スキップしてメイン コンテンツに移動

【開店情報】黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) ・ビバホームやアローが出店?

美原にビバホーム?

先日、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」について記事にしましたが、その建設予定地から国道を挟んだ西側でも大規模な開発工事が進んでいます。というか、今回現地を訪れた2019年(令和元年)5月上旬段階で、「(仮称)ららぽーと美原」が計画段階で実質未着工なのに対し、西側エリアではかなり造成工事が進んでいるように見えます。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
黒山西土地区画整理事業(堺市美原区)

今回(通りすがりに)見た工事現場の詳しい場所は、大阪府堺市美原区黒山の、阪和自動車道の下で国道309号と府道36号泉大津美原線の交わる地点(「下黒山」交差点)の南西のエリアで、地図で見ると5月現在、すでに埋め立てられてしまった「蓮池」という池があった付近になります(代わりに南側にため池が出来ているようです)。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
黒山西地区地区計画図

基本的に田んぼとため池のある地域でしたが、今はパチンコ店の「パラダイス」、カー用品店の「オートバックス 美原店」、カフェ「はたち」さんがある一角です。少し北には黒姫山古墳が、東には丹比神社もあります。



黒山西土地区画整理事業

南河内エリアにしては大規模な開発の様なので調べてみると、黒山地区は堺市都市計画マスタープランにおいて美原都市拠点と位置づけられ、「黒山西土地区画整理事業」という堺市の開発事業があり、ここに複数の商業施設の出店が予定されているそうです。これと、前述の「(仮称)ららぽーと美原」を中核とした黒山東地区計画と合わせて、堺市の一大プロジェクトといえます。

2016年(平成28年)の段階では、黒山西土地区画整理事業は、約7.9(後に7.8)ヘクタールのA地区には商業機能、約3.9(後に4.0)ヘクタールのB地区には産業機能を誘致する計画で、工事全体は2019年半ばに完成(事業期間は20年度末まで)させる予定だったようです。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
仮歩道の地図

肝心の出店店舗についてですが、2015年(平成27年)9月頃の情報では、商業施設エリアに、株式会社LIXILビバ(埼玉県さいたま市)が運営するホームセンター「ビバホーム」や、平川商事(大阪府八尾市)のパチンコ店「アロー」、そして現在も営業中のオートバックス美原店を配置する計画があったようです。

現在のところ、区域内の細かいところで変更があったのは確かですが、出店するのがビバホームとアローで決定なのか変更があったのか、確定的な情報は得られませんでした。

現地の様子

以下、2019年5月上旬の現地の様子です。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
パチンコ「パラダイス」

阪和自動車道の下で国道309号と府道36号が交わる「下黒山」から309号を南下すると、まず目立つのがパチンコ店「パラダイス」です。かつてはここの2階にベビーフェイスプラネッツ美原店がありました。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
下黒山交差点の南西側

下黒山交差点とパラダイスの間の田畑も埋め立てられていました。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
パラダイスの駐車場から南西を望む

パラダイスの駐車場からも造成工事がよく見えます。アローが出店するとかつての「ぱちんこ村」のようになるのでしょうか(笑)。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
オートバックスとパラダイスの間の土地

ちょっと妙な形の駐車場(失礼)のオートバックス美原店は建て替えるのかも気になるところ。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
奥に阪和自動車道、右にカフェはたち

(仮称)ららぽーと美原の記事の時同様、国道309号西側にある「カフェはたち」さん近くの歩道橋に上ると建設予定地が見渡せます。あの阪和自動車道の300mほど向こう側には2014年(平成26年)にオープンした「ホームセンタームサシ 美原店」があります。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
事務所

歩道橋の近くに大きな事務所も建っています。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
丸亀製麺の裏から

丸亀製麺堺美原店の裏を走る道路は既に整備が進んでいました。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
美原総合福祉会館・老人福祉センター西側から

堺市立美原総合福祉会館・老人福祉センターや美原保健センターより北側が工事区画となっています。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
府道36号方面から(2019年3月下旬)

阪和自動車道、府道沿いからも造成工事が進んでいるのがわかります。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
歩道橋の上から(2019年3月上旬)

計画では東側の「(仮称)ららぽーと美原」より2年ほど早く開業しそうな西地区ですが、不明な点も多いのでもう少し情報が集まればまた見に行ってみたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

コメント

このブログの人気の投稿

【開店情報】(仮称)ドラッグコスモス 西浦店(羽曳野市) ・産直市場よってっても併設

ドラッグコスモス西浦店 大阪府羽曳野市尺度に2019年6月20日、ドラッグストア「(仮称)ドラッグコスモス 西浦店」がオープン予定です。

●2019年(平成31年)3月下旬時点の情報と現地写真はこちら →【開店情報】ドラッグコスモス西浦店・産直市場よってって羽曳野店(羽曳野市) ・オープン間近?の現地写真など

●オープンした産直市場よってって羽曳野店の様子は こちら →【南河内探訪】産直市場よってって 羽曳野店(羽曳野市) ・4月10日ついにオープン


ドラッグコスモス西浦店は国道170号(外環状線)と南阪奈道路が交差する「羽曳野I.C前」交差点から一本北の通りの西側の田んぼだった土地に建設中です。この場所は、マクドナルド外環羽曳野店の向かいで、JA大阪南西浦支店やオムライスが人気の「お夢や」さんのある一角です。届け出されている情報では、店舗面積2312㎡、 駐車場85台などとなっています。



株式会社コスモス薬品は、福岡県福岡市博多区に本社を置く企業で、「ディスカウント ドラッグ コスモス」というドラッグストアを九州中心に運営しています。2018年(平成30年)11月末時点における店舗数は953店で、その内大阪府にあるのは23店舗です。2006年(平成18年)5月に東京証券取引所1部上場。


また、同敷地には「ディスカウント ドラッグ コスモス」だけでなく「産直市場 よってって」の看板も既にあがっています。


「産直市場よってって」は、和歌山県田辺市宝来町に本社を置く株式会社プラスが運営する農産物を中心に販売する店舗で、中間コストや時間的なロスをできるだけ省き、「新鮮・安心・安価」な地元産の農産物や加工品を販売するのが特徴だそうです。

南河内初出店のようですが、近くでは和泉中央や天王寺公園の「てんしば」、奈良県の大和高田にあります。


12月中旬、周辺の様子を撮影してきましたが、進捗状況としては鉄骨が組まれ建物の大まかな形がわかるようになっていました。


主な出入口はやはり外環に面した側になりそうです。


ちなみに、裏手にあたる外環から1本西側の道路は大阪府立環境農林水産総合研究所(大阪府立環境農林水産総合研究所農業大学校)、いわゆる「食とみどりの技術センター」に面しています。




【閉店情報】ベビーフェイスプラネッツ 富田林店(富田林市) ・てんとう虫パーク 富田林店も閉店

BABYFACE PLANET'S 富田林店 大阪府富田林市中野町にあるカフェレストラン「ベビーフェイスプラネッツ 富田林店」が、2018年(平成30年)11月25日(日)をもって営業を終了し、閉店します。



ベビーフェイスプラネッツ富田林店は国道170号(旧道)沿いに、2009年(平成21年)12月12日にオープン。異国情緒あふれる店内で提供される大盛りメニューなどが人気のカフェ&レストランで、カラオケやビリヤード、マンガ喫茶・ネットカフェとしても楽しめる「てんとう虫パーク富田林店」と同じ建物に入っています。



ベビーフェイスプラネッツ(BABYFACE PLANET'S)は、奈良県奈良市に本社を置く株式会社ベビーフェイスが運営する洋食レストラン&カフェで、「ベビフェ」の略称で親しまれています。1979年(昭和54年)4月、奈良県奈良市登美ヶ丘にて創業。近畿地方を中心に展開し、奈良県の数店舗以外はフランチャイズとなっています。
ベビーフェイスプラネッツは、街中にいながらバリ島の高級リゾートをイメージした店内で異国情緒あふれる「癒しのカフェレストラン」というコンセプトと、店舗によっては大盛りのオムライスなどの洋食メニューが若者を中心に人気となっています。


また、ベビーフェイスプラネッツ富田林店は、隣接するてんとう虫パーク富田林店を運営する株式会社エンセイによるフランチャイズ店で、てんとう虫パーク富田林店でベビーフェイスプラネッツの料理を楽しむこともできたようです。

株式会社エンセイは、大阪府河内長野市原町に本社を置き、スポーツ施設やアミューズメント施設、飲食店などを運営しています。創業は1997年(平成9年)9月。


●ベビーフェイスプラネッツ →http://babyface-planets.com/

てんとう虫パーク富田林店 その後、年が明けて早々にてんとう虫パーク富田林店も閉店したようです。以下の写真は2019年(平成31年)4月下旬撮影。


3月頃には内装の撤去?も進み、4月下旬にはほとんどの看板がなくなっていました。


●てんとう虫パーク ホームページ →https://tentoumushi-park.com/



【オープン情報】(仮称)アリオ松原(松原市) ・南河内にイトーヨーカドー?オープン時期は?

セブン&アイのSC 以前から松原市にアリオが出来ると聞いていましたが、久しぶりに明るい時間帯に建設予定地の前を通りかかると、以前は畑などがあったところが整地されていました。まだ建物の骨組みなどは見えませんでした。

すぐ北の大和川の対岸は大阪市とはいえ、アリオが完成すれば南大阪エリアでは貴重なショッピングセンターですし、イトーヨーカドーとしても初出店のはずなので気になるところです。



現時点のアリオ松原の計画 まず建設予定地ですが、国道309号線「三宅ランプ北」交差点から西へ(阪神高速大和川線と平行に走る都市計画道路堺松原線を)1km弱行くとある「天美東四」交差点の南東エリアで、敷地面積は約9.2ヘクタールだそうです。近鉄河内天美駅からは北東に約1kmです。

2014年(平成26年)に計画が発表されたときは2017年度(平成29年度)の開業を目指していましたが、埋蔵文化財…古墳などが出土するといういわゆる「大阪(奈良&京都も)あるある」事案などが発生したためたびたび延期され、2017年9月の段階では2019年(平成31年)秋の開業を目指しているようです。



現在のところ、どのようなテナントが出店するのかわかりませんが、少し西にはイオンモール堺北花田や同じくイオンモール堺鉄砲町もあるのでどのように競合して行くのか気になるところです。個人的にはこの辺りにも映画館が欲しいところです。