スキップしてメイン コンテンツに移動

【開店情報】黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 第3弾 ・(仮称)ビバモール美原南インター絶賛建設中

見えてきたビバモール

大阪府堺市美原区黒山を通る国道309号の西側、阪和自動車道の南側では「黒山西土地区画整理事業」が進められ、「(仮称)ビバモール美原南インター」の建設が始まっていると以前の記事でお伝えしましたが、今回は気になる現地の様子を(少しだけ)撮影してきました。写真は2020年(令和2年)12月中旬撮影。



黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 3
黒山西土地区画整理事業(堺市美原区)

ここでいう黒山西地区とは、黒山西土地区画整理事業で開発が進んでいる堺市美原区黒山の北寄りの地域で、阪和自動車道の高架下で国道309号と府道36号泉大津美原線の交わる「下黒山」交差点の南西のエリアです。

ここにあったパチンコ店「パラダイス」は2019年(令和元年)8月18日に閉店し取り壊されました。そして、パラダイスの南側にあったカー用品店の「オートバックス 美原店」がパラダイス跡地付近に新築移転し2020年10月16日(金)から営業を始めています。カフェ「はたち」さんはそのまま営業中です。


堺市都市計画マスタープランにおいて黒山地区は美原都市拠点と位置づけられ、複数の商業施設の出店が予定されている「黒山西土地区画整理事業」があり、「(仮称)ららぽーと美原」を中核とした黒山東地区計画と合わせて、堺市の一大プロジェクトとなっています。

2019年(令和元年)5月の記事の段階では、黒山西地区の商業施設エリアには埼玉県さいたま市に本社を置く株式会社ビバホーム(2020年11月10日に株式会社LIXILビバから商号変更)が運営するホームセンター「ビバホーム」や、平川商事(大阪府八尾市)のパチンコ店「アロー」、そして既に新店舗で営業しているオートバックス美原店を配置する計画だったようです。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 3
説明会の案内

(仮称)ビバモール美原南インターの地元説明会は2020年12月11日(金)と13日(日)に開催されたようです。その案内に書かれている最新の店舗計画の概要は、大規模小売店舗内の店舗面積の合計が22575㎡、駐車場の収容台数1001台、駐輪場の収容台数1237台、営業時間は最長で6:00~23:00(実際の営業時間ではありません)、駐車場の出入口(自動車)2ヶ所となっています。また、「大規模小売店舗の新設をする日」は2021年(令和3年)7月7日となっていますが、これは開店日とは限りません。

基本的に施設の概要は前回の2020年7月時点の情報とほぼ同じようで、鉄骨3階建ての物販・飲食店舗と、鉄骨平屋建てのロードサイド飲食店舗が建てられるようです。工事期間が2020年6月から2021年9月とすると開店はやはり2021年秋ということになりそうです。

モールに入る店舗はビバホーム以外のテナントは不明ですが、スーパーが入るとの噂がある他、大阪市北区堂島に本社を置く株式会社グラスプが(仮称)ビバモール美原南インター店に医療モール「(仮称)ビバモール美原南インターメディカルゾーン」を出店することになっており、こちらは2021年9月開設予定となっています。

なお、ビバモールは黒山西地区で開発中の敷地の南側のようで、以前の計画通りだとすると北側にパチンコ店ができるのかも知れませんが現時点では不明です。

現地の様子

今回も、前回同様黒山西地区の北東端である「下黒山」交差点から国道309号を南に歩いてみました。現在は、交差点付近からでもすでに建物の建設が始まっている(仮称)ビバモール美原南インターの姿が少し見えます。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 3
(新)オートバックス美原店

前述のように、今年の10月16日(金)からパラダイス跡地付近に移転したオートバックス美原店が真新しい店舗で営業しています。こちらの旧店舗は1997年(平成9年)6月にオープンし、敷地面積は3737㎡でした。新店舗の情報を見ると、敷地面積14478㎡で「複合」となっている他、駐車台数も旧78台に対し新678台で「供用」となっていることから、(仮称)ビバモール美原南インターの北側にオートバックスと駐車場を供用する施設ができるのかもしれません。こちらにパチンコ店が出来るのでしょうか。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 3
南東から

基本的に建設現場は壁で見えませんが、南側の区画道路や公園付近からはメインとなる建物の鉄骨が徐々に組みあがっている状態が見て取れます。

黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 3
歩道橋から

国道309号に架かる歩道橋に上ると、建物の位置と規模、おおよその輪郭が見えつつあるように感じられます。そして、カフェはたちさんとその周辺の敷地はやはりそのままのようです。

昨今の社会情勢から予定が変更になる可能性もあるかもしれません。なお、国道309号を挟んで東側(黒山東地区)の「(仮称)ららぽーと美原」建設予定地でも造成工事も始まっているようです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

コメント

このブログの人気の投稿

【開店情報】都市計画西浦北地区 地区計画(羽曳野市) ・外環沿いにスーパーやドラッグストア、家電量販店が?

西浦北地区 昨年から噂を聞いていた大阪府羽曳野市西浦の商業施設開発計画について、昨年末頃の現地には何も工事が始まる気配などはありませんでしたが、今年後半になって「事前公開の標識」が掲げられている状態となっているので、改めて見学?してきました。 ●2021年(令和3年)5月時点の情報はこちら → 【開店情報】(仮称)羽曳野市西浦複合商業施設計画 第2弾(羽曳野市) ・ヤマダ電機の出店が決定? 都市計画西浦北地区地区計画(羽曳野市) この西浦地区の開発計画は、大阪府が策定した南部大阪都市計画マスタープランに基づき、羽曳野市が「西浦北地区 地区計画」として2020年(令和2年)2月に公表しています。 外環側の「事前公開の標識」 西浦北地区地区計画が開発が予定されているのは羽曳野市西浦二丁目地内で、具体的には国道170号(外環状線)の東側で、「ユニクロ 羽曳野西浦店」の北、大阪府立西浦支援学校南側の約2.7haの土地です。 この少し南側には、数年前に「西浦地区地区計画」により、スーパーの「ライフ 羽曳野西浦店」(2015年9月30日)やホームセンターの「コーナン 羽曳野西浦店」(2015年7月22日)がオープンしています。 現地の「事前公開の標識」によると、ここには①飲食店、②ドラッグストア、③スーパーマーケット、④家電量販店、⑤飲食店が出来るようで、飲食店は木造、その他は鉄骨造となっています。延べ床面積は③スーパーマーケットが約2630㎡、最も大きい④家電量販店が約4546㎡となるようです。 ちなみに、ライフ羽曳野西浦店の売場面積は1324㎡、コーナン羽曳野西浦店の売場面積は6291㎡で、駐車場はそれぞれ44台と324台となっています。 西側から(2020年12月) 2020年12月時点では実質的な工事はまだ始まっておらず、単なる空き地のようです。 西側から(2019年11月) 昨年(2019年)はまだ外環沿いの田んぼで稲作が行われていたようです。 東側から

【開店情報】(仮称)スターバックスコーヒー DT河内長野店(河内長野市) ・外環沿い左近跡地にスタバ

STARBUCKS 大阪府河内長野市高向の国道170号(外環状線)沿いにコーヒーチェーン店の「(仮称)スターバックスコーヒー DT河内長野店」がオープン予定です。開店時期は未定ながら、現地には「開発計画に関する標識」が設置されています。写真は2021年(令和3年)1月上旬撮影。 ●2021年4月下旬の現地の様子はこちら(記事後半) → 【開店情報】アウトドアショップ フィールドジャック(河内長野市) ・南河内発のアウトドア専門店がオープン (仮称)スターバックスコーヒーDT河内長野店(河内長野市) (仮称)スターバックスコーヒーDT河内長野店の出店場所は河内長野市内を通る国道170号(外環状線)沿いで、2020年(令和2年)4月19日をもって閉店した焼肉店「バイキング左近 河内長野店」の跡地です。外環状線が国道371号バイパスと交差する「上原町」交差点から南に約250m、「 道の駅 奥河内くろまろの郷 」から750mほど北になります。なお、建物は取り壊されているので居抜きではなく新築です。 南河内地域のスターバックスとしては、クロスモール富田林店(富田林市)、イオン藤井寺ショッピングセンター店(藤井寺市)に次いで3店舗目です。 現在の(仮称)スターバックスコーヒーDT河内長野店の建設予定地は更地となっていますが、2020年12月17日に設置された「開発計画に関する標識」や「計画概要」が掲示されています。現時点ではまだ公式のホームページなどに情報は掲載されていませんでした。 開発計画に関する標識 計画概要を見ると、開発事業の区域面積は2645.82㎡。敷地南側に建てられる店舗は鉄筋造平屋建で建築面積223.68㎡、延べ床面積208.49㎡となっています。また、仮店名に「DT」とあるようにドライブスルーが設けられるようです。 予定地北側から スターバックスでは近年、木造店舗出店の取り組みを行なっており、ホームページにも「環境負荷を低減し、木材資源の循環に貢献しながら、豊かな自然の未来に思いをはせるきっかけをつくれるよう、二酸化炭素を固定する機能があり、建築材製

【開店情報】油甚(あぶらじん) 羽曳野店(羽曳野市) ・泉州の名物店が外環沿いに!

あぶらじん 大阪府羽曳野市西浦に、泉州方面でお馴染みの食料品店(リカーショップ?)「油甚(あぶらじん) 羽曳野店」がオープンします。開店日は2019年(令和元年)9月下旬予定です。写真は一部を除き9月中旬撮影。 ※追記 オープンは2019年9月26日(木)午前9:30になりました。 あぶらじん羽曳野店(羽曳野市) あぶらじん羽曳野店の場所は、「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの国道170号(外環状線)沿い西側で、南隣は「西浦フットサルスペース」、北にはカー用品店「FIVE MART」さんや元家具店digだった建物があります。「サイクルワールド 羽曳野店」のほぼ向かい。 有限会社油甚は大阪府貝塚市加神に本社を置く企業で、泉州地域を中心に出店しており、南河内地域では河内長野店、松原店があります。 「酒・米・飲料水・食品」 品揃えはお酒や飲料、お菓子や加工食品中心で、ディスカウントスーパー?のイメージでしょうか。 店舗正面から オープン2日前の様子 なお、あぶらじん羽曳野店予定地の近くには、サンディ羽曳野西浦店、ライフ羽曳野西浦店、クニーズ・南河生鮮市場、産直市場よってって羽曳野店といったスーパーや食料品店が集まっています。 2019年3月の様子 ちなみにこの場所は元々田畑で、昨年末には工事が進み、春には建物がほぼ完成していました。 アクセス 南阪奈道路の下を国道170号(外環状線)がくぐる「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの外環沿い西側。ライフやコーナン、ケンタッキー・フライド・チキンのある「西浦」交差点からは南に300mほどですが、北行き車線からは入れません。

【開店情報】マクドナルド 309富田林店(富田林市) 第2弾 ・オープン日が決定!

マクドナルド 309富田林 大阪府富田林市西板持町の国道309号沿いにオープン予定のハンバーガーチェーン店「マクドナルド」は順調に工事が進んでいるようですが、現在、開店予定日の告知とオープニングスタッフ募集の横断幕が張られています。 なお、店名は前回の記事で予想していた「マクドナルド 309富田林板持店」より少し短く「マクドナルド 309富田林店」となったようです。写真は2021年(令和3年)2月中旬撮影。 ●前回の記事はこちら → 【開店情報】(仮称)マクドナルド 309富田林板持店(富田林市) ・クロスモール富田林隣に建設予定 マクドナルド 309富田林店(富田林市) 現在、建設現場に掲示されているマクドナルド309富田林店のグランドオープンの予定日は2021年4月14日(日)となっています。 マクドナルド公式の スタッフ(クルー)募集ページ によると、309富田林店は富田林初となるマックカフェ併設の店舗で、バリスタの淹れた美味しいコーヒーを楽しめるお店となり、クルーは24時間幅広い時間で募集しているようです。 マクドナルド309富田林店の建設地は、2019年(平成31年)3月15日にオープンした富田林市大字彼方(おちかた)のショッピングモール「 クロスモール富田林 」の東隣で、国道309号を挟んだ北側には昨年8月にディスカウントスーパーの「 スーパーセンタートライアル 富田林店 」がオープンしています。 西側から マクドナルド309富田林店はまだ2階建ての建物の大きさが何となくわかる段階で、どのような外観になるのか不明です。 富田林市と河南町や千早赤阪村を結ぶ主要道路である国道309号沿いの石川右岸地区には近年、ケーズデンキ、ユニクロ、GU、スターバックスコーヒー、スーパーセンタートライアルがオープンしましたが、現状飲食店はスタバしかありません。 なお、富田林市内のマクドナルドは外環富田林店とエコールロゼ店の2店舗があります。 ●日本マクドナルド 公式サイト → https://www.mcdonalds.co.jp/ 2021年1月時点の様子 アクセス 国道309号が国道170号(外環状線)と交わる「新家」交差点から約1.6km、国道170号(旧道)の「川西南」交差点からは1kmほど東となりま