スキップしてメイン コンテンツに移動

【南河内探訪】下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村) ・2018年度新設の無料駐車場

新駐車場から棚田へ

2018年4月訪問
大阪府下で唯一の村として有名な千早赤阪村の中でも、近年はメディアやSNSなどを通じての地域からの情報発信で知名度が上がってきた観光スポットの一つが「下赤阪の棚田」です。南河内エリアでも有数の絶景スポットで「インスタ映え」間違いなし!?の「下赤阪の棚田」は1999年(平成11年)に農林水産省により「日本の棚田百選」にも選定されています。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
2018年に出来た棚田駐車場

実は昨年の10月に「【南河内探訪】下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村) ・南河内随一の絶景」と題したブログ記事を投稿しましたが、その後、同月内に2つの台風が立て続けに大阪に接近したことは記憶に新しいと思われます。各地に被害をもたらした台風でしたが、ここ千早赤阪村も土砂崩れなど多数の被害を受けました。
「下赤阪の棚田」に関しては、棚田の展望エリアだけでなく、棚田へ向かうまでの府道705号線でも崩落により片側通行を余儀なくされる箇所が発生するなどしたため、「金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2017」のイベントも中止となりました。



新駐車場から棚田へ

2018年(平成30年)の4月に入り、棚田周辺の復旧がかなり進んだだけでなく、新たに駐車場まで出来たとの情報が入ったので、ゴールデンウィーク前に少し様子を見てきました。

以前は私のブログを含め、多くの情報で「下赤阪の棚田」への行き方として、千早赤阪村役場から少し上った所にある府道705号沿いの農産物直売所前(金剛バスの「赤阪中学校前(2018年7月「千早赤阪中学校前」に改称)」バス停前)から坂道を上り、千早赤阪村立中学校の中を通り抜けて棚田に至るルートが紹介されていました。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
富田林市消防署千早赤阪分署

しかし、中学校の中を通り抜けられなくなったため、新しい駐車場は府道705号をさらに800mほど上った富田林市消防署千早赤阪分署の隣に出来、ルートも全く違うものになりました。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
駐輪スペースもあり

新設された駐車場は「下赤阪の棚田・下赤阪城址駐車場」と書かれていて、自動車のスペースが5台分と、自転車等を停めるスペースが用意されています。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
新しい案内板

この駐車場の完成や、道の駅ちはやあかさかのリニューアルオープンと時を同じくして、千早赤阪村内に新たな観光案内板がいくつか設置されました。屋根と赤い柱が目立つ案内板ですが、この場所では「千早赤阪村消防分署前」として太平記の名場面「赤坂城の戦い」などについて記されています。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
駐車場裏の道を上って棚田へ

駐車場横にはちょっとした屋根付きの休憩スペースなどがありますが、トイレはありません。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
農家の方の車は通るのでご注意

府道から見て駐車場裏側の舗装された農道を歩いて行きます。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
農道の左右も棚田

駐車場を出て目的地の展望広場に着くまでの道の周囲にも棚田が広がっています。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
右手遠くには奉建塔

従来の中学校内を通り抜けるコースより距離は伸びますが、その分勾配はなだらかです。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
展望広場

下赤阪の棚田展望広場に到着です。東屋や案内板、棚田トイレは台風に負けず健在のようです。この右手に下赤阪城址の石碑や中学校があります。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
田植え前の棚田

まだ田植え前の棚田ですがやっぱり良い眺めです。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
大阪市内方面を望む

この日は天気も良かったので大阪市内方面に目をやるとあべのハルカスも見えました。右手の中学校の上の道路は昨年の台風後に亀裂が入り通行止めになっていましたが、すっかり綺麗に復旧していました。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
下赤阪の棚田の案内板

少し古めの「下赤阪の棚田」案内板には歴史や概要、周辺の地図などが記されています。どうやらここは「農村公園」というようです。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
下赤阪城跡の説明板

すぐ隣には国史跡である「下赤阪城跡」の説明板があり、少し高くなった所に城跡の石碑もあります。また、直線距離で1kmほど北には「寄手塚・見方塚」もあります。

●下赤坂城跡や戦いの経緯についてはこちら →下赤坂城跡(南河内郡千早赤阪村) ・楠木正成が幕府軍を翻弄した山城「国史跡赤阪城跡」

●寄手塚・見方塚についてはこちら →寄手塚・身方塚(南河内郡千早赤阪村) ・大楠公が敵味方の戦没者を供養したと伝わる五輪塔

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
展望広場の駐車スペースにロープが...

展望広場南西の、以前は駐車場にもなっていた一角はロープで入れなくなっていたので、やはり車は下の新しい駐車場に停めるのが良いようです。

2017年の台風前後の様子

ここで、2017年(平成29年)10月に上陸した2つの台風襲来前後の下赤阪の棚田周辺の様子を振り返ってみます。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2017年)
2017年の台風前の棚田

10月初旬の棚田は収穫前の稲穂が揺れる美しい風景でした。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2017年)
台風後の府道705号(農産物直売所前)

2度目の台風の後で棚田に行った時は、中学校下の府道でさえ崩落して片側交互通行となっていました。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2017年)
台風後の棚田周辺のアスファルト

中学校の裏手(上)を通って北に向かう道路にも亀裂が入っていました。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2017年)
亀裂の入った遊歩道

棚田周辺の遊歩道もいたるところで亀裂が入ったり崩落したりしていました。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2017年)
台風後は立ち入り禁止エリアも

アクセス

車では千早赤阪村の国道309号線「森屋」交差点を大阪方面からは右折、奈良方面からは左折。ロープウェー方面へ1.7kmほど進むと富田林市消防署千早赤阪分署があるのでその少し先右側にできた新しい駐車場を利用します。消防署の駐車場と間違えないようご注意ください。

下赤阪の棚田(南河内郡千早赤阪村)(2018年)
村民運動場前バス停

公共交通機関では、近鉄長野線「富田林」駅から金剛バスの千早線に乗り「村民運動場前(2018年7月「消防分署前」に改称)」バス停で下車。消防署分署の隣に前出の赤い案内板と駐車場があるので、駐車場、消防署の裏を通る道を上り、約700m進むと展望広場・下赤阪城跡に着きます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

 

コメント

このブログの人気の投稿

イオンのコラボTシャツ 2020 ・今年も“のりものT”をはじめ多数のコラボTが販売中

イオンのコラボT2020先日はイオンの「のりものシリーズTシャツ」の2020年(令和2年)バージョンを探しに行ったものの見つからず、「名画シリーズ」?のTシャツが大々的に販売されていた...という記事を書きましたが、今回は別のイオンへ捜索に出かけて来ました。
●前回の名画Tシャツの記事はこちら →イオンのTシャツ 名画シリーズ2020 ・“のりものT”を探して“名画T”発見

ちなみに、「のりものシリーズTシャツ」は、イオンのカジュアルファッションブランドの一つ「ダブルフォーカス(Doublefocus)」から発売されているもので、自動車、バイク、電車などがデザインされていました。毎年ラインナップが変わりますが、特に自動車では名車・旧車・過去に人気のあった車両や限定車などのデザインが商品化されており、一部マニア(笑)に人気のTシャツシリーズとなっているようです。
往年の名車がプリントされたイオンの「のりものシリーズTシャツ」(2019年版)についての記事はこちら →イオンの「2019 のりものシリーズTシャツ」 ・今年も夏はAEONで車T!

今回も近くのイオンを巡回して、とりあえず2020年ものりものシリーズTシャツが発売されていることを確認しました。ダブルフォーカスからは「コラボTシャツ」として、のりものシリーズの他に、スポーツアニメシリーズ、そして企業コラボシリーズが展開されていました。

実際に見たのりものシリーズでは、スポーツカーを中心とした車とバイクが少々販売されていました。一例を挙げると、ホンダ:シビックTYPE-R、日産:キューブ、GT-R LM NISMO、フェアレディZ300ZX、スカイライン2000GT-R KPGC10、NISMOR34GT-R、トヨタ:スプリンター・トレノAE86、マツダ:RX-7、スズキ:KATANA、ヤマハ:SR400などなど。

スポーツアニメシリーズは個人的によくわかりませんでしたが、ダイヤのA actII、弱虫ペダル、ハイキュー!!、あひるの空、ALL OUT!!などが発売されているようでした。また、企業コラボシリーズでは餃子の王将、ケロリン、スシロー、ブラックサンダー、クッピーラムネ、スガキヤ、チキンラーメン、アラビックヤマト、ココ壱番屋、リョーユーパン、ピノ、MOWなどなど、かなり面白いTシャツが多い印象でした。

上記のダブルフォ…

【開店情報】(仮称)トライアル 富田林店(富田林市) ・クロスモール富田林に続く商業施設

富田林にトライアル 2019年(平成31年)2月28日(木)に「ケーズデンキ クロスモール富田林店」が先行オープンした大阪府富田林市彼方(おちかた)のショッピングモール「クロスモール富田林」は、その他のユニクロ、GU、スターバックスコーヒーの開店日も3月15日(金)と決まり、全店舗オープンまであと1週間となりました。

●2019年末時点での(仮称)トライアル富田林店の建設状況等はこちら →【開店情報】(仮称)トライアル 富田林店(富田林市) ・2019年末時点での建設中の様子

●【関連情報】クロスモール富田林(富田林市) 第3弾 →https://kyouhakore.blogspot.com/2019/02/blog-post_27.html


そんなクロスモール富田林建設の噂が出始めたのとほぼ同時期から話題となっていたディスカウントスーパー「(仮称)トライアル 富田林店」出店の話。国道309号線を走っていても、建設予定地であるクロスモールの向かいの土地に何の動きもないようなので、現地調査(笑)してきました。

その前に、富田林市に出来るトライアルについて軽くネットで検索してみると、今年公開(更新)された記事でも「クロスモール富田林内にオープン」や「2019年4月オープン」と断定気味に書いてある記事もいくつかありました。



トライアルとは
株式会社トライアルカンパニーは福岡県福岡市東区に本社を置く企業で、ディスカウント業態を中心に事業展開していますが、小売業以外にも、IT、物流、商品開発、製造などを手がけています。創業期はソフトウェア構築やパソコン販売が主力事業だった流通業界では少し異色の企業ともいえます。

2019年3月現在、四国を除く各地方に出店しており、大阪府下には7店舗あります。南河内から最も近いのは和泉市にあるスーパーセンター和泉店。トライアルでは、ほとんどの店舗が24時間営業を行っていますが、富田林に出来る新店が24時間営業になるかは不明です。

●トライアルカンパニー 公式サイト →http://www.trial-net.co.jp/

現地レポート (仮称)トライアル富田林店の建設予定地はクロスモール富田林から国道309号を挟んで北側のエリアで、住所でいうと富田林市西板持町4丁目になります。両商業施設は南部大阪都市計画の一環として計画されたそうです。


国道3…

【開店情報】黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) ・ビバホームやアローが出店?

美原にビバホーム? 先日、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」について記事にしましたが、その建設予定地から国道を挟んだ西側でも大規模な開発工事が進んでいます。というか、今回現地を訪れた2019年(令和元年)5月上旬段階で、「(仮称)ららぽーと美原」が計画段階で実質未着工なのに対し、西側エリアではかなり造成工事が進んでいるように見えます。


今回(通りすがりに)見た工事現場の詳しい場所は、大阪府堺市美原区黒山の、阪和自動車道の下で国道309号と府道36号泉大津美原線の交わる地点(「下黒山」交差点)の南西のエリアで、地図で見ると5月現在、すでに埋め立てられてしまった「蓮池」という池があった付近になります(代わりに南側にため池が出来ているようです)。


基本的に田んぼとため池のある地域でしたが、今はパチンコ店の「パラダイス」、カー用品店の「オートバックス 美原店」、カフェ「はたち」さんがある一角です。少し北には黒姫山古墳が、東には丹比神社もあります。



黒山西土地区画整理事業 南河内エリアにしては大規模な開発の様なので調べてみると、黒山地区は堺市都市計画マスタープランにおいて美原都市拠点と位置づけられ、「黒山西土地区画整理事業」という堺市の開発事業があり、ここに複数の商業施設の出店が予定されているそうです。これと、前述の「(仮称)ららぽーと美原」を中核とした黒山東地区計画と合わせて、堺市の一大プロジェクトといえます。

2016年(平成28年)の段階では、黒山西土地区画整理事業は、約7.9(後に7.8)ヘクタールのA地区には商業機能、約3.9(後に4.0)ヘクタールのB地区には産業機能を誘致する計画で、工事全体は2019年半ばに完成(事業期間は20年度末まで)させる予定だったようです。


肝心の出店店舗についてですが、2015年(平成27年)9月頃の情報では、商業施設エリアに、株式会社LIXILビバ(埼玉県さいたま市)が運営するホームセンター「ビバホーム」や、平川商事(大阪府八尾市)のパチンコ店「アロー」、そして現在も営業中のオートバックス美原店を配置する計画があったようです。

現在のところ、区域内の細かいところで変更があったのは確かですが、出店するのがビバホームとアローで決定なのか変更があったのか、確定的な情報は得られませんでした。

現地の様子 以下、2019年5月上旬…

【開店情報】油甚(あぶらじん) 羽曳野店(羽曳野市) ・泉州の名物店が外環沿いに!

あぶらじん 大阪府羽曳野市西浦に、泉州方面でお馴染みの食料品店(リカーショップ?)「油甚(あぶらじん) 羽曳野店」がオープンします。開店日は2019年(令和元年)9月下旬予定です。写真は一部を除き9月中旬撮影。

※追記 オープンは2019年9月26日(木)午前9:30になりました。


あぶらじん羽曳野店の場所は、「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの国道170号(外環状線)沿い西側で、南隣は「西浦フットサルスペース」、北にはカー用品店「FIVE MART」さんや元家具店digだった建物があります。「サイクルワールド 羽曳野店」のほぼ向かい。



有限会社油甚は大阪府貝塚市加神に本社を置く企業で、泉州地域を中心に出店しており、南河内地域では河内長野店、松原店があります。


品揃えはお酒や飲料、お菓子や加工食品中心で、ディスカウントスーパー?のイメージでしょうか。



なお、あぶらじん羽曳野店予定地の近くには、サンディ羽曳野西浦店、ライフ羽曳野西浦店、クニーズ・南河生鮮市場、産直市場よってって羽曳野店といったスーパーや食料品店が集まっています。


ちなみにこの場所は元々田畑で、昨年末には工事が進み、春には建物がほぼ完成していました。

アクセス 南阪奈道路の下を国道170号(外環状線)がくぐる「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの外環沿い西側。ライフやコーナン、ケンタッキー・フライド・チキンのある「西浦」交差点からは南に300mほどですが、北行き車線からは入れません。