スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

【奈良の旅】又兵衛桜(宇陀市) ・本郷の瀧桜とも呼ばれる見事な古木

後藤又兵衛の伝説が残る郷 奈良県北東部の宇陀市には、県内屈指の桜の名所があります。それが宇陀市大宇陀本郷にある「本郷の瀧桜(たきざくら)」です。別名「又兵衛桜(またべえざくら)」とも呼ばれ、奈良県の保護樹ともなっていますが県外にも知られる見事な枝垂桜の古木で、毎年春の桜のシーズンには多くの観光客で賑わいます。


1615年(慶長20年)の大阪夏の陣で活躍し討死したとされる戦国武将、後藤基次(又兵衛)ですが、こちら奈良県の宇陀には大坂の陣の後、又兵衛が当地へ落ち延びて僧侶となって一生を終えたという伝説が残っています。この枝垂桜が残る地も、後藤家の屋敷跡にあることから地元では「又兵衛桜」と呼ばれて親しまれてきました。

古くより一部の写真家に愛されていましたが、2000年のNHK大河ドラマ「葵 徳川三代」のオープニング映像にこの又兵衛桜が使用されたことから全国的に知名度が上がり、以来毎年春には7~10万人という多くの花見客で賑わっています。



又兵衛桜 今回は2020年(令和2年)3月26日に訪問しました。今年は折からの新型コロナウイルス感染拡大防止のため「桜まつり」が中止となっていました。


又兵衛桜周辺にはいくつかの駐車場がありますが、今回は又兵衛桜から川を挟んですぐ北側の対岸にある駐車場を利用しました。こちらの駐車場からは南側の山をバックに又兵衛桜をはじめとした花々がよく見渡せます(トップの画像)。


今回利用の駐車場から川沿いの遊歩道を通って少し西に向かうと、対岸の桜のもとへ渡れる桜橋が架かっています。


こちらで見学料、というか又兵衛桜周辺整備の維持管理協力金として一人100円を備付けの箱に投入しました。


この橋から東を見ると、又兵衛桜をはじめとした色とりどりの花と川のせせらぎという素晴らしい景色を堪能できます。


橋から又兵衛桜への途中には「本郷川砂溜工」の説明板があり、周辺整備についてや又兵衛桜の説明が書かれています。


石垣の上から枝を垂らす又兵衛桜の真下に到着すると、満開前でもその存在感に圧倒されます。


又兵衛桜は樹齢300年ともいわれる枝垂桜の古木で、その枝振りは見事というしかありません。

例年、見頃となるのは4月上旬 ~ 4月中旬で、今回は地元の人によると四分咲きといったところだそうです。


単体でも見事な又兵衛桜ですが、河原を含め周辺には花を楽しめる様々な植物が植…
最近の投稿

【道路開通】阪神高速6号大和川線(堺市・松原市) ・大部分が地下トンネルの路線

阪神高速大和川線が開通 大阪府、堺市、阪神高速道路株式会社が共同で整備を進めてきた大阪府堺市堺区鉄砲町~大阪府松原市三宅西付近を結ぶ阪神高速6号大和川線が全線開通します。写真は主に2020年(令和2年)3月下旬撮影。

今回開通するのは、湾岸線の三宝ジャンクション(JCT)から松原線三宅JCTを結ぶ全長9.7kmのうち、すでに供用されている区間を除いた鉄砲出入口から三宅西出入口までの7.7kmの区間。開通日時は2020年3月29日(土)16:00となっています。


6号大和川線は、大和川の左岸(南岸)で4号湾岸線と14号松原線を東西に結ぶ大阪都市再生環状道路の一部となる道路です。大和川線は全長9.7kmのうち、ほとんどの区間が地下トンネル構造となっていますが、これは、大和川沿川の景観保護や周辺の環境への影響、沿道の土地利用について勘案したためで、トンネル完成後の上部には盛土をして大和川の堤防を強化する、高規格堤防の整備も一体的に行われているそうです。






大阪都市再生環状道路とは、大阪都心を周回出来る様になる新たな環状高速道路で、現在大阪都心部を周回出来る唯一の高速道路である阪神高速1号環状線の外側に建設が進められています。これが完成すると1号環状線の、頻繁に渋滞が起こり、右回り(時計回り)の一方通行のみという問題も緩和されると考えられています。


堺市と松原市を東西に結ぶ6号大和川線の開通により、一般道経由で45分を要する堺浜~松原JCT間が、大和川線を利用することで所要時間が16分へと大幅に短縮するとされています。また、鉄砲出入口と三宅西出入口との間には常磐出入口と天美出入口が新設されます。

阪神高速公式サイトの大和川線全線開通に関する情報はこちら。
●阪神高速 6号大和川線全線開通 →https://hanshin-exp.co.jp/yamatogawa/2020event/

なお、2020年3月20日(金・祝)に予定されていた「大和川線トンネルウォーク」イベントは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止されました。

開通前の様子 堺市堺区の鉄砲出入口は6号大和川線の起点である三宝出入口/JCT方面への出入口(鉄砲西)がすで供用済みで、今回は松原市の三宅JCT方面への出入口(鉄砲東)が供用開始されます。

鉄砲出入口はイオンモール堺鉄砲町のすぐ北側なのでイオンモールの…

【開店情報】(仮称)松原天美ショッピングセンター(松原市) 第3弾 ・2020年秋の開業に向け絶賛工事中!?

アリオ松原改め松原天美SC 過去に何度か取り上げている大阪府松原市に建設中のセブン&アイによるショッピングモール「(仮称)松原天美ショッピングセンター(SC)」ですが、現在は鉄骨が組みあがりつつあり、着実に工事は進んでいるようです。

というわけで、現時点での工事の進捗状況を確認してみましょう(上から目線)。写真は主に2020年(令和2年)3月下旬撮影。

●2019年6月の記事がこちら →【開店情報】(仮称)松原天美ショッピングセンター(松原市) 第2弾 ・アリオ松原?の出店予定地の現状


なお、呼称について以前は「アリオ」が建設されるという噂から「アリオ松原」などと呼ばれていましたが、公式な届出などには「(仮称)松原天美ショッピングセンター」しか見つかりません。



現地の様子 (仮称)松原天美SCの建設現場では南側から鉄骨が組みあがりつつあり、遠くからでも建物の輪郭が徐々にわかるようになってきました。


東側のフェンスに「自然環境の保全と回復に関する協定」締結済標識が掲示されており、その地図から敷地の大まかな形がわかります。


その隣に掲げられた「建築計画の概要」によると、(仮称)松原天美SCの概要は昨年確認した時と変わらず敷地面積が67212.29㎡、延床面積が約118000㎡の地上5階建て(高さ30.98m)であることがわかります。棟数は本体棟1棟、駐車場・バイク置場5棟の計6棟。


以前の情報では大規模小売店舗の店舗面積合計は約34000㎡でテナント数は約200店舗。駐車場収容台数は2130台、駐輪場972台となっており、駐車場の内176台分はシネコン用となっていることから映画館が入るようです。

そして、建築工事予定期間は2019年(令和元年)8月から2020年11月の予定と、前回と同じことからやはり2020年秋(11月頃)には開業する予定と思われます。


東側の「ウエルシア松原天美東店」付近から見ると、南側は建物の輪郭が判明しつつあるのに対し、北側にはまだ土が盛ってあったりします。


ウエルシア前の交差点から少し東に入ると公園の向かいに工事関係者用の出入口があります。


そのまま府道187号へと続く南側の道路を進むとなかなか迫力のある建物という感じがします。建物の東側には屋上駐車場へ上がる大きなスロープが見えます。


2020年3月29日に全線開通する阪神高速6号大和川線の「…

【開店情報】(仮称)じゃんぼスクエア富田林店(富田林市) 第2弾 ・関西スーパーの入る医療モール

(仮称)じゃんぼスクエア富田林店 昨年の12月にお伝えした通り、大阪府富田林市若松町にあった商業施設「じゃんぼスクエア富田林」の跡地に、新たに「(仮称)じゃんぼスクエア富田林店」が建設予定となっていましたが、計画通りの開業を目指して工事が始まっているようです。

●前回の記事はこちら →【開店情報】(仮称)じゃんぼスクエア富田林(富田林市) ・新生じゃんぼついに始動!?


旧じゃんぼスクエア富田林は、2018年(平成30年)2月に閉店し、翌年建物が取り壊されてしばらく更地のままになっていましたが、2019年(令和元年)後半に入り「建築計画のお知らせ」が掲示されました。




じゃんぼスクエアの運営会社である賛栄商事株式会社のホームページや現地の看板などから、2020年(令和2年)秋の開業を目指す新生じゃんぼスクエア富田林店は、旧来の食料品を中心とした店舗の集まりではなく、スーパーを核に複数のクリニックや薬局が入った医療モールになるようで「じゃんぼメディカルスクエア富田林」との表記もあります。


また、「大規模小売店舗立地法に基づく(仮称)じゃんぼスクエア富田林店『説明会』開催のご案内」などによると、核テナントである食品スーパーは「関西スーパー」で、他は未定のようです。現時点でホームページではテナントとしてクリニック(医院)×5、調剤薬局(ドラッグストア含む?)×2が募集されていますが、他に100円ショップなどが入るなどのウワサも。

●賛栄商事株式会社 じゃんぼメディカルスクエア富田林 →http://www.san-ei-shoji.jp/articles/view/7


建設予定地の現状 以下、2020年3月中旬時点での現地写真です。




周辺では、錦タンス店(エヌスタイルインテリア)の跡地がコインパーキングとなるようで工事がほぼ完了。市営若松団地の建て替え工事は取り壊しがほぼ完了したようです。

●旧じゃんぼスクエア富田林 →【思い出】じゃんぼスクエア富田林(富田林市)

●解体中の旧じゃんぼスクエア富田林 →【思い出】じゃんぼスクエア富田林(富田林市)2 ・解体工事中の様子