スキップしてメイン コンテンツに移動

【開店情報】黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) ・ビバホームやアローが出店?

美原にビバホーム?

先日、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」について記事にしましたが、その建設予定地から国道を挟んだ西側でも大規模な開発工事が進んでいます。というか、今回現地を訪れた2019年(令和元年)5月上旬段階で、「(仮称)ららぽーと美原」が計画段階で実質未着工なのに対し、西側エリアではかなり造成工事が進んでいるように見えます。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
黒山西土地区画整理事業(堺市美原区)

今回(通りすがりに)見た工事現場の詳しい場所は、大阪府堺市美原区黒山の、阪和自動車道の下で国道309号と府道36号泉大津美原線の交わる地点(「下黒山」交差点)の南西のエリアで、地図で見ると5月現在、すでに埋め立てられてしまった「蓮池」という池があった付近になります(代わりに南側にため池が出来ているようです)。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
黒山西地区地区計画図

基本的に田んぼとため池のある地域でしたが、今はパチンコ店の「パラダイス」、カー用品店の「オートバックス 美原店」、カフェ「はたち」さんがある一角です。少し北には黒姫山古墳が、東には丹比神社もあります。



黒山西土地区画整理事業

南河内エリアにしては大規模な開発の様なので調べてみると、黒山地区は堺市都市計画マスタープランにおいて美原都市拠点と位置づけられ、「黒山西土地区画整理事業」という堺市の開発事業があり、ここに複数の商業施設の出店が予定されているそうです。これと、前述の「(仮称)ららぽーと美原」を中核とした黒山東地区計画と合わせて、堺市の一大プロジェクトといえます。

2016年(平成28年)の段階では、黒山西土地区画整理事業は、約7.9(後に7.8)ヘクタールのA地区には商業機能、約3.9(後に4.0)ヘクタールのB地区には産業機能を誘致する計画で、工事全体は2019年半ばに完成(事業期間は20年度末まで)させる予定だったようです。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
仮歩道の地図

肝心の出店店舗についてですが、2015年(平成27年)9月頃の情報では、商業施設エリアに、株式会社LIXILビバ(埼玉県さいたま市)が運営するホームセンター「ビバホーム」や、平川商事(大阪府八尾市)のパチンコ店「アロー」、そして現在も営業中のオートバックス美原店を配置する計画があったようです。

現在のところ、区域内の細かいところで変更があったのは確かですが、出店するのがビバホームとアローで決定なのか変更があったのか、確定的な情報は得られませんでした。

現地の様子

以下、2019年5月上旬の現地の様子です。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
パチンコ「パラダイス」

阪和自動車道の下で国道309号と府道36号が交わる「下黒山」から309号を南下すると、まず目立つのがパチンコ店「パラダイス」です。かつてはここの2階にベビーフェイスプラネッツ美原店がありました。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
下黒山交差点の南西側

下黒山交差点とパラダイスの間の田畑も埋め立てられていました。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
パラダイスの駐車場から南西を望む

パラダイスの駐車場からも造成工事がよく見えます。アローが出店するとかつての「ぱちんこ村」のようになるのでしょうか(笑)。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
オートバックスとパラダイスの間の土地

ちょっと妙な形の駐車場(失礼)のオートバックス美原店は建て替えるのかも気になるところ。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
奥に阪和自動車道、右にカフェはたち

(仮称)ららぽーと美原の記事の時同様、国道309号西側にある「カフェはたち」さん近くの歩道橋に上ると建設予定地が見渡せます。あの阪和自動車道の300mほど向こう側には2014年(平成26年)にオープンした「ホームセンタームサシ 美原店」があります。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
事務所

歩道橋の近くに大きな事務所も建っています。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
丸亀製麺の裏から

丸亀製麺堺美原店の裏を走る道路は既に整備が進んでいました。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
美原総合福祉会館・老人福祉センター西側から

堺市立美原総合福祉会館・老人福祉センターや美原保健センターより北側が工事区画となっています。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
府道36号方面から(2019年3月下旬)

阪和自動車道、府道沿いからも造成工事が進んでいるのがわかります。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 1
歩道橋の上から(2019年3月上旬)

計画では東側の「(仮称)ららぽーと美原」より2年ほど早く開業しそうな西地区ですが、不明な点も多いのでもう少し情報が集まればまた見に行ってみたいと思います。藤井寺市のイオン藤井寺ショッピングセンター、松原市の(仮称)松原天美ショッピングセンター(アリオ?)(仮称)イオンタウン松原などと合わせて、南河内エリアでの大型商業施設開店ラッシュがしばらく続きそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

コメント

  1. せっかくの都市計画。税金の投入があるのですから、「拉致被害者を返せ」のポスターを貼るのを拒む業種は、誘致しないで欲しいです。

    返信削除
    返信
    1. 現状、どのような企業が来るのか明確な情報はないようですが、いずれにしても拉致被害者の方々が一刻も早く帰国できることを願います。

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

【開店情報】(仮称)松原天美ショッピングセンター(松原市) ・アリオ松原?の出店予定地の現状

(仮称)松原天美ショッピングセンター 数年前から大阪府松原市にショッピングモール「アリオ」が建設されるという噂があり、実際に松原市天美東3丁目にセブン&アイのSC(ショッピングセンター)出店計画地が確保され看板も立っていました。これは当ブログでも以前に取り上げています。

●2017年11月の記事がこちら →【開店情報】(仮称)アリオ松原(松原市) ・南河内にイトーヨーカドー?オープン時期は?


その後、埋蔵文化財の調査などで長らく建設の動きはありませんでしたが、2019年(令和元年)6月に地元説明会が開催されるなどの動きがあったようなので、改めて情報をまとめてみました。ちなみに、商業施設の名称は「アリオ松原」ではなく「(仮称)松原天美ショッピングセンター」となっています。なお、写真は2019年6月上旬に撮影。



建設予定地 天美B地区と呼ばれていた建設予定地は、かねてからの噂通り「大阪府松原市天美東3丁目500番他51筆」となっています。


具体的に言うと、国道309号や阪神高速14号松原線の三宅出入口から西、大和川の南側で、府道179号(都市計画道路堺松原線)の「天美東4」交差点の南東の一帯です。

建設計画の概要 現地に掲示されている「建築計画の概要」などから(仮称)松原天美ショッピングセンターについて現時点で分かっていることをまとめると...


敷地面積は67212.29㎡で、延床面積は約118000㎡、大規模小売店舗の店舗面積合計は約34000㎡。地上5階建てで高さ30.98m、棟数6棟(本体棟1棟、駐車場・バイク置場5棟)、駐車場収容台数は2130台、駐輪場972台となっており、駐車場の内176台分はシネコン用となっていることから映画館が入るのがわかります。


営業時間は9:00~24:00の予定で、オープンの目安と思われる「大規模小売店舗の新設をする日」は2020年(令和2年)11月1日となっています。なお、テナント数は約200店舗で、工事期間は2019年8月から2020年11月の予定となっています。

株式会社セブン&アイ・クリエイトリンクによる「地球環境に与える影響のミニマム化を図った「環境配慮型SC」の提案」に完成予想図が記載されていました(左上が北と思われます)。PDF→https://www.kenken.go.jp/shouco2/pdf/sympo…

【開店情報】(仮称)イオンタウン松原(松原市) ・新堂4丁目地区まちづくり計画?

松原にイオン? 南河内エリアでの大規模商業施設建設のうわさは色々ありますが、国道309号沿いが特にアツい状況のようで、北は松原市の「(仮称)松原天美ショッピングセンター(アリオ松原?)」から、南は堺市美原区の「(仮称)ららぽーと美原」や「(仮称)ビバホーム美原店」の計画が徐々に明らかになってきています。そういえば春にオープンした「クロスモール富田林」も国道309号沿いでした。


そんな国道309号沿線でもう一つ商業施設が建つとうわさされていたのが松原市新堂地区への「イオン」出店というものです。

●(仮称)イオンタウン松原にホームセンター「ハンズマン」が出店との情報はこちら →【開店情報】(仮称)ハンズマン 松原店(松原市) ・建設中のイオンタウン松原内に出店予定



新堂4丁目地区まちづくり 最も確実性の高そうな松原市の2018年(平成30年)12月13日更新の情報によると、「幹線道路沿道のまちづくりの一環として、国道309号に接している新堂4丁目地区において、地権者の皆さんと一緒にまちづくりに取り組んでいます。」として、2018年7月21日に設立総会が開催され、「松原市新堂4丁目土地区画整理組合」が設立されました。
その設立総会では、業務代行者として戸田建設株式会社大阪支店・イオンタウン株式会社共同企業体が決定され、造成された大街区においてイオンタウンの出店が計画されているそうです。

正確な開業時期については不明ですが、ネットで調べたところ松原市議会の「平成31年度第一回定例会」での発言の中に「今後3年から4年後」にイオンタウンがオープンとの文言がありました。その通りなら2022年か2023年ということでしょうか。

イオンタウン予定地の現状 以下、2019年(令和元年)5月下旬の現地の様子です。実は昨年9月に住民説明会があり、その後しばらく進展はなかったようですが、ちょうど動き始めたのがこの頃だったようです。


新堂4丁目とは、国道309号と都市計画道路新堂南線が交わる「尻ノ池前」交差点の東(ほとんどは北東)側で、主に「きんのぶた 河内松原店」や「錦わらい 松原店」の裏側に当たる地域で、田畑が多く残っていました。

国道309号から見ると、店舗などがあるので「何かちょっと工事をしている」ぐらいにしか思いませんでしたが、結構広範囲がフェンスで囲ってあり、その中は田畑も埋められて…

【開店情報】(仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) ・美原区の大型ショッピングモール予定地の現状

(仮称)ららぽーと美原 以前から「南河内エリアに大型ショッピングモールが出来る」との噂は色々ありましたがなかなか実現せず、藤井寺市のイオン藤井寺ショッピングセンター(旧イオンモール藤井寺)の建て替えはともかく、ようやく松原市の(仮称)松原天美ショッピングセンター(アリオ?)の工事がスタート...と思いきや、進捗状況は当初の予定通りには見えません。

そんな中、かなり具体的なところまで計画が進んでいるようなのが、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」です。


少しネットで検索すると、色々と情報は集まるようですが実際の現地の様子などはイマイチわからなかったので、軽く予定地を視察(笑)してきました。現地写真は2019年(平成31年)3月上旬撮影。



計画概要 「ららぽーと(LaLaPort)」は三井不動産グループの三井不動産商業マネジメント株式会社が運営する大型商業施設で、現在大阪には「ららぽーと和泉」と「ららぽーとEXPOCITY」があります。「三井ショッピングパーク」を冠して呼ぶことも。

(仮称)ららぽーと美原は、「堺市美原区黒山東計画」の一環として作られる商業施設で、国道309号線沿い、阪和自動車美原南インターチェンジからすぐの「下黒山」交差点の南東、美原区役所の北東の現在田畑や池のあるエリアです。

ちなみに、阪和自動車道の北側には黒姫山古墳があり、国道309号を挟んで西側では、先行してビバホームやアローが出店すると噂の「黒山西土地区画整理事業」が進んでいます。

現時点で判明している(仮称)ららぽーと美原の計画概要として、2018年(平成30年)12月の説明会開催結果報告書などによると...

開発区域面積:約84,000㎡
建築面積:約33,000㎡ (駐車場除く) 延床面積:約92,000㎡ (駐車場除く)
建物高さ:商業棟 30.5m(4階建て)、立体駐車場A 29.1m(6階建て7段)、立体駐車場B 15.45m(3階建て4段)
駐車台数:約3,200台
年間来場者想定数:約1,300万人
営業時間:飲食 午前7時から午後11時、物販 午前7時から午後10時、アミューズメント 午前7時から翌午前5時(未定)

着工:2019年10月(予定)
竣工・供用開始:2022年3月(予定)

となっています。

参考までに、最も近いショッピングモールである「イオンモール堺…