スキップしてメイン コンテンツに移動

二つある“大阪名物・蓬莱の豚まん”の見分け方 551と本館

ある時~ない時~

 今や空港や駅で買えること、またテレビやネットなどで紹介されることですっかり大阪名物の一つとなった感のある豚まんですが、やはり有名なのは「蓬莱」の豚まんです。全国的には「肉まん」かと思いますが、関西で「肉」と言えば基本的に牛肉を指すので「豚まん」になったそうです。
 大阪の田舎エリアに住んでいても都会に出ると(南河内の近鉄沿線住民の都会はだいたい天王寺・阿倍野)お土産によく買います。なので帰りの電車の車内ではよく「豚まんの匂いがする!」ネタの状況になります。CMの通り?ある時はすぐ分かります(笑)

 で、今回もあべのハルカスの地下(近鉄百貨店のあべのハルカス近鉄本店内)で購入してお持ち帰り(天王寺・阿倍野エリアではJR天王寺駅の改札外にも店があります)。家で軽く温めなおし、久々の蓬莱の豚まんを美味しくいただきました。
 


「551」と「本館」

 「蓬莱の豚まんなら普通にスーパーで買えるのに…」と言われると確かにそうなんですが、そうでもないんです。大阪以外でも知ってる人は知っていると思いますが、直営店で

実演販売してる豚まんとスーパーに並んでる豚まんは、味とかレシピ以前に作っている会社が違います。
 前述の「ある時~ない時~」のCMで有名な「551蓬莱(ごーごーいちほうらい)」は株式会社蓬莱で、スーパーでも買える豚まんを製造している方が「蓬莱本館(ほうらいほんかん)」の株式会社蓬莱本館です。

 この2社はもともとは同じルーツを持っています。1945年(昭和20年)に大阪難波で創業した「蓬莱食堂」がルーツで1964年(昭和39年)に、株式会社蓬莱、株式会社蓬莱本館、株式会社蓬莱別館の3社に別れました。現在、豚まんを製造しているのは蓬莱と蓬莱本館です。
 
 ちなみに、株式会社蓬莱の「551」の由来は創業者が吸っていたタバコの銘柄が「555」だったことからひらめき、創業時の電話番号の「64-551」から「ここが一番をめざそう」という語呂あわせで決まったそうです。

 
 主な違い、見分け方としては、551蓬莱の方は直営の各店舗において手作り出来立て商品の実演販売(一部空港などではチルド品)を行っていて、冷凍豚まんはありません。通信販売は本社オンラインストア。ロゴは「551 HORAI」や「551 蓬莱」となっています。4店舗の中華レストランも展開中。
 

 一方の蓬莱本館はスーパーや生協、また駅の売店などへの冷蔵・冷凍商品の卸売りが主力で入手可能なエリアも広いです。通信販売は本社オンラインストア以外に楽天市場やヤフーショッピングでも購入可能。こちらのパッケージのロゴは「蓬莱 本館」となっています。難波にある中華レストランでは出来立てあつあつの豚まんを食べるだけでなく製造体験も出来るようです(要予約)。

 機会があれば是非食べ比べてみてください。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ



【蓬莱本館】お試しセット[メディアで紹介された豚まんをはじめ、ジャンボ焼売・餃子・エビ餃子・蝦焼売・肉団子のセット]【送料込み】〈蓬莱 豚まん ホーライ ほうらい 肉まん 大阪〉

◇〈551蓬莱〉豚饅・焼売セットBセット【RCP】【送料込】 豚まん ぶたまん 肉まん にくまん 肉 まん 551 蓬莱 ほうらい 大阪_Y100830000001_0_0_0

コメント

このブログの人気の投稿

【移転情報】三菱UFJ銀行 富田林支店(富田林市) ・藤井寺駅前にある藤井寺支店内に移転

三菱UFJ銀行 富田林支店 大阪府富田林市本町にある「三菱UFJ銀行 富田林支店」が2020年(令和2年)3月23日(月)より藤井寺支店内に移転(統合)し、同支店と同じ場所で営業することになりました。


三菱UFJ銀行富田林支店は、近鉄長野線富田林駅南口からすぐの国道170号(旧道)沿いにあり、移転先の藤寺支店も近鉄南大阪線藤井寺駅南口の向かいにあります。両店の間は直線距離で約7,4km。新住所は「藤井寺市春日丘1-1-33(現在の藤井寺支店内)」となります。

富田林支店のある本町交差点前は、三菱UFJ銀行、りそな銀行、三井住友銀行といった3メガバンクが並ぶ南河内随一の金融街(笑)で、その一角が移転(統合)という形で富田林から去ることになります。



今回は富田林支店が廃止ということではないので、富田林支店の店番、店名、口座番号はそのまま残り、通帳やカードも引き続き利用できます。ATMが残され、インターネットバンキングも利用できればそれほど困ることはないかもしれませんが、やはり窓口を利用したい人にとっては不便になりそうです。

●三菱UFJ銀行 富田林支店 →https://map.bk.mufg.jp/b/bk_mufg/info/BA590218/


なお、富田林市の本町交差点前の銀行ですが、2000年代初期までは、左から三和銀行(現三菱UFJ銀行)、大和銀行(現りそな銀行)、住友銀行(現三井住友銀行)という並びでした。その三和銀行富田林支店は現在の富田林駅前に移転するまで、富田林寺内町にある登録有形文化財「中内眼科医院」のレトロな建物を1975年(昭和50年)前頃まで使用していました。



【開店情報】(仮称)松原天美ショッピングセンター(松原市) 第2弾 ・アリオ松原?の出店予定地の現状

(仮称)松原天美ショッピングセンター 数年前から大阪府松原市にショッピングモール「アリオ」が建設されるという噂があり、実際に松原市天美東3丁目にセブン&アイのSC(ショッピングセンター)出店計画地が確保され看板も立っていました。これは当ブログでも以前に取り上げています。

●2020年3月の現地の様子などはこちら →【開店情報】(仮称)松原天美ショッピングセンター(松原市) 第3弾 ・2020年秋の開業に向け絶賛工事中!?

●2017年11月の記事がこちら →【開店情報】(仮称)アリオ松原(松原市) ・南河内にイトーヨーカドー?オープン時期は?


その後、埋蔵文化財の調査などで長らく建設の動きはありませんでしたが、2019年(令和元年)6月に地元説明会が開催されるなどの動きがあったようなので、改めて情報をまとめてみました。ちなみに、商業施設の名称は「アリオ松原」ではなく「(仮称)松原天美ショッピングセンター」となっています。なお、写真は2019年6月上旬に撮影。



建設予定地 天美B地区と呼ばれていた建設予定地は、かねてからの噂通り「大阪府松原市天美東3丁目500番他51筆」となっています。


具体的に言うと、国道309号や阪神高速14号松原線の三宅出入口から西、大和川の南側で、府道179号(都市計画道路堺松原線)の「天美東4」交差点の南東の一帯です。

建設計画の概要 現地に掲示されている「建築計画の概要」などから(仮称)松原天美ショッピングセンターについて現時点で分かっていることをまとめると...


敷地面積は67212.29㎡で、延床面積は約118000㎡、大規模小売店舗の店舗面積合計は約34000㎡。地上5階建てで高さ30.98m、棟数6棟(本体棟1棟、駐車場・バイク置場5棟)、駐車場収容台数は2130台、駐輪場972台となっており、駐車場の内176台分はシネコン用となっていることから映画館が入るのがわかります。


営業時間は9:00~24:00の予定で、オープンの目安と思われる「大規模小売店舗の新設をする日」は2020年(令和2年)11月1日となっています。なお、テナント数は約200店舗で、工事期間は2019年8月から2020年11月の予定となっています。

株式会社セブン&アイ・クリエイトリンクによる「地球環境に与える影響のミニマム化を図った「環境配慮型SC」の提…

【開店情報】黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) ・ビバホームやアローが出店?

美原にビバホーム? 先日、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」について記事にしましたが、その建設予定地から国道を挟んだ西側でも大規模な開発工事が進んでいます。というか、今回現地を訪れた2019年(令和元年)5月上旬段階で、「(仮称)ららぽーと美原」が計画段階で実質未着工なのに対し、西側エリアではかなり造成工事が進んでいるように見えます。


今回(通りすがりに)見た工事現場の詳しい場所は、大阪府堺市美原区黒山の、阪和自動車道の下で国道309号と府道36号泉大津美原線の交わる地点(「下黒山」交差点)の南西のエリアで、地図で見ると5月現在、すでに埋め立てられてしまった「蓮池」という池があった付近になります(代わりに南側にため池が出来ているようです)。


基本的に田んぼとため池のある地域でしたが、今はパチンコ店の「パラダイス」、カー用品店の「オートバックス 美原店」、カフェ「はたち」さんがある一角です。少し北には黒姫山古墳が、東には丹比神社もあります。



黒山西土地区画整理事業 南河内エリアにしては大規模な開発の様なので調べてみると、黒山地区は堺市都市計画マスタープランにおいて美原都市拠点と位置づけられ、「黒山西土地区画整理事業」という堺市の開発事業があり、ここに複数の商業施設の出店が予定されているそうです。これと、前述の「(仮称)ららぽーと美原」を中核とした黒山東地区計画と合わせて、堺市の一大プロジェクトといえます。

2016年(平成28年)の段階では、黒山西土地区画整理事業は、約7.9(後に7.8)ヘクタールのA地区には商業機能、約3.9(後に4.0)ヘクタールのB地区には産業機能を誘致する計画で、工事全体は2019年半ばに完成(事業期間は20年度末まで)させる予定だったようです。


肝心の出店店舗についてですが、2015年(平成27年)9月頃の情報では、商業施設エリアに、株式会社LIXILビバ(埼玉県さいたま市)が運営するホームセンター「ビバホーム」や、平川商事(大阪府八尾市)のパチンコ店「アロー」、そして現在も営業中のオートバックス美原店を配置する計画があったようです。

現在のところ、区域内の細かいところで変更があったのは確かですが、出店するのがビバホームとアローで決定なのか変更があったのか、確定的な情報は得られませんでした。

現地の様子 以下、2019年5月上旬…

【開店情報】(仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) ・美原区の大型ショッピングモール予定地の現状

(仮称)ららぽーと美原 以前から「南河内エリアに大型ショッピングモールが出来る」との噂は色々ありましたがなかなか実現せず、藤井寺市のイオン藤井寺ショッピングセンター(旧イオンモール藤井寺)の建て替えはともかく、ようやく松原市の(仮称)松原天美ショッピングセンター(アリオ?)の工事がスタート...と思いきや、進捗状況は当初の予定通りには見えません。

そんな中、かなり具体的なところまで計画が進んでいるようなのが、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」です。


少しネットで検索すると、色々と情報は集まるようですが実際の現地の様子などはイマイチわからなかったので、軽く予定地を視察(笑)してきました。現地写真は2019年(平成31年)3月上旬撮影。



計画概要 「ららぽーと(LaLaPort)」は三井不動産グループの三井不動産商業マネジメント株式会社が運営する大型商業施設で、現在大阪には「ららぽーと和泉」と「ららぽーとEXPOCITY」があります。「三井ショッピングパーク」を冠して呼ぶことも。

(仮称)ららぽーと美原は、「堺市美原区黒山東計画」の一環として作られる商業施設で、国道309号線沿い、阪和自動車美原南インターチェンジからすぐの「下黒山」交差点の南東、美原区役所の北東の現在田畑や池のあるエリアです。

ちなみに、阪和自動車道の北側には黒姫山古墳があり、国道309号を挟んで西側では、先行してビバホームやアローが出店すると噂の「黒山西土地区画整理事業」が進んでいます。

現時点で判明している(仮称)ららぽーと美原の計画概要として、2018年(平成30年)12月の説明会開催結果報告書などによると...

開発区域面積:約84,000㎡
建築面積:約33,000㎡ (駐車場除く) 延床面積:約92,000㎡ (駐車場除く)
建物高さ:商業棟 30.5m(4階建て)、立体駐車場A 29.1m(6階建て7段)、立体駐車場B 15.45m(3階建て4段)
駐車台数:約3,200台
年間来場者想定数:約1,300万人
営業時間:飲食 午前7時から午後11時、物販 午前7時から午後10時、アミューズメント 午前7時から翌午前5時(未定)

着工:2019年10月(予定)
竣工・供用開始:2022年3月(予定)

となっています。

参考までに、最も近いショッピングモールである「イオンモール堺…