スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

【イベント】2017富田林市農業祭 ・毎年恒例の人気イベント!

富田林で農業イベント 富田林市の石川河川敷で今年も農業イベント「2017富田林市農業祭」が開催されます。とれとれ新鮮野菜や果物の販売、地産地消ふれあい大鍋・甘酒の無料配布、各種展示やお子様向けゲームコーナーなど毎年恒例の人気イベントです。

即売コーナーでは、とれとれ新鮮野菜(数量限定)、果物、農産加工食品、お米・もち米、塩干物、花とみどり、JA購買品の販売が予定されています。特に数の子、塩鮭、棒鱈などの正月用品は毎年人気だそうです。
実演・お楽しみコーナーは数量限定のふれあい大鍋・甘酒無料配布をはじめ、ポン菓子、ポップコーン、綿菓子、うどん、かやくごはん、おでん、コーヒー、焼き鳥、えび芋コロッケ、ほんわか米等が販売されるようです。

展示・PRコーナーでは自動車、農機具の展示、省エネ、白蟻他についてのPRが。キャンペーン・相談コーナーでは農業相談、水質汚濁防止、体組織測定、健康についての相談も。

お子様コーナーにはJAゲームコーナー、風船配布、スーパーボールすくい、大道芸、バルーンアート、ボールプール、くじ引き等のイベントが開催されます。

また、岩手県大槌町のがれきの中から見つかり富田林で栽培されてニュースにもなっている奇跡の復興米使用のおにぎりも無料配布されます(数量限定)。その他パネル展示や復興太鼓披露も。

※催しの内容については、予告なく変更になる場合がございます。

●富田林観光協会 イベント →http://tondabayashi-navi.com/php_o/event_details.php?dt=1510816157

日時・会場日時:2017年11月23日(木・祝)  9時~14時30分
会場:石川河川敷川西グラウンド (富田林市西板持)

アクセス 近鉄長野線川西駅から東(右)へ。「川西駅前(甲田)」交差点を渡りそのまま(パチンコ シャトルの前の道を)約700m進み石川を渡り左手の河川敷です。会場へは公共交通機関をご利用くださいとのことです。



【イベント】「金剛きらめきイルミネーション2017」&「金剛バル★Winter Land」

金剛エリア冬のイベント 富田林市の西部、金剛地域で今年もイルミネーションとバルのイベントが開催されます。名称はそれぞれ、「金剛きらめきイルミネーション2017」と「金剛バル★Winter Land」で、会場は南海高野線金剛駅の富田林側(東側)のエリアとなっています。

 ちなみに、ここで言う「金剛」とは「金剛ニュータウン」とも呼ばれる富田林西部から大阪狭山市東部にかけて開発された住宅地で、金剛駅の所在地はギリギリ大阪狭山市になります。また、大阪狭山市金剛という土地の名は金剛駅から、金剛駅の名は金剛山…からではなく仏教用語から直接取られた比較的新しいものだそうです。



金剛きらめきイルミネーション201711月26日~来年の1月21日まで色鮮やかなイルミネーションで、寺池台1丁目の金剛ショッピングモール付近から金剛駅までの歩道を飾ります。 11月26日(日)の点灯式当日は、15時より久野喜台1号公園でお子様向けのイベントを実施し、金剛中央公園では「金剛バル★Winter Land」が開催されます。
当イルミネーションは昨年に引き続き、御堂筋や中之島周辺、その他府内各地域で取り組む「大阪・光の饗宴2017」に参加しており、光のプログラムとして連携しています。

点灯式日時:11月26日(日) 17時30分~ ※雨天決行予定
イルミネーション点灯期間:11月26日(日)~翌年1月21日(日)
期間中 17時~22時
場所:金剛ショッピングモールから南海高野線金剛駅までの区間
金剛きらめきイルミネーション2017 案内チラシ(PDF) →https://www.city.tondabayashi.osaka.jp/public/section/syoukou/pdf/kirameki_illumination.pdf

金剛バル★Winter Land 金剛バルは大阪府富田林市、南海高野線金剛駅、その周辺地域において商業と観光、さらに地域住民が連携し金剛地域のにぎわい創出と市民のふるさと意識の熟成を図るイベントで、今年で4回目の開催となります。
内容は、金剛駅周辺や富田林市内のお店30店舗以上が出店するバルや、演奏、ダンスなどのステージイベント、スタンプラリー、ペットボトルツリーの展示、また金剛きらめきイルミネーションの点灯式など盛り沢山の内容となっています。

【食ゾーン】場所:金剛中央公園:金…

【オープン情報】しまむら ダイエー北野田店 & セリア ダイエー北野田店

11月22日(水)オープン 大阪でも貴重になってきたダイエーの北野田店では一部がしばらく改装工事を行っていましたが、2017年(平成29年)11月22日(水)10時に「しまむら ダイエー北野田店」と「セリア ダイエー北野田店」がオープンします。


ファッションセンターしまむらダイエー北野田店は衣料品でお馴染みのチェーン店で、ダイエー北野田店1階の衣料品などを販売していた売場の跡に出店します。

●しまむらダイエー北野田店 公式 →https://www.shimamura.gr.jp/shop/map_detail_1626.html



100円ショップのセリア(Seria)ダイエー北野田店は、同じく100円ショップのCan☆Do(キャンドゥ)ダイエー北野田店があった2階にオープンします。

●セリアダイエー北野田店 公式 →http://www.seria-group.com/shop/detail.html?code=000002009


ダイエー北野田店では先月にも2階に基本料金15分100円(税込108円)で遊び放題の室内遊園地「kid's US.LAND(キッズウーエスランド) ダイエー北野田店」がリニューアルオープンしていたようです。

アクセス 南海高野線北野田駅から西へ200m少々。屋上駐車場あり。
●ダイエー北野田店 →http://shop.daiei.co.jp/shop/ShopPageTop.do?shopid=0387


【リニューアル情報】道の駅かなん ・直売所の建て替えなど

道の駅かなん 一部工事中 以前このブログでも取り上げた南河内郡河南町にある道の駅かなんでは2017年(平成29年)10月17日から直売所棟増築工事を行っています。期間は2018年(平成30年)の3月末までの予定。工事エリア以外は通常営業しています。

休日は朝から大変賑わっていた農産物特売所はすでに取り壊されましたが、農村活性化センターの奥にある駐車場に設けられた仮設店舗で営業しています。農産物直売所は来年3月には立派な建物になってリニューアルオープンする予定です。 また、土日祝日に利用されていた臨時駐車場も少し整備されつつあるようです。
●道の駅かなん直売所棟増築工事のお知らせ(PDF:425.3KB) →http://www.town.kanan.osaka.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/14/michinoeki_kouji_oshirase.pdf

道の駅かなんの再整備 道の駅かなんは、2003年(平成15年)8月に認定され、翌年4月に開設されました。河南町ホームページによると、駅内にある農村活性化センターを核に、これまでも都市と農村の交流の場として活躍してきましたが、不足する駐車場の拡張や農産物直売所の増築のほか、地元野菜を活かした飲食施設の導入等をすすめ、道の駅かなんの新たな魅力の創出、集客力、ブランド力の向上を図るため、その再整備事業を進めているそうです。


●アクセス方法など以前の道の駅かなんの記事はこちら →http://kyouhakore.blogspot.jp/2017/09/blog-post.html

●道の駅かなん(大阪府ホームページ) →http://www.pref.osaka.lg.jp/nosei/asaiti/min-kanan.html




【開店情報】(仮称)アリオ松原(松原市) ・南河内にイトーヨーカドー?オープン時期は?

セブン&アイのSC 以前から松原市にアリオが出来ると聞いていましたが、久しぶりに明るい時間帯に建設予定地の前を通りかかると、以前は畑などがあったところが整地されていました。まだ建物の骨組みなどは見えませんでした。

すぐ北の大和川の対岸は大阪市とはいえ、アリオが完成すれば南大阪エリアでは貴重なショッピングセンターですし、イトーヨーカドーとしても初出店のはずなので気になるところです。

●2019年6月時点の情報はこちら →【開店情報】(仮称)松原天美ショッピングセンター(松原市) ・アリオ松原?の出店予定地の現状



現時点のアリオ松原の計画 まず建設予定地ですが、国道309号線「三宅ランプ北」交差点から西へ(阪神高速大和川線と平行に走る都市計画道路堺松原線を)1km弱行くとある「天美東四」交差点の南東エリアで、敷地面積は約9.2ヘクタールだそうです。近鉄河内天美駅からは北東に約1kmです。

2014年(平成26年)に計画が発表されたときは2017年度(平成29年度)の開業を目指していましたが、埋蔵文化財…古墳などが出土するといういわゆる「大阪(奈良&京都も)あるある」事案などが発生したためたびたび延期され、2017年9月の段階では2019年(平成31年)秋の開業を目指しているようです。



現在のところ、どのようなテナントが出店するのかわかりませんが、少し西にはイオンモール堺北花田や同じくイオンモール堺鉄砲町もあるのでどのように競合して行くのか気になるところです。個人的にはこの辺りにも映画館が欲しいところです。




【イベント】第34回 とんだばやし商工祭 ・ご当地アイドル「河内天誅組」も登場!?

商工業者の祭典 今年で34回目を迎える「とんだばやし商工祭」が2017年11月19日(日)に富田林商工会の主催で開催されます。会場は富田林市北部にあるレインボーホール(市民会館)。

イベントの内容は、即売・物産展コーナー、青果・カニ販売コーナーなど各種食品から地域の特産品の販売、飲食店の出店をはじめ、縁日コーナーや商工相談コーナーなども設置されるようです。

また、地域アイドル「河内天誅組」のミニコンサートやJCB商品券が当たるビンゴ大会も開催。チラシに付いている「お楽しみ抽選券」を持参すると大抽選会に参加できます。大抽選会の特賞はロボット掃除機、1位はブランド牛肉。



日時・場所日時:2017年(平成29年)11月19日(日) 10時~15時
会場:富田林市市民会館(レインボーホール)
入場料:無料
荒天中止 アクセス 富田林市市民会館(レインボーホール)は近鉄長野線喜志駅下車。東口から田んぼの中の道を南(富田林駅方面)に600m程へ歩くと、粟ヶ池という池の中にあります。国道170号線の外環状線「宮前」交差点と国道170号線(旧道)「桜井」交差点との間です。


【イベント】2017かなんフェス 『きずな ~光ある未来へ~』 ・今年で9回目を迎える河南町のフェス

第9回かなんフェス 南河内郡河南町では2017年(平成29年)11月19日(日)に毎年恒例となった町の活性化を目指したイベント「2017かなんフェス」を開催します。今年で9回目を迎える「かなんフェス」ですが、今年は会場を大阪府立近つ飛鳥博物館・風土記の丘に移しての開催となります。



今年のテーマは「きずな~光ある未来へ~」。観て・触れて・感じる、光の体験型デジタルアート、光の空間アート(河南町にある大阪芸術大学アートサイエンス学科協力)をはじめ、ダンス、音楽、その他パフォーマンスが楽しめるステージ公演、イモ煮会やカフェテリアのあるにぎわいブース、4K液晶テレビなどが当たる紙ヒコーキ大会、フォトコンテスト、フリーマーケットなどが予定されています。


日時・場所日時:2017年(平成29年)11月19日(日) 11時~15時 (オープニング式典 10時30分~)

会場:大阪府立近つ飛鳥博物館・風土記の丘
入場料:無料
小雨決行荒天中止
●2017かなんフェス 公式フェイスブック →https://www.facebook.com/events/1923890131194499/

アクセス 公共交通機関では近鉄長野線喜志駅または富田林駅から金剛バス乗車、「阪南ネオポリス」行き終点で下車すると風土記の丘の入口前です。カナちゃんバスは「大宝3丁目」バス停下車。
車で行くには、大阪芸術大学前を走る府道27号線の「一須加」交差点を「大宝」(東)方面へ。そのまま約1.6km坂を上った住宅街の突き当りが風土記の丘の入口です。駐車可能台数は30台。近くの町立近つ飛鳥小学校グラウンドにも駐車出来るようです。 また、府道32号線から太子町の大阪府立近つ飛鳥博物館(駐車台数80台)から歩いて風土記の丘へも行けます。河南町役場駐車場に停め、無料シャトルバスで会場に行くことも出来るようです。上記駐車場はいずれも無料。
●大阪府立近つ飛鳥博物館 交通案内 →http://www.chikatsu-asuka.jp/?s=access



【イベント】第8回 まつばらマルシェ ・松原で買って!食べて!楽しんで!

まつばらマルシェ まつばらマルシェが11月11日(土)、12日(日)の二日間にわたって松原中央公園・松原市民体育館・まつばらテラス(輝)で開催されます。まつばらマルシェは「食」を基本テーマとした農商工及び産官学連携の地産地消イベントで、今年で8回目。こういうイベントでは南河内最大級の規模と思われます。
イベントの主な内容は、まつばらマルシェドリンクガーデン、謎解きお宝探しinまつばらテラス(輝)、松原まんぷく横丁、松原農業まつり、物産展inまつばら’17、伝統の「技」展、ダンスパフォーマンスinマルシェ、大型エアー遊具で遊ぼう!、ご当地キャラ大集合など。



個人的には、まつばらオリジナル発泡酒や新名物まつばらギョーザ、まつばらスイーツが気になります...食に関するものばかりですが(笑)。
日時・場所日時:2017年(平成29年)11月11日(土) 10時~16時                  12日(日) 10時~15時
会場:松原中央公園・松原市民体育館・まつばらテラス(輝)
入場料:無料
出店予定数:●食ゾーン  まんぷく横丁 57ブース        (スイーツランド、キッチンカーも含む) ●農業ゾーン 18ブース ●産業ゾーン 37ブース この他、「まちの魅力ブース」「企画ブース」など多数出店

●まつばらマルシェ 公式ホームページ →http://www.matsubara-cci.or.jp/event/marche2017/
●まつばらマルシェ 公式Twitter →https://twitter.com/matsubaramarche