スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

【南河内探訪】板持地区(富田林市) ・「おちょやん」のモデルとなった浪花千恵子ゆかりの地

注目の板持 世界的な新型コロナウイルス感染症の流行もあり、何かと暗いニュースの多い印象の2020年(令和2年)も11月に入り、(一部で)注目されている大阪府富田林市の板持(いたもち)地区のご紹介です。 長い歴史を持つ板持地区ですが、最近ではNHK2020年度後期連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」の主人公のモデルとなった浪花千栄子(なにわちえこ)さんの出生地ということで知名度がアップしているようです。「おちょやん」や浪花千栄子さんについては富田林市のウェブサイトなどでも特集されています。 板持地区(富田林市) というわけで、今回は浪花千恵子さんと「おちょやん」、そして関連する板持地区について簡単にまとめてみました。写真は主に2020年11月撮影。なお、当記事トップの画像は佐備川に架かる高橋から二上山を望む角度で撮影したもので、左が西板持町、右が東板持町となっています。 浪花千栄子 浪花千栄子さんは、1907年(明治40年)に当時の大阪府南河内郡大伴村大字板持(現在の大阪府富田林市東板持町)で生まれました。本名は南口(なんこう)キクノ。小学校(現在の市立大伴小学校?)にもあまり行けず、8歳の時に道頓堀の仕出し弁当屋に女中奉公に出されますが、それまでは富田林で過ごされたようです。 市立大伴小学校 その後、様々な苦労の末に18歳ころから舞台に立ち、戦後には松竹新喜劇の看板女優として活躍。その後は映画をはじめ、ラジオやテレビのドラマでも活躍され1973年(昭和48年)に66歳で亡くなりました。 富田林市役所のパネル展
最近の投稿

【コミュニティバス】市内公共施設循環バス ぐるりん号(松原市)

ぐるりん号 南河内の各自治体が運行するコミュニティバスの調査第5弾は、現在の南河内エリアの最北端に位置し、“大都会”大阪市や堺市に隣接する松原市のコミュニティバス「市内公共施設循環バス ぐるりん号」について調べてみました。 なお、以前に調べた南河内のコミュニティバスとしては、富田林市の「 レインボーバス 」、河南町の「 カナちゃんバス&やまなみタクシー 」、大阪狭山市の「 大阪狭山市循環バス(さやりんバス) 」、河内長野市の「 モックルコミュニティバス 」があります。 市内公共施設循環バスぐるりん号(松原市) 松原市の運行する「市内公共施設循環バス ぐるりん号」は、名前からもわかる通り主に松原市内に点在する公共施設を巡るコミュニティバスです。 ぐるりん号の車体などには、松原市のご当地キャラクター(ゆるキャラ)としてイベントなどでも人気の「 マッキー 」が描かれています。なお、「まつばらくん」については未確認です(笑)。 ぐるりん号の歴史 ぐるりん号は、「交通手段がないために外出をためらわれている人にも、容易に公共施設を利用していただく」ことを目的に1999年(平成11年)10月に運行が始まりました。当初は車両2台体制で運行していましたが、2006年(平成18年)に3台体制、2017年(平成29年)に4台体制と漸次運行体制が強化されています。 松原市役所のバスターミナル 代々マイクロバスだったようで、2020年(令和2年)10月現在はトヨタ・コースターが運用されています。デザインは白を基調としており、車体下部のみが青。所々にご当地キャラのマッキーなどが描かれています。また、バリアフリー対策として全ての車両に車いす席が2人分あります。 運行について 当初は近鉄バス松原営業所が委託され運行していましたが、2017年(平成29年)に委託先がエムケイ観光バス株式会社大阪営業所に変更となったようです。基本的に年末年始を除く平日のみ運行されています(例外あり)。 旧タイプ?(2018年8月) 2020年11月時点の運行系統は、東ルート、西ルート、南北ルートの丹南・西大塚方面、天美・布忍方面、恵我・三宅方面、北ルート、中央ルートがあり、いずれも松原市阿保1丁目にある松原市役所停留所を終起点とする循環系統となっていま

【閉店情報】いきなり!ステーキ 富田林店(富田林市) ・外環沿いにある昨年オープンのステーキ店

いきなりステーキ富田林店 大阪府富田林市中野町西にあるステーキ店「いきなり!ステーキ 富田林店」が2020年(令和2年)11月29日(日)をもって営業を終了し、閉店する予定です。写真は11月中旬撮影。 いきなり!ステーキ 富田林店(富田林市) いきなり!ステーキ富田林店は、富田林市中部の国道170号(外環状線)沿いにあり、周辺を見ると「南旭ヶ丘」交差点を中心に、飲食チェーンだけでも星乃珈琲店富田林店、のらや富田林店、ガスト富田林店、マクドナルド外環富田林店といった店舗が集まったエリアです。 この場所は、2018年(平成30年)12月19日(水)をもって営業を終了した「大阪王将 富田林外環店」があった場所で、「いきなり!ステーキ 富田林店」がオープンしたのは1年半ほど前の2019年(令和元年)5月22日(水)でした。 ●開店時の記事はこちら → 【開店情報】いきなり!ステーキ 富田林店(富田林市) ・2019年5月22日オープン 閉店のお知らせ 南河内にある株式会社ペッパーフードサービスの店舗ブランドでは、「ペッパーランチ 河内長野店」に次ぐ閉店となり、南河内エリアのいきなりステーキは羽曳野店だけとなりました。なお、富田林店の「閉店のお知らせ」には同じ運営会社の堺インター店が案内されていました。 ●いきなり!ステーキ 富田林店 ホームページ → http://ikinaristeak.com/shopinfo/tondabayashi/

【開店情報】パン工房カワ 狭山店(大阪狭山市) 第2弾 ・オープン日が判明

パン工房KAWA 先日お伝えした、大阪府大阪狭山市池之原にオープン予定となっていたベーカリー「パン工房カワ 狭山店」の開店予定日が発表されています。写真は2020年(令和2年)11月上旬撮影。 ●前回の記事はこちら → 【開店情報】(仮称)パン工房カワ 大阪狭山店(大阪狭山市) ・和歌山発の人気ベーカリー パン工房カワ 狭山店(大阪狭山市) パン工房カワ公式ホームページの2020年11月3日の新着情報によると、開店予定日は11月25日(水)で、開店時刻は9:00となっています。また、店名も「パン工房カワ 狭山店」で決定のようです。 狭山池 の西側、国道310号沿いに出来るパン工房カワ狭山店の住所などは以下の通り。 TEL:072-349-7877 住所:大阪府大阪狭山市池之原3丁目1014-4 営業時間: 9:00~19:00 定休日は当面の間ありませんが、2021年(令和3年)1月12日(火)より火曜日が定休日となる予定です。 駐車場と店舗 ●パン工房カワ 公式ホームページ 狭山店オープンについて → https://bakery.e-kawa.co.jp/event/4082/

【リニューアル】サンプラザ 喜志店(富田林市) ・あの歌詞に登場するスーパーが改装

サンプラザ喜志店 大阪府富田林喜志町にあり、全国的に有名な?スーパー「サンプラザ 喜志店」では改装工事が行われており、2020年(令和2年)11月17日(火)8:30にリニューアルオープンするようです。写真は主に2020年11月中旬撮影。 サンプラザ 喜志店(富田林市) サンプラザ喜志店は、近鉄長野線「喜志駅」のすぐ北東側、府道32号美原太子線沿い(喜志駅前商店街)にあり、現在喜志エリアでは貴重なスーパーマーケットとなっています。 大阪芸術大学出身者によって結成されたロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん(ヤバT)」の楽曲「喜志駅周辺なんもない」で喜志駅周辺の“素晴らしさ”が歌われており、全国のファンの間で喜志駅が有名になっているようですが、その曲の歌詞に登場するのがこちらの「サンプラザ 喜志店」とされています。なお、地元民などは「サンプラ」と略して呼んでいます。 ●喜志駅周辺のレポートはこちら → 【南河内探訪】喜志駅周辺なんもない...こともなさそう(富田林市) スーパー「サンプラザ」を運営する株式会社サンプラザは大阪府羽曳野市誉田に本社を置く企業で、創業は1950年(昭和25年)10月となっています。南河内を中心に出店しており、富田林市内ではこちらの喜志店の他に富田林店や山中田店、大阪芸大の側には河南町芸大前店(南河内郡河南町)があります。 改装前の様子 改装中の様子 道路に面し、入口のある南側を見ると、やはり今風のお洒落な感じになるようです。冷蔵ケースなども運び出されていたので什器の入れ替えや店内の配置替えもあるかもしれません。魅惑の2階、3階売り場がどうなるのかも気になるところです。 店舗西側(奥の建物) 店舗北東より 撮影時点では、南側の正面以外は特にリニューアルという感じはしませんでした。 ●サンプラザ 公式ホームページ → http://www.super-sunplaza.com/