スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

【道路開通】主要地方道美原太子線粟ヶ池バイパス(富田林市) ・橋を含む約400mが開通間近

粟ヶ池バイパスが開通 富田林市の北部にある粟ヶ池(あわがいけ)付近にて、南河内地域の交通ネットワークの強化と周辺道路の渋滞緩和などを目的として建設が進められていた「美原太子線粟ヶ池バイパス」の国道170号(大阪外環状線)から旧国道170号までの区間、延長約400mが、2019年(令和元年)8月7日(水)14:00時に開通します。


富田林市市民会館(レインボーホール)が浮かぶ粟ヶ池は歴史あるため池で、喜志駅の500mほど南にあり、池から少し西には式内社の美具久留御魂神社があります。


この粟ヶ池には、国道170号の外環状線と旧道を結ぶ道路の一部として、これまでに粟ヶ池を東西に横断する橋が建設途中で長らく工事が休止していました。


主要地方道美原太子線 大阪府道32号美原太子線は、大阪府堺市美原区から南河内郡太子町に至る府道で、すでに国道170号(旧道)の「中野町3丁目」交差点から一般国道166号「太子町交番前」交差点の区間についてはバイパス整備が完了しています。これを西に延伸し国道170号(外環状線)に接続するため、近鉄長野線を高架化するとともに、外環状線から粟ヶ池を橋梁で通過し、旧道に至る区間の整備が行われていました。


今回の開通は近鉄長野線と踏切で交差することになりますが、これは暫定的な措置で、近鉄線の高架化完成後には同踏切と市道桜井1号線の踏切は除却されます。なお、高架化完成にはまだ数年かかるようです。

●大阪府ホームページ 主要地方道美原太子線 粟ヶ池バイパス →http://www.pref.osaka.lg.jp/tondo/omonajigyo/miharataisi.html

開通前の様子 主要地方道美原太子線粟ヶ池バイパス開通まであと10日ほどの段階で粟ヶ池周辺の様子を見て来ました。注釈のない限り写真は2019年7月下旬撮影。


国道170号(外環状線)の「宮前」交差点と「南旭ヶ丘」交差点の間にバイパスが接続されるので、新しい交差点が設けられ、外環にも右折レーン設置の準備が進んでいるようでした。


新しい交差点は、「コスモ石油セルフピュア富田林宮町」のすぐ南側です。


外環から新しい橋を見ると、向こうには二上山も見えます。


新しい交差点の南側には資材置き場が。鉄道高架化工事でも使用されるのでしょうか。


新しい交差点にはすでに信号機が設置されていました。


追記:新…

【開店情報】イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・オープン日時とテナント発表!現地写真あり

イオン藤井寺ショッピングセンター 大阪府藤井寺市岡にあったイオンモール藤井寺の跡地に建設中の「イオン藤井寺ショッピングセンター」ですが、2019年(令和元年)7月24日(水)にイオン公式サイトにてグランドオープンの日時と専門店(テナント)などの情報が発表されましたので、7月下旬の現地写真とともにお伝えします。


イオンモール藤井寺とは 以前この地にあったイオンモール藤井寺について簡単におさらいしておくと...イオンモール藤井寺は1973年(昭和48年)12月1日に、当時のダイヤモンドシティにより「藤井寺ショッピングセンター」として開業。1988年(昭和63年)には南側に別棟として「APT(アプト)」が開業(現在閉鎖中)。
2007年(平成19年)8月に「イオンモール藤井寺」に名称変更。その後、核店舗である「ジャスコ藤井寺店」も2011年(平成23年)3月1日に「イオン藤井寺店」に改称し、2014年(平成26年)2月28日、建て替えのために閉店しました。

●イオンモール藤井寺やイオン藤井寺ショッピングセンターへの建て替え中の様子についてはこちら →【開店情報】(仮称)イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・2018年12月の状況



グランドオープン イオン藤井寺ショッピングセンターのグランドープンは、 2019年9月14日(土) AM9:00 と発表されました。

当ショッピングセンターのコンセプトなどについては、以下のように記されています。

~地域の皆さまに寄り添うショッピングセンターをめざして~ 『これまでも、これからも。まちと人の、すぐそばに。』をSCコンセプトに、毎日の食卓に彩りをくわえるバラエティ豊かな一大グルメゾーンや、日々のくらしにあると便利なライフスタイル型専門店を導入。オープン以来ご愛顧いただいたお客さまはもちろん、地域の皆さまに徹底的に寄り添い、地域のコミュニティ拠点としてさらに愛され、なくてはならない商業施設として、にぎわいの拠点を創出します。

施設概要 現時点で判明しているイオン藤井寺ショッピングセンターの概要は、核店舗が食品スーパーのイオンフードスタイル藤井寺店(仮称)で、サブ核店舖としてジョーシン、ニトリエキスプレス、GU、ダイソーが入り、他にココカラファインやプラザカプコン(ゲームセンター)などが大きな面積を占めているようです。専門店(テナン…

【開店情報】エニタイムフィットネス 河内長野店(河内長野市)

エニタイムフィットネス 大阪府河内長野市市町にあった衣料品店「ユニクロ 河内長野店」の跡地にフィットネスジム「エニタイムフィットネス 河内長野店」がオープンします。

●ユニクロ河内長野店の閉店情報はこちら →【閉店情報】ユニクロ 河内長野店(河内長野市)・富田林エコール・ロゼ店(富田林市) ・クロスモール富田林へ集約?


この場所は、2019年(平成31年)3月6日(水)をもって営業を終了した、ユニクロ河内長野店があった場所です。国道170号(外環状線)沿いにある郊外型店舗で、ユニクロではお馴染みだった三角屋根が特徴の建物はそのまま使われる模様。



「エニタイムフィットネス」はアメリカ合衆国ミネソタ州ウッドベリーに本部を置くヘルス&フィットネスクラブのフランチャイズ。ジム施設は24時間・365日年中無休で営業しています。日本では、株式会社Fast Fitness Japanがマスターフランチャイジーとして、エニタイムフィットネスを展開しています。


現地のポスターによると、エニタイムフィットネス河内長野店は、2019年(令和元年)9月17日(火)プレオープン予定で、10月1日(火)にグランドオープン予定とのこと。求人サイトなどでは既にスタッフの募集も始まっていました。


なお、6月に現地で確認した「計画概要」では、「店舗(衣服販売店)からスポーツ練習場・飲食店への用途変更」と記載されていて、延べ床面積560.22㎡の内、スポーツ練習場が407.61㎡、飲食店が152.61㎡となっていることから、飲食店も出来ると思われますが、確定的な情報は現時点では得られてません。


近隣では、富田林市寿町にあったイタリアンファミレス「ヴォーノ・イタリア 富田林店」の跡地に「エニタイムフィットネス 富田林店」(32号店)が2019年(平成31年)4月1日(月)プレオープン、4月15日(月)にグランドオープンしています。

●エニタイムフィットネス 公式サイト →https://www.anytimefitness.co.jp/

アクセス 国道170号(外環状線)「市町」交差点から南へ約250m左(東)側。なお、北行き車線からは直接入れません。