スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2018の投稿を表示しています

【開店】カインズ 太子店(南河内郡太子町) ・待望のホームセンターがついにオープン!ラ・ムーは?

カインズ太子店がオープン 以前にもこのブログでお伝えしていたホームセンターのカインズ太子店が2018年(平成30年)5月23日(水)にグランドオープンを迎えます。それに先立つ前日の5月22日(火)がプレオープンだったので、お昼に少し様子を見てきました。


その前に、カインズについてもう一度おさらいしておくと...カインズ(CAINZ)は埼玉県本庄市に本社を置く株式会社カインズが運営するホームセンターで、関東を中心に、東日本や東海地方、近畿地方に展開しています。今回オープンの太子店が大阪府下では3店舗目ということで、あまり馴染みはないかもしれませんが、南河内にも店舗のあるワークマンと同じベイシアグループです。



ホームセンターカインズは業界でトップクラスの売上高を誇っていますが、売上高構成比の約30%をプライベートブランド(PB)商品が占めているとも。


カインズ太子店は石川右岸(東側)の府道32号線沿い、富田林市との境界のすぐ東にオープンしました。つい数か月前まで、ほとんどが田畑の長閑な田園風景が広がっていた場所です。
基本情報としては、敷地面積は29,477㎡で店舗面積は8,916坪、駐車台数は298台、営業時間は9:00~19:30となっています。
なお、同敷地内には大黒天物産がスーパーマーケットのラ・ムー太子店を開店予定です(後述)。

二つの府道32号線を結ぶ太子西条線に出入口1ヶ所、入口1ヶ所、北側の府道沿い(ローソン太子町太子店)前付近に出入口が1ヶ所ありました。


ホームセンターに必要なものは一通り揃っているようで、特にサイクルコーナーやペットコーナーはこの周辺では最も力が入っている印象です。その他、薬や介護用品、お酒の取り扱いもあります。


カインズのホームページによると、「カインズ太子店の特徴」として、
・特産品である「ぶどう」をはじめ、農作物に合わせた農業資材や肥料を多数品揃え。植え付けから収穫までの様々な場面で必要な商品を提供します。・豊富なペットフードの品揃えに加え、ペットホテルやトリミングサービス、ドッグランを設置。ペットとの楽しい時間が過ごせる場所を提供します。・サイクル売場の品揃えを強化するとともに、修理などのアフターケアも行うサイクルピットを導入。安心で安全なお客様の自転車ライフをサポートします。 となっています。

●カインズ太子店 →https…

【お出かけ】御所の郷(御所市) ・御所南PA内の地域振興施設

御所の郷2018年5月訪問 地域振興施設「御所の郷(ごせのさと)」は、奈良県御所市室にある京奈和自動車道御所南パーキングエリア(PA)内の施設です。大阪南河内からは国道309号で水越峠を越えればすぐという立地から、ドライブがてら「ちょっとそこまで」のお出かけにちょうどいいスポットともいえます。




京奈和自動車道(大和御所道路)のインターチェンジ(IC)である御所南ICと五條北IC間は2017年(平成29年)8月19日に開通しましたが、同時に御所南ICに隣接する形でオープンしたのが御所南PAです。


当初、御所南PAは売店やフードコートの無い状態でオープンしましたが、同年11月17日に御所市が整備し、フードコート、特産品販売、情報発信スペースなどを併せ持った地域振興施設「御所の郷」が開業しました。


御所南PA内にありながら、京奈和自動車道からだけでなく一般道(国道309号)からも入ることが出来るこの「御所の郷」は、いかにも最近の「道の駅」のような施設ですが、現時点では「道の駅」に登録されていないようです。

趣のある瓦屋根が印象的なメインの施設は、江戸時代の古い建物が残る御所町の町家をイメージしたデザインだそうです。


施設概要駐車場:専用部 74台、一般部 29台
トイレ 情報提供スペース 休憩所
御所の郷  売店・農産物直売コーナー 8:00~20:00  フードコート 11:00~20:00

フードコート 券売機方式のフードコートでは地元奈良の食材を使った定食や丼など豊富なメニューが魅力です。南河内の道の駅にはない、いかにもサービスエリア・パーキングエリアっぽいフードコートともいえます。


特産品販売所 こちらでは、地元奈良の特産品を中心に、お土産に最適な食品やお菓子、さらには御所周辺で採れた新鮮な農産物も販売されています。


お土産にはかかせないお菓子は種類も豊富で、この時は北海道のコーナーもありました(笑)。その他にも、この付近で製造されているパンやスイーツ、醤油も魅力的ですが、忘れてはいけないのが柿の葉寿司です。柿の葉寿司は奈良ではよく幹線道路沿いなどで大きな店を見かける「たなか」と「ヤマト」の商品が販売されていました。


「道の駅」っぽい農産物直売コーナーはそれほど広くはありませんが、地元ならではの珍しい野菜などが売られていました。


フードコート、特産品販売所のエリアと自動ドアを隔て…

【南河内探訪】下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村) ・2018年度新設の無料駐車場

新駐車場から棚田へ2018年4月訪問 大阪府下で唯一の村として有名な千早赤阪村の中でも、近年はメディアやSNSなどを通じての地域からの情報発信で知名度が上がってきた観光スポットの一つが「下赤阪の棚田」です。南河内エリアでも有数の絶景スポットで「インスタ映え」間違いなし!?の「下赤阪の棚田」は1999年(平成11年)に農林水産省により「日本の棚田百選」にも選定されています。


実は昨年の10月に「【南河内探訪】下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村) ・南河内随一の絶景」と題したブログ記事を投稿しましたが、その後、同月内に2つの台風が立て続けに大阪に接近したことは記憶に新しいと思われます。各地に被害をもたらした台風でしたが、ここ千早赤阪村も土砂崩れなど多数の被害を受けました。
「下赤阪の棚田」に関しては、棚田の展望エリアだけでなく、棚田へ向かうまでの府道705号線でも崩落により片側通行を余儀なくされる箇所が発生するなどしたため、「金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2017」のイベントも中止となりました。



新駐車場から棚田へ 2018年(平成30年)の4月に入り、棚田周辺の復旧がかなり進んだだけでなく、新たに駐車場まで出来たとの情報が入ったので、ゴールデンウィーク前に少し様子を見てきました。

以前は私のブログを含め、多くの情報で「下赤阪の棚田」への行き方として、千早赤阪村役場から少し上った所にある府道705号沿いの農産物直売所前(金剛バスの「赤阪中学校前(2018年7月「千早赤阪中学校前」に改称)」バス停前)から坂道を上り、千早赤阪村立中学校の中を通り抜けて棚田に至るルートが紹介されていました。


しかし、中学校の中を通り抜けられなくなったため、新しい駐車場は府道705号をさらに800mほど上った富田林市消防署千早赤阪分署の隣に出来、ルートも全く違うものになりました。


新設された駐車場は「下赤阪の棚田・下赤阪城址駐車場」と書かれていて、自動車のスペースが5台分と、自転車等を停めるスペースが用意されています。


この駐車場の完成や、道の駅ちはやあかさかのリニューアルオープンと時を同じくして、千早赤阪村内に新たな観光案内板がいくつか設置されました。屋根と赤い柱が目立つ案内板ですが、この場所では「千早赤阪村消防分署前」として太平記の名場面「赤坂城の戦い」などについて記されています。


駐車場横…