スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

【イベント】平成30年(2018年)度 第2回みなみかわち歴史ウォーク

第2回みなみかわち歴史ウォーク 大阪の南東部、南河内の歴史を訪ねる街歩きイベント「平成30年度 みなみかわち歴史ウォーク」の第2回目が12月2日に開催されます。「みなみかわち歴史ウォーク」とは、近鉄沿線・南海沿線にある松原市・藤井寺市・河内長野市・富田林市・大阪狭山市・河南町・千早赤阪村・羽曳野市・太子町の6市2町1村からなる「南河内九ヶ国」の今なお残る歴史をテーマに、古墳、社寺、文化遺産などを訪ねるウォーキングです。


ここ数年は毎年度3回開催されていて、それぞれ12~14kmほどのコースを、決められたスタート地点からゴール地点まで時間内に歩くイベントで、参加は自由(事前申込不要)、参加費無料となっています(コース上施設の入場料等は自己負担)。また、参加者の中から抽選で参加賞が当たる他、シリーズ全3回を完歩した方には全員に完歩賞がプレゼントされます。


日時・コース開催日:2018年(平成30年)12月2日(日) (雨天決行・荒天中止)
スタート受付:9:30~10:00 富田林市市民会館(レインボーホール)
ゴール受付:近鉄長野線 富田林駅


第2回みなみかわち歴史ウォークは「悠久の歴史を感じる近つ飛鳥風土記の丘から南河内の寺内町を巡る」がテーマとなっています。
コース:近鉄・喜志駅~富田林市市民会館(レインボーホール)【スタート受付】~敏達天皇陵古墳~近つ飛鳥博物館~近つ飛鳥風土記の丘~大ヶ塚寺内町~寛弘寺古墳公園~富田林寺内町【ゴール受付】~近鉄・富田林駅(約13km)

なお、第1回は9月23日(日)に終了しており、第3回は平成31年(2019年)2月24日(日)の予定です。

その他、詳しくは下記のサイトをご覧ください。

●華やいで大阪・南河内観光キャンペーン協議会 わくわく南河内「平成30年度 第2回みなみかわち歴史ウォーク」 →http://www.minamikawachi.jp/event_page.php?eid=00254


アクセス コースとしてのスタート地点は近鉄長野線「喜志」駅となっていますが、スタート受付は富田林市市民会館(レインボーホール)です。こちらへは「喜志」駅で下車し、東口から田んぼの中の道を南(富田林駅方面)に約600m歩くと見えてくる粟ヶ池という池の中にあります。国道170号(外環状線)「宮前」交差点と国道170号線(旧道)「桜井」交差点との間…

【開店情報】ワークショップトータル 富田林店(富田林市)

ワークショップトータル 富田林店
大阪府富田林市若松町に2018年(平成30年)11月30日(金)、「ワークショップトータル 富田林店」がオープンする予定です。


ワークショップトータル富田林店としてオープンする店舗は、今年の10月までドラッグストアのライフォート富田林若松店として営業していた建物で、国道170号(旧道)沿いにあり、和食麺処サガミ富田林店やスギ薬局富田林若松店の少し南に位置します。



ワークショップトータルは作業服や手袋、安全靴、ユニフォーム、工具などを販売しており、浜寺や奈良など近畿圏内に4店舗展開中のようです。


「開店のお知らせ」によると、ワークショップトータルではお洒落な作業着や安全靴を取り揃え、ズボンの裾上げは無料。クレジットカードも利用できるようです。


現在この周辺で作業服を扱っている店には駅前のマルマサ、ホームセンターのコメリ、消防署近くのワークマンなどがあります。


アクセス 国道170号(旧道)「若松町5丁目」交差点から南に約170m。「本町北」交差点からは北に約200mです。近鉄長野線「富田林」駅からは南口を出て左へ。国道170号(旧道)沿いに約500m。



【閉店情報】ベビーフェイスプラネッツ 富田林店(富田林市) ・てんとう虫パーク 富田林店も閉店

BABYFACE PLANET'S 富田林店 大阪府富田林市中野町にあるカフェレストラン「ベビーフェイスプラネッツ 富田林店」が、2018年(平成30年)11月25日(日)をもって営業を終了し、閉店します。



ベビーフェイスプラネッツ富田林店は国道170号(旧道)沿いに、2009年(平成21年)12月12日にオープン。異国情緒あふれる店内で提供される大盛りメニューなどが人気のカフェ&レストランで、カラオケやビリヤード、マンガ喫茶・ネットカフェとしても楽しめる「てんとう虫パーク富田林店」と同じ建物に入っています。



ベビーフェイスプラネッツ(BABYFACE PLANET'S)は、奈良県奈良市に本社を置く株式会社ベビーフェイスが運営する洋食レストラン&カフェで、「ベビフェ」の略称で親しまれています。1979年(昭和54年)4月、奈良県奈良市登美ヶ丘にて創業。近畿地方を中心に展開し、奈良県の数店舗以外はフランチャイズとなっています。
ベビーフェイスプラネッツは、街中にいながらバリ島の高級リゾートをイメージした店内で異国情緒あふれる「癒しのカフェレストラン」というコンセプトと、店舗によっては大盛りのオムライスなどの洋食メニューが若者を中心に人気となっています。


また、ベビーフェイスプラネッツ富田林店は、隣接するてんとう虫パーク富田林店を運営する株式会社エンセイによるフランチャイズ店で、てんとう虫パーク富田林店でベビーフェイスプラネッツの料理を楽しむこともできたようです。

株式会社エンセイは、大阪府河内長野市原町に本社を置き、スポーツ施設やアミューズメント施設、飲食店などを運営しています。創業は1997年(平成9年)9月。


●ベビーフェイスプラネッツ →http://babyface-planets.com/

てんとう虫パーク富田林店 その後、年が明けて早々にてんとう虫パーク富田林店も閉店したようです。以下の写真は2019年(平成31年)4月下旬撮影。


3月頃には内装の撤去?も進み、4月下旬にはほとんどの看板がなくなっていました。


●てんとう虫パーク ホームページ →https://tentoumushi-park.com/



【イベント】金剛きらめきイルミネーション2018 & 金剛バル★Winter Land(富田林市)

金剛エリア冬のイベント 大阪府富田林市の西部、金剛地域では今年もイルミネーションとバルのイベントが開催されます。昨年も開催されたこれらのイベントの名称はそれぞれ、「金剛きらめきイルミネーション2018」と「金剛バル★Winter Land」で、会場は南海高野線「金剛」駅の富田林側(東側)のエリアとなっています。

●2019年の「金剛きらめきイルミネーション2019」、「金剛バル★Winter Land」のご案内はこちら →【イベント】金剛きらめきイルミネーション2019 & 金剛バル★Winter Land(富田林市)


金剛きらめきイルミネーション 11月25日(日)~来年の1月20日(日)までの間、色鮮やかなイルミネーションで寺池台1丁目の金剛ショッピングモール付近から金剛駅までの歩道を飾ります。

11月25日(日)の点灯式当日は、15時より久野喜台1号公園でふわふわ迷路や光のお絵かき等のお子様向けのイベントを実施する他、金剛銀座商店街前広場では電球ボトルに絵を描いてもらい広場に飾るイベント、金剛中央公園ではグルメイベント「金剛バル★Winter Land」が開催されます。

また、この金剛きらめきイルミネーションを多くの方に知っていただくため、富田林市は光により大阪の魅力を向上し世界へと発信する「大阪・光の饗宴2018」のプログラムに参加しています。

点灯式日時:2018年(平成30年)11月25日(日)  17:30~ (金剛ショッピングモール前交差点)
イルミネーション点灯期間:11月25日(日)~2019年1月21日(日)
期間中 17:00~22:00
場所:金剛ショッピングモールから南海高野線「金剛」駅までの区間
●富田林市観光協会 金剛きらめきイルミネーション2018 →http://tondabayashi-navi.com/php_o/event_details.php?dt=1541745732


金剛バル★Winter Land 金剛バル★Winter Landは大阪府富田林市、南海高野線金剛駅、その周辺地域において商業と観光、さらに地域住民が連携し金剛地域のにぎわい創出と市民のふるさと意識の熟成を図ることを目的としたイベントで、今年で5回目の開催となります。

昨年は雨にもかかわらず約3000名の参加者があった当イベント。今年は11月25日(日)に開催され、金…

【イベント】2018富田林市農業祭(富田林市) ・毎年恒例の人気イベント!

富田林市農業祭 大阪府富田林市の石川河川敷では今年も恒例の農業イベント「2018富田林市農業祭」が開催されます。「富田林農業祭」は、とれとれ新鮮野菜や果物の販売、ふれあい大鍋に甘酒の無料配布、各種展示やお子様向けゲームコーナーなど様々な催しのある毎年この時期の人気イベントです。

●2019年(令和元年)の富田林市農業祭の案内記事はこちら →【イベント】第36回とんだばやし商工祭 & 2019富田林市農業祭(富田林市)


概要 即売コーナーでは、とれとれ新鮮野菜、果物、農産加工食品、お米・もち米、塩干物、花とみどり、JA購買品の販売が予定されています。農産物はもちろん、塩干物コーナーの数の子、塩鮭、棒鱈などの正月用品は毎年人気だそうです(いずれも数量限定)。

実演・お楽しみコーナーはふれあい大鍋や甘酒の無料配布(数量限定)をはじめ、ポン菓子、ポップコーン、綿菓子、うどん、かやくごはん、おでん、コーヒー、焼き鳥、えび芋コロッケ(富田林コロッケ?)、ほんわか米などが販売されるようです。



展示・PRコーナーでは自動車、農機具の展示、省エネ、白蟻他についてのPRが。キャンペーン・相談コーナーでは農業相談、水質汚濁防止、体組織測定、健康についての相談も。

お子様コーナーにはJAゲームコーナー、風船配布、スーパーボールすくい、大道芸、バルーンアート、ボールプールなどのイベントが開催されます。

また、東日本大震災後に岩手県大槌町のがれきの中から見つかり富田林で栽培されてニュースにもなった奇跡の復興米を使用したおにぎりも無料配布されます(数量限定)。その他パネル展示もあります。

※催しの内容については、予告なく変更になる場合があります。

日時・会場
日時:2018年(平成30年)11月23日(金・祝) 
9:00~14:30
会場:石川河川敷川西グラウンド (富田林市西板持)
※荒天中止

●富田林市 魅力発信観光ポータルサイト 農業祭→https://www.city.tondabayashi.lg.jp/site/kirameki/23104.html


アクセス 近鉄長野線「川西駅」前の国道170号(旧道)「川西駅前(甲田)」交差点から東へ(パチンコ シャトル前の道)。500mほど進み石川を渡った左手の河川敷です。会場へは公共交通機関をご利用くださいとのことです。



【イベント】第35回とんだばやし商工祭(富田林市)

商工祭 今年も農産物や地域特産品の展示・即売をはじめ、市内飲食店によるうまいものコーナー、各種団体による模擬店やイベント、さらに大抽選会などを行う毎年恒例の「とんだばやし商工祭」が開催されます。

富田林商工会が主催する「とんだばやし商工祭」は今回で35回目を迎えます。開催日は2018年11月18日(日)で、会場は富田林市北部にある富田林市市民会館「レインボーホール」。

●2019年(令和元年)のとんだばやし商工祭案内記事はこちら →【イベント】第36回とんだばやし商工祭 & 2019富田林市農業祭(富田林市)


イベントの内容は、即売・物産展コーナー、青果・(香住)カニ他販売コーナーなど各種食品から地域の特産品の販売、飲食店の出店をはじめ、青年部イベントや商工相談コーナーなども設置されるようです。

チラシに付いている「お楽しみ抽選券」を持参すると大抽選会に参加できます。今年の大抽選会の特賞は「日帰りかにフルコース かんぽの宿富田林 ペアご利用券」で、その他、1等ブランド牛肉、2等お米5kg、3等地域特産品などとなってます。


日時・場所日時:2018年(平成30年)11月18日(日)  10:00~14:30 ※荒天中止
会場:富田林市市民会館(レインボーホール)
入場料:無料
アクセス 富田林市市民会館(レインボーホール)は近鉄長野線「喜志」駅下車。東口から田んぼの中の道を南(富田林駅方面)に約600m。粟ヶ池という池の中にあります。国道170号(外環状線)「宮前」交差点と国道170号線(旧道)「桜井」交差点との間です。





【イベント】2018かなんフェス 「きずな ~10年のあゆみ~」(河南町) ・記念すべき10回目を迎える河南町のフェス

かなんフェス 大阪府南河内郡河南町では2018年(平成30年)11月18日(日)に、毎年恒例となった町の活性化を目指したイベント「2018かなんフェス」を開催します。今年はついに記念すべき10回目を迎える「かなんフェス」ですが、会場は大変盛り上がった昨年に引き続き大阪府立近つ飛鳥博物館・風土記の丘での開催となります。今年のテーマは「きずな ~10年のあゆみ~」。


概要 ●紙ヒコーキ大会(11:00~14:00)
会場に用意された紙で紙ヒコーキを作成し飛行距離を競います。上位5名には豪華賞品ゲットのチャンス!

●フォトコンテスト(11:00~14:00)
「きずな」をテーマにしたフォトコンテストで、来場者の投票によりグランプリ作品を決定。上位者には豪華景品が!

●フリーマーケット(11:00~15:00)
近つ飛鳥風土記の丘にて、衣類・雑貨・小物等を販売。多数出店予定!

●ステージ公演(11:00~14:00)
ダンス・音楽・その他パフォーマンスをステージで披露しかなんフェスを盛り上げます。

●テントブース(11:00~15:00)
河南町のイモを使ったイモ煮(限定400食)をはじめ、おいしい食べ物や楽しい体験ブースが出展されるほか、啓発コーナーも。

また、献血コーナーが設置される他、「かなんフェス10年のあゆみ」として過去全9回分の写真でこれまでのかなんフェスを振り返るコーナーも。



日時・場所日時:2018年(平成30年)11月18日(日) 11時~15時 (オープニング式典 10時30分~) ※荒天中止
会場:大阪府立近つ飛鳥博物館・風土記の丘
入場料:無料

●2018かなんフェス 公式フェイスブック →https://ja-jp.facebook.com/Kananfes/

アクセス 公共交通機関では近鉄長野線「喜志」駅または「富田林」駅から金剛バスに乗車、「近つ飛鳥博物館(旧:阪南ネオポリス)」行き終点で下車すると風土記の丘の入口前です。カナちゃんバスでは「大宝3丁目(北13)」バス停下車。


車で行くには、大阪芸術大学前を走る府道27号線の「一須加」交差点を「大宝」(東)方面へ。そのまま約1.6km坂を上った住宅街の突き当りが風土記の丘の入口ですが、駐車場は左折した50mほど先の河南町立近つ飛鳥小学校グラウンドをご利用ください。
また、府道27号を南に下った河南町役場の…