全国で販売中。

宇治抹茶と黒蜜寒天の和ぱふぇ  一連のシリーズの中でもっとも高価な297円(税込320円)のこちらは見た目もゴージャスなコンビニスイーツとなっています。宇治抹茶のムースに黒糖寒天を入れ、抹茶あん、ホイップクリーム、白玉、あんこ、さくらんぼ、栗をトッピングしたあんみつとパフェを両方楽しめるような和洋折衷スイーツです。様々な味と食感を楽しめ「甘いもの食べた!」という満足感が得られるかと思います。

大人気“MATCHA”  最近は外国人観光客にも“Matcha”は大人気と言うことで、お土産物屋さんはもちろん、スーパーやコンビニでも抹茶コーナーが設けられたりしていますし、抹茶を使った新商品も次々発売されています。セブンイレブンだけでも今回の宇治抹茶スイーツの6種類以外に沢山の抹茶スイーツやお菓子、パン等が売られているので選ぶ方も大変ですが楽しみでもあります。  ところで、抹茶のアルファベット表記は“Maccha”でも“Matcha”でも良いと言う意見もありますが、店頭に並んでいる商品では“Matcha”が多いような気がします。

【セブンイレブン】宇治抹茶あずきロール・ふわっとろ宇治抹茶わらび(黒蜜入り)

宇治抹茶スイーツ2  先日はセブンイレブンの春の宇治抹茶スイーツシリーズ全6種類のうち、スプーンで食べる とろ生食感ショコラ(宇治抹茶)と宇治抹茶使用 豆乳抹茶ぷりんを紹介しましたが、今回は緑のパッケージが売場で目立つこちらの2品をゲットしてきました。どちらも見るからに抹茶度高そうです!

宇治抹茶あずきロール  宇治抹茶のスポンジケーキにこしあんとたっぷりの抹茶ホイップが巻かれたロールケーキで、中心部のかのこ豆(形の整った豆の蜜漬けらしいです)がアクセントになっています。スプーンで食べるタイプの軽い口どけのホイップとスポンジであっさりとした食感なのでペロッと食べてしまいました。HPでは販売地域が限定されてるようですが大阪で買いました。
ふわっとろ宇治抹茶わらび(黒蜜入り)  こちらは人気の「ふわっとろ」なわらび餅のシリーズのようで、抹茶をまぶしたわらび餅で黒蜜ソースを入れた抹茶ホイップを包んだ大福になっています。一連のシリーズの中で今までに食べた4種の中ではサイズ的には小さいものの、抹茶の風味は最も高いと感じました。全国で販売中。
抹茶シリーズあと2種類  このセブンイレブンの宇治抹茶スイーツシリーズもあとはパフェとシュークリームだけになりましたがいつまで販売されているのか…もう3月も終わりですし見つけ次第早めに購入したほうがよさそうです。

【日清】神戸開港150年記念 ビーフカレーヌードル

近畿限定ヌードル!  先週スーパーに行くとわりと目立つ所でこの商品を見かけたのでカップヌードルの新商品かと思い100円ぐらいだったので購入。早速調べてみるとすでにメーカーのサイトではこの商品のページは削除されていて、他で色々検索してみたところ発売されたのは今年の1月2日(月)で特に目新しいわけではなかったようです。ですがせっかくなので軽くレポートを。  神戸開港150年記念ビーフカレーヌードルは、今年の1月1日に神戸港が開港150年を迎えるのを記念して、その翌日に近畿地区限定で発売された昔懐かしいレトロな味わいのビーフカレーをイメージして作られたものです。「カップヌードル」と同様の容器ですがシリーズではないようです。  「しなやかでコシとつるみのある麺」と「濃厚なビーフのうまみとタマネギなどの野菜の甘みが溶け込んだカレースープ」といううたい文句通りで、カップヌードルカレーに比べると辛さ、スパーシーさが抑えられまろやかで上品なカレーな感じでした。
 一応、写真は撮ってみましたが、何も考えずいきなり混ぜすぎて具材がほとんど下の方に行ってしまい、きれいに浮上させることが出来ませんでした…カップ麺を撮るのも難しいと実感しました(笑)


開港150年ブーム?  ちなみに、2017年1月1日に神戸港が開港150年を迎えたと書きましたが、それに合わせて神戸では今年は様々なイベントが企画されているようです。  また、大阪港も今年の7月に開港150年を迎えます。その他、2009年に箱舘(函館)、長崎、神奈川(横浜)はすでに開港150周年を迎えており、新潟も2019年1月1日に開港150周年を迎えます。  江戸時代に鎖国政策をとっていた日本が幕末に欧米諸国からの圧力で開国を迫られ、徐々に港を開いて近代化への道を歩み始めて150年という歴史を感じながらこのヌードルを食べましょう。

【セブンイレブン】とろ生食感ショコラ(宇治抹茶)・豆乳抹茶ぷりん

セブンイレブン 宇治抹茶スイーツ  先週食べたスイーツですが...このところセブンイレブンに行くとスイーツコーナーに緑の商品が目立つように思っていましたが、今更ですが調べてみると3月7日(火)より宇治抹茶を使用したスイーツ全6品が順次発売されていたようです。抹茶好きかつ新商品好きとしては食べておかないと、と言うわけでまずは2品買ってきました。

スプーンで食べる とろ生食感ショコラ(宇治抹茶)  こちらは3月14日(火)に全国発売された「スプーンで食べる とろ生食感ショコラ」の第2弾だそうです。風味豊かな宇治抹茶と口どけの良いホワイトチョコの絶妙な組み合わせはもちろん、トッピングされた抹茶ホイップと濃厚な抹茶ソースで抹茶づくしの逸品となっています。

宇治抹茶使用 豆乳抹茶ぷりん  人気の宇治抹茶をコクのある豆乳と合わせた和プリン。程よい甘みの豆乳をベースにほろ苦い抹茶でまろやかな口当たりに仕上がっています。北海道を除く全国でこちらもすでに販売中です。
宇治抹茶シリーズ  どうやら今回のとろ生食感ショコラと豆乳抹茶ぷりんは「宇治抹茶スイーツ」シリーズの第二段で、前週にロールケーキとわらび餅、翌週にパフェとシュークリームが出ていたようです。いずれにせよ、期間限定っぽいので他のものも御見かけたら買わねばなりません(笑)

【ベーカリー紹介】パン工房 KAWA 富田林店(富田林市) ・和歌山から南河内へ!

和歌山からやって来たパン屋さん 近鉄富田林西口駅と川西駅の間、富田林消防本部の少し南に2015年(平成27年)11月にオープンしたこちらのお店は、ただ今富田林エリアでも人気のベーカリーです。パン工房カワ(KAWA)は和歌山県有田郡に本社を置くチェーン店で和歌山県はもちろん、大阪府の南部から大阪市内まで店舗を展開しているようです。


木目調の外観のお洒落な店内には、食パン、ハード系、惣菜パン、菓子パンをはじめ、ハンバーガーやサンドウィッチ、洋菓子類など品揃えは豊富で、中でも食パンにいちごジャムとたっぷりの生クリームを挟んだ「生クリームサンド」はテレビでも紹介された大人気商品だそうです。


また全国ご当地バーガーグランプリ「とっとりバーガーフェスタ」で2014年、2015年に優勝した「紀州梅バーガー」と2016年に優勝した「里山ジビエバーガー」もあり見逃せません。


ホームページからは通販で買える商品もあります。また毎月1日、15日は「カワの日」としてお買い得のパンが出ます。

アクセス パン工房カワ富田林店は、富田林市役所前の国道170号線のいわゆる旧道(外環状線ではない方)沿いにあります。市役所から南に約500m、河内長野方面からは国道309号と交わる「川西南」交差点から北に約700mです。 公共交通機関では、近鉄長野線「富田林西口」駅から約700m南、「川西」駅からは約500m北です。


WAY書店TSUTAYA富田林店と同じ敷地内にあるので車でも行きやすいです。イートインスペースあり。また、TSUTAYAの建物内には同じグループの川珈琲店もあり、本格的なコーヒーとパンをいただけます。


★パン工房カワには通販サイトもありますのでテレビで話題の「生クリームサンド」も買えます。↓↓↓
【送料無料】お試しセット【6種類セット】初回限定お一人様1回限り!-パン工房カワ
★TVで話題★生クリームサンド【当店人気ナンバー1】【累計1000万個以上販売】 -パン工房カワ
-

パン工房 KAWA 富田林店パン / 川西駅富田林西口駅
昼総合点★★★★☆ 4.0

【パスコ】信州産ふじりんごのケーキと宇治抹茶どらやき

PASCOの新作  某スーパーのパン売り場で春の新作をはじめとしたパスコの販売を大々的に行っていたのでちょっとお試しで買ってみました。時間がなかったのでじっくり見れませんでしたが、どれも気になりつつ…色々あった中から信州産ふじりんごのケーキと宇治抹茶どらやきをチョイス!どちらも100円ぐらいでした。
 まずは信州産ふじりんごのケーキ。こちらは「こだわり素材スイーツ」シリーズという菓子パンと言うより洋菓子のそうです。ケーキ生地にカスタードクリームを練り込んであって、その上に信州産ふじりんごのスライスをのせて焼き上げた一品となっています。  ちょっとスイーツを食べたい時にちょうど良いですね。洋菓子店で売ってる焼き菓子よりボリュームありますし(笑)。HPで見ると、西日本限定の新商品のようです。

 宇治抹茶どらやきの方は今春の新作、宇治抹茶シリーズの菓子パン全4種類のうちの一つ(その他はメロンパン、コッペパン、ロールケーキ)のようです。宇治抹茶入りのどら焼き生地に同じく宇治抹茶入りのホイップクリームとつぶあんをサンドしたもので、2個入りとなっています。
 最近は外国人にも人気の高いDorayakiにMatchaとAzukiをお手軽に!


シキシマパンさんの「リサとガスパールから春のプレゼント!」  今パスコでは商品に添付されているシールを集めて応募すると抽選でトースターまたはランチョンマット+お皿が当たる「リサとガスパールから春のプレゼント!」キャンペーンを実施中です。
 ちなみに、Pasco(パスコ)はPan Shikishima Companyの頭文字からとったもので、敷島製パン株式会社のブランドです。敷島製パンは1919年(大正8年)盛田善平によって名古屋に創立され、その社名は本居宣長の「敷島の大和心を人とはば朝日に匂う山桜花」という和歌から採られています。また、創業時の製パン技師として迎えられたのはドイツ人ハインリヒ・フロインドリーブ(Heinrich Freundlieb)でその名を冠した店は現在も神戸にあります。


【パスコ】おいしさ長持ちパンバラエティセット11個入【RCP】 【送料込み】【送料無料】【パン日持ち】【買い置き】【菓子パン】【あんぱん/クリームパン/ジャムパン/メロンパン/デニッシュ】【ロングライフパン】【Pasco】

二つある“大阪名物・蓬莱の豚まん”の見分け方 551と本館

ある時~ない時~  今や空港や駅で買えること、またテレビやネットなどで紹介されることですっかり大阪名物の一つとなった感のある豚まんですが、やはり有名なのは「蓬莱」の豚まんです。全国的には「肉まん」かと思いますが、関西で「肉」と言えば基本的に牛肉を指すので「豚まん」になったそうです。  大阪の田舎エリアに住んでいても都会に出ると(南河内の近鉄沿線住民の都会はだいたい天王寺・阿倍野)お土産によく買います。なので帰りの電車の車内ではよく「豚まんの匂いがする!」ネタの状況になります。CMの通り?ある時はすぐ分かります(笑)
 で、今回もあべのハルカスの地下(近鉄百貨店のあべのハルカス近鉄本店内)で購入してお持ち帰り(天王寺・阿倍野エリアではJR天王寺駅の改札外にも店があります)。家で軽く温めなおし、久々の蓬莱の豚まんを美味しくいただきました。

「551」と「本館」  「蓬莱の豚まんなら普通にスーパーで買えるのに…」と言われると確かにそうなんですが、そうでもないんです。大阪以外でも知ってる人は知っていると思いますが、直営店で

実演販売してる豚まんとスーパーに並んでる豚まんは、味とかレシピ以前に作っている会社が違います。  前述の「ある時~ない時~」のCMで有名な「551蓬莱(ごーごーいちほうらい)」は株式会社蓬莱で、スーパーでも買える豚まんを製造している方が「蓬莱本館(ほうらいほんかん)」の株式会社蓬莱本館です。
 この2社はもともとは同じルーツを持っています。1945年(昭和20年)に大阪難波で創業した「蓬莱食堂」がルーツで1964年(昭和39年)に、株式会社蓬莱、株式会社蓬莱本館、株式会社蓬莱別館の3社に別れました。現在、豚まんを製造しているのは蓬莱と蓬莱本館です。  ちなみに、株式会社蓬莱の「551」の由来は創業者が吸っていたタバコの銘柄が「555」だったことからひらめき、創業時の電話番号の「64-551」から「ここが一番をめざそう」という語呂あわせで決まったそうです。

 主な違い、見分け方としては、551蓬莱の方は直営の各店舗において手作り出来立て商品の実演販売(一部空港などではチルド品)を行っていて、冷凍豚まんはありません。通信販売は本社オンラインストア。ロゴは「551 HORAI」や「551 蓬莱」となっています。4店舗の中華レストランも展開中。

 一方の蓬莱本館…

【街歩き】大阪府富田林市「じないまち雛めぐり」

寺内町でお雛さまを  先日ブログで触れた富田林市の重要伝統的建造物郡保存地区である寺内町(じないまち)で3月11日(土)、12日(日)に開催された「じないまち雛めぐり」ですが、当初行けないはずでしたが、日曜日の業務が早めに終わったので慌てて行って来ました。16時までと書いてあったので20分弱ですが(笑)

さすが大阪府下唯一の重要伝統的建造物郡保存地区(長い)  わりと地元なだけあってこの辺りはたまに通るのですが、昨日はイベント終了間際にもかかわらず多くの人通りがありました。食べ物やグッズの販売とかは片付けかけていましたが…私が知ってる限り最高の人出でした!写真は人が写りこまないようにタイミングを見計らって…

 と、言うわけでスマホで撮影してきた画像を少々。お寺や古くからのお店や住宅では歴史ある立派な雛人形が飾られていたり、最近出来たカフェなどではかわいい、おしゃれな雛飾りをしていたりと、見所は沢山あったのでやはり20分弱では時間が足りませんでした。気になる食べ物もほとんど売り切れてたのが最も悔やまれます(笑)




 寺内町のイベントながら富田林駅前のローターリーや銀行にも雛人形が飾られていたり、案内のポスターやチラシ、またネットでの情報発信と年々街全体での取り組みへの力の入れ方がパワーアップしてる感じでした。
地図に秘められた「大阪」歴史の謎 (じっぴコンパクト文庫)