スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

【南河内探訪】スイセンの丘(千早赤阪村) ・2019~2020年シーズン情報

スイセンの丘 大阪府唯一の村として知られる南河内郡千早赤阪村の観光地といえば、日本の棚田百選にも選ばれている「下赤阪の棚田」が有名ですが、冬の名所としては「スイセンの丘」も人気です。

というわけで、2019~2020年シーズンのスイセン開花具合の情報です。現地の写真は基本的に2020年(令和2年)1月10日に撮影したものです。

●スイセンの丘や奉建塔の概略、2018~2019年シーズンの情報、満開時の写真などはこちら →【南河内探訪】スイセンの丘(千早赤阪村) ・2018~2019年シーズン情報


スイセンの丘は、楠公誕生地をはじめ資料館やくすのきホールが隣接する道の駅ちはやあかさかから200mほど南にある小高い丘の上にあります。こちらには約5万本のニホンスイセンが咲くスイセンの丘が広がっており、例年は1月~2月中旬にかけて見ごろを迎え、一面に白い花を咲かせます。

この丘の上には奉建塔(ほうけんとう)と呼ばれる大きな石の塔があり近くのバス停の名前にもなっています。また、春になるとこの奉建塔周辺は桜の名所としても知られています。



今シーズンのスイセンは? 昨シーズンは12月末で満開状態と、例年より早い感じで正月にはすでに見ごろとなっていましたが、なんとなく暖かい日が続く今シーズンは?


ということで、2019年12月にスイセンの丘を偵察した時はほとんど咲いていませんでした。


2020年1月になり、改めてスイセンの丘を見に行きましたが...


昨年12月の状態とほとんど変わらず...


二分咲きくらいでしょうか。ところどころに白い花が見える程度でした。まだまだこれから咲く...はず。


ちなみに、2018年の12月末にはこの上の写真の様に一面のスイセンの花!!となっていて楽しめました。今シーズンはこれからの巻き返しに期待したいところです。

アクセス 車で行くには、前述の道の駅ちはやあかさかを利用します。駐車場・見学無料。


道の駅ちはやあかさかへは、大阪、富田林方面からは国道309号を奈良(御所)方面へ。道の駅かなんを越え「神山南」交差点を右折します。2kmほど道なりに進むと大きく右にカーブしているので、その先を右折(看板あり)、約200m先を右折すると少し先の左側にあります。

奈良県御所市方面からは、国道309号で水越峠を越え大阪方面へ。府道27号線との分岐(府道の方が本線扱いのよ…
最近の投稿

【開店情報】無添 くら寿司 松原店(松原市) ・市役所近くにオープン

くら寿司松原店 大阪府松原市阿保に、回転寿司店「無添 くら寿司 松原店」がオープンします。現時点では2020年(令和2年)2月上旬オープンとなっています。写真は12月下旬撮影。


「無添 くら寿司 松原店」がオープンするのは、国道309号「阿保1丁目」交差点から南に100mほど行った東側で、以前は「木曽路 松原店」や「にぎり長次郎 松原店(その前はラーメン四天王)」のあった場所です。南隣には松原北小学校があり、さらにその南には松原市消防本部、松原市役所と連なっています。

現在、南河内のくら寿司は富田林店(富田林市)、くみの木店(大阪狭山市)、藤井寺店(藤井寺市)、原町店(河内長野市)があります。



大阪発祥の回転寿司チェーン くら寿司株式会社は、大阪府堺市中区に本社を置く回転寿司チェーンで、2018年(平成30年)10月末現在で「無添くら寿司」など453店舗(アメリカ17店舗、台湾14店舗含む)を展開しています。創業は1977年(昭和52年)で、最初は一般的な寿司店として堺市に開店。1984年(昭和59年) に「100円で本物」をキャッチフレーズに「回転寿司くら」を開業。1995年(平成7年)株式会社くらコーポレーションを設立。


くら寿司では、いち早く時間制限管理システムや自動廃棄システム、寿司を守るカバー「鮮度くん」を導入したほか、客が皿をテーブルの皿カウンターに返却するシステム、そして「ビッくらポン」もすでにお馴染みとなっています。また、デザートをはじめ、ラーメンや丼物、カレー、ハンバーガーなどといった回転寿司では珍しかったサイドメニューも充実。

近年は、従来廃棄していた骨やアラまで飼料として活用し、その餌を使って養殖した魚を「循環フィッシュ」として販売し、完全活用する「さかな100%プロジェクト」なども開始しています。

●無添くら寿司 公式ホームページ →http://www.kura-corpo.co.jp/


ホームページによると、くら寿司では古きよき戦前の食生活を取り戻す取り組みとして、お寿司だけでなく、ガリや醤油、酢、ダシなど、店舗で取り扱う200種類以上のすべての食材において四大添加物(化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料)を使用しない「無添(むてん)」にこだわっているそうです。

アクセス 国道309号「阿保2丁目」交差点から南に約450m。また、…

【開店情報】(仮称)トライアル 富田林店(富田林市) 第2弾 ・2019年末時点での建設中の様子

トライアル富田林店 昨年3月にお伝えした大阪府富田林市西板持町にオープン予定のディスカウントスーパー「(仮称)トライアル 富田林店」は、前回の記事の段階ではまだ土地も手付かずのままでしたが現在は工事が進んでいるので、今回はその進捗状況のレポートです。写真は2019年(令和元年)12月中旬撮影。

前回の記事(トライアルについて等)はこちら →【開店情報】(仮称)トライアル 富田林店(富田林市) ・クロスモール富田林に続く商業施設


「(仮称)トライアル 富田林店」は、石川東岸の国道309号沿いに2019年(平成31年)3月にオープンした商業施設クロスモール富田林の向かい、ペットショップ「カナトン」さん隣の田畑だった場所に建設中です。



クロスモール富田林には、家電量販店の「ケーズデンキ クロスモール富田林店」、衣料品店の「ユニクロ クロスモール富田林店」、「GU クロスモール富田林店」、そしてカフェ「スターバックスコーヒー 富田林店」が出店していますが、食料品を販売するスーパーマーケットなどがないので今回のトライアルが開店するとこの周辺で様々な買い物を済ませられるようになります。


ペットショップとセブンイレブン富田林西板持店の間の道路は拡幅中。


造成は進んでいますが、この時はまだ西側の道路から金剛山や葛城山もよく見えていました。


北側の市道から南のクロスモールもよく見えます。


東側の農道へ。


東側の国道寄りから見た限り、駐車場も広くなりそうです。


この時点ではまだ建物は建っていませんでしたが結構広く感じました(敷地面積は21209.39㎡でクロスモール富田林より若干狭いくらい)。スーパーマーケット単体として考えると、周辺では河南町にあるスーパーセンターオークワ河南店並みの敷地面積と思われます。ちなみに、最も近いスーパーは「サンディ サンディ富田林川西店」で直線距離で800m少々離れています(以前ならサンプラザ板持店、やまもと富田林川西店もありました)。

ちなみに、昨年大阪府に届出された内容は、店舗面積の合計が4261㎡、駐車場の収容台186台、駐輪場の収容台数50台となっています。そして開店時刻:午前0時、閉店時刻:午後12時ということで24時間営業の可能性も。
また、「大規模小売店舗の新設をする日 令和2年4月22日」となっていますが、現時点でこれが正式な開店日という…

【イベント】開運松原六社参り(松原市・大阪市東住吉区) ・関連お菓子「松原まいり」も新登場!

開運松原六社参り お正月といえば初詣!ということで、南河内でも多くの参拝客を集める神社仏閣が各市町村にありますが、松原市では近年「開運松原六社参り」が恒例行事として定着しつつあるようです。

開運松原六社参りは、お正月の元旦から15日までに松原市内の五社と近隣の一社を参詣し、開運を願う行事です。開は「ひらく・はじめる」、運は「はこぶ・めぐる」ということで、一年の始まりに六社を巡ってその年の開運を祈念するとともに、松原市を再発見してみましょう。


その六社というのは、松原市にある阿保神社我堂八幡宮柴籬神社布忍神社屯倉神社の五社と、大阪市東住吉区にある阿麻美許曾神社の一社です。阿麻美許曾神社のみ東住吉区となっていますが、大和川南側の飛び地の様な場所に鎮座しているので“実質松原市”のようなイメージです。



六社参りの手順 開運松原六社参りの手順としては、まず六社のうちのいずれかで初穂料800円(2020年より)を支払い絵馬を受け取ります。そして六社を好きな順序で巡って絵馬にスタンプを授かります。六社のスタンプを全て集めたらスタートした神社に戻って干支の張子をいただきます。

1月1日から15日までにコンプリートすれば良いので、1日で全て回っても、数日に分けても、また電車を使っても、ウォーキングでチャレンジしても良いです。

以下、六社の関連記事です。

阿保神社(松原市) ・阿保親王の功績と菅原道真の足跡を偲ぶ

阿麻美許曾神社(大阪市東住吉区) ・300年前の大工事で引き離された氏神

我堂八幡宮(松原市) ・河内国西端にある厄除けさん

柴籬神社(松原市) ・かつての都跡に祀られる「歯の神様」

布忍神社(松原市) ・“恋みくじ”だけではない文化財の宝庫

屯倉神社(松原市) ・式内社酒屋神社を境内社に持つ天満宮


吉乃屋松原店の「松原まいり」 2019年(令和元年)11月29日、松原市阿保にある和菓子店「御菓子司 吉乃屋 松原店」さんから新商品が発売されました。


それがこちらの「松原まいり」です。


可愛らしいピンクの箱に入った「松原まいり」は、開運松原六社参りの各神社の紋様が入ったサクサク食感の美味しい玉子せんべいです。


日持ちもする新しい松原銘菓ですので、開運松原六社参りの記念として、また松原観光のお土産としてどうぞ。各神社1枚、計6枚入りで500円(税別)。

●御菓…

【移転情報】三菱UFJ銀行 富田林支店(富田林市) ・藤井寺駅前にある藤井寺支店内に移転

三菱UFJ銀行 富田林支店 大阪府富田林市本町にある「三菱UFJ銀行 富田林支店」が2020年(令和2年)3月23日(月)より藤井寺支店内に移転(統合)し、同支店と同じ場所で営業することになりました。


三菱UFJ銀行富田林支店は、近鉄長野線富田林駅南口からすぐの国道170号(旧道)沿いにあり、移転先の藤寺支店も近鉄南大阪線藤井寺駅南口の向かいにあります。両店の間は直線距離で約7,4km。新住所は「藤井寺市春日丘1-1-33(現在の藤井寺支店内)」となります。

富田林支店のある本町交差点前は、三菱UFJ銀行、りそな銀行、三井住友銀行といった3メガバンクが並ぶ南河内随一の金融街(笑)で、その一角が移転(統合)という形で富田林から去ることになります。



今回は富田林支店が廃止ということではないので、富田林支店の店番、店名、口座番号はそのまま残り、通帳やカードも引き続き利用できます。ATMが残され、インターネットバンキングも利用できればそれほど困ることはないかもしれませんが、やはり窓口を利用したい人にとっては不便になりそうです。

●三菱UFJ銀行 富田林支店 →https://map.bk.mufg.jp/b/bk_mufg/info/BA590218/


なお、富田林市の本町交差点前の銀行ですが、2000年代初期までは、左から三和銀行(現三菱UFJ銀行)、大和銀行(現りそな銀行)、住友銀行(現三井住友銀行)という並びでした。その三和銀行富田林支店は現在の富田林駅前に移転するまで、富田林寺内町にある登録有形文化財「中内眼科医院」のレトロな建物を1975年(昭和50年)前頃まで使用していました。