スキップしてメイン コンテンツに移動

【開店情報】(仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) ・美原区の大型ショッピングモール予定地の現状

(仮称)ららぽーと美原

以前から「南河内エリアに大型ショッピングモールが出来る」との噂は色々ありましたがなかなか実現せず、藤井寺市のイオン藤井寺ショッピングセンター(旧イオンモール藤井寺)の建て替えはともかく、ようやく松原市の(仮称)松原天美ショッピングセンター(アリオ?)の工事がスタート...と思いきや、進捗状況は当初の予定通りには見えません。

そんな中、かなり具体的なところまで計画が進んでいるようなのが、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」です。

開店情報 (仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) 1
美原新拠点黒山地区東ブロックまちづくり対象区域図

少しネットで検索すると、色々と情報は集まるようですが実際の現地の様子などはイマイチわからなかったので、軽く予定地を視察(笑)してきました。現地写真は2019年(平成31年)3月上旬撮影。



計画概要

「ららぽーと(LaLaPort)」は三井不動産グループの三井不動産商業マネジメント株式会社が運営する大型商業施設で、現在大阪には「ららぽーと和泉」と「ららぽーとEXPOCITY」があります。「三井ショッピングパーク」を冠して呼ぶことも。

(仮称)ららぽーと美原は、「堺市美原区黒山東計画」の一環として作られる商業施設で、国道309号線沿い、阪和自動車美原南インターチェンジからすぐの「下黒山」交差点の南東、美原区役所の北東の現在田畑や池のあるエリアです。

ちなみに、阪和自動車道の北側には黒姫山古墳があり、国道309号を挟んで西側では、先行してビバホームやアローが出店すると噂の「黒山西土地区画整理事業」が進んでいます。
開店情報 (仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) 1
黒山東地区地区計画平面図

現時点で判明している(仮称)ららぽーと美原の計画概要として、2018年(平成30年)12月の説明会開催結果報告書などによると...

開発区域面積:約84,000㎡
建築面積:約33,000㎡ (駐車場除く)
延床面積:約92,000㎡ (駐車場除く)
建物高さ:商業棟 30.5m(4階建て)、立体駐車場A 29.1m(6階建て7段)、立体駐車場B 15.45m(3階建て4段)
駐車台数:約3,200台
年間来場者想定数:約1,300万人
営業時間:飲食 午前7時から午後11時、物販 午前7時から午後10時、アミューズメント 午前7時から翌午前5時(未定)

着工:2019年10月(予定)
竣工・供用開始:2022年3月(予定)

となっています。

参考までに、最も近いショッピングモールである「イオンモール堺北花田」は、敷地面積58,000㎡、延床面積172,000㎡、駐車台数約2,800台、店舗数約160です。

前出の説明会の質疑応答の概要を見ると、商業施設のイメージは「ららぽーと和泉」のイメージですが、名称は「ららぽーと」とは決定していない。店舗構成は未定で開業の1年半から1年前頃に検討するので、現在はアミューズメント施設やシネマコンプレックスが入るかは未定のようです。
また、車で行くには交通の便は良いものの、最寄りの鉄道駅である南海高野線「萩原天神」駅からでも直線距離で約2.4kmあるのでバスの利用が考えられますが、バス会社との協議はこれからとのこと。

現地の様子

以下、2019年3月現在の建設予定地の様子です。

開店情報 (仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) 1
西側から見た北東の景色

国道309号西側にある「カフェはたち」さん前の歩道橋に上ると建設予定地が見渡せます。

開店情報 (仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) 1
西側から見た東の景色

平面図によると、計画地にある池の北側を通る道路より南側、美原区役所別館より北側、国道309号より東側、市道黒山南北線より西側のエリアが建設予定地となります。

開店情報 (仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) 1
西側から見た南東の景色

歩道橋上から北東、東、南東に向かって撮影してみましたが、現状大規模な工事などはまだ行われていません。なお、歩道橋から西を見ると別の大規模工事が...

開店情報 (仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) 1
美原区役所別館の東側

国道309号「美原区役所前」交差点から東の美原中学校や黒山警察署方面への道路沿いは変化なさそうです。

開店情報 (仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) 1
東側から見た北西の景色

予定地東側にある美原郵便局はそのまま残りそうです。

開店情報 (仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) 1
美原郵便局の南側で工事

郵便局から少し南側では予備的な工事?で道路が迂回する形になっていました。

開店情報 (仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) 1
池の北側(池の移設予定地付近)

少し北側の府道190号から建設予定地にある池の方に向かうと、池の移設予定地付近で調査の様な工事の様な...何かが行われていました。

開店情報 (仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) 1
水鳥の憩いの場

池は埋め立てられるようですが、今は沢山の水鳥が。

開店情報 (仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) 1
区役所別館北側の土地

池の南側も臨時駐車場として使われるような広場以外は田畑でした。

開店情報 (仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) 1
「開発行為等に係る計画に関する説明会のお知らせ」

様々な情報が記載されている「開発行為等に係る計画に関する説明会のお知らせ」は建設予定地西側の国道309号沿いに掲示されていました。

なお、郵便局以外にも、周辺にあるしまむら黒山店、家系ラーメン町田商店美原黒山店、じゅうじゅうカルビ美原店、かっぱ寿司堺美原店、すき家堺黒山店などは予定地からは外れているようです。

以上のように、現在は商業施設の工事はまだ始まっていませんが、準備は進んでいるようです。商業施設に入る店舗の数や種類などまだまだ未定な部分が多いものの、美原区中心部が大きく変わって行く雰囲気はありました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

コメント

このブログの人気の投稿

イオンの「2019 のりものシリーズTシャツ」 ・今年も夏はAEONで車T!

車好きもバイク好きも! 昨年も今頃の時期にイオンで販売されていた「のりものシリーズ」なる一連のTシャツですが、今年も新たなラインナップで店頭に登場していました。

正確には「2019 のりものシリーズTシャツ」というこのTシャツシリーズは、イオンのカジュアルファッションブランドの一つ「ダブルフォーカス(Doublefocus)」から発売されているもので、2017年のラインナップは「自動車と電車」の組み合わせ、2018年は「自動車とバイク」の組み合わせというラインナップでした。


2019年のラインナップ 2018年のシリーズにもバイクはあったものの、「名車・旧車・過去に人気のあった車両や限定車などをピックアップ。往年の名車がTシャツのプリントで勢揃いしています。プリントデザインも、ロゴのみでは無く、車両の特徴やデザインを表現した有りそうでないデザインがコンセプトです。」と紹介されていた通り、日産:歴代GT-R、シルビア、トヨタ:スープラ、MR2、レビン、ホンダ:NSX、S2000、インテグラTYPE-R、シビックTYPE-R、三菱自動車:GTO、ランサーエボリューション、マツダ:コスモスポーツ、ロードスター、RX-7といった、一定の年代のクルマ好きが歓喜しそうなチョイスでした。



一方で、2019年のシリーズを見ると、クルマは日産:GT-R、トヨタ:AE86、マツダ:RX-7の系統ぐらいで、あとはスズキ、ヤマハのバイクの種類が増えているようです。


現在販売中の車種は、日産:フェアレディZ300ZX、スカイラインGT-R(R34)、NISMOR34GT-RZ-tune、トヨタ:カローラレビンAE86、マツダ:RX-7、スズキ:KATANA、GSX250R、V-Strom250、GSR750、ヤマハ:RZ250、SR400、TZR250、SEROW225となっていて、5月下旬に日産:ハコスカ、フェアレディ(紫)が登場する予定です。

これらは、全国のイオン系列の取り扱い店で販売されている他、以下のサイトなどでも購入できます。なお、こちらのサイトでは過去のシリーズの一部在庫品が格安で販売されているので早い者勝ちで掘り出し物をゲットできるかもしれません。
また、企業コラボや野球コラボといったオモシロTシャツもあるので気になる方はチェックしてみてください。

●イオンリテール ファッシ…

【開店情報】油甚(あぶらじん) 羽曳野店(羽曳野市) ・泉州の名物店が外環沿いに!

あぶらじん 大阪府羽曳野市西浦に、泉州方面でお馴染みの食料品店(リカーショップ?)「油甚(あぶらじん) 羽曳野店」がオープンします。開店日は2019年(令和元年)9月下旬予定です。写真は一部を除き9月中旬撮影。

※追記 オープンは2019年9月26日(木)午前9:30になりました。


あぶらじん羽曳野店の場所は、「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの国道170号(外環状線)沿い西側で、南隣は「西浦フットサルスペース」、北にはカー用品店「FIVE MART」さんや元家具店digだった建物があります。「サイクルワールド 羽曳野店」のほぼ向かい。



有限会社油甚は大阪府貝塚市加神に本社を置く企業で、泉州地域を中心に出店しており、南河内地域では河内長野店、松原店があります。


品揃えはお酒や飲料、お菓子や加工食品中心で、ディスカウントスーパー?のイメージでしょうか。



なお、あぶらじん羽曳野店予定地の近くには、サンディ羽曳野西浦店、ライフ羽曳野西浦店、クニーズ・南河生鮮市場、産直市場よってって羽曳野店といったスーパーや食料品店が集まっています。


ちなみにこの場所は元々田畑で、昨年末には工事が進み、春には建物がほぼ完成していました。

アクセス 南阪奈道路の下を国道170号(外環状線)がくぐる「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの外環沿い西側。ライフやコーナン、ケンタッキー・フライド・チキンのある「西浦」交差点からは南に300mほどですが、北行き車線からは入れません。



【開店情報】黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) ・ビバホームやアローが出店?

美原にビバホーム? 先日、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」について記事にしましたが、その建設予定地から国道を挟んだ西側でも大規模な開発工事が進んでいます。というか、今回現地を訪れた2019年(令和元年)5月上旬段階で、「(仮称)ららぽーと美原」が計画段階で実質未着工なのに対し、西側エリアではかなり造成工事が進んでいるように見えます。


今回(通りすがりに)見た工事現場の詳しい場所は、大阪府堺市美原区黒山の、阪和自動車道の下で国道309号と府道36号泉大津美原線の交わる地点(「下黒山」交差点)の南西のエリアで、地図で見ると5月現在、すでに埋め立てられてしまった「蓮池」という池があった付近になります(代わりに南側にため池が出来ているようです)。


基本的に田んぼとため池のある地域でしたが、今はパチンコ店の「パラダイス」、カー用品店の「オートバックス 美原店」、カフェ「はたち」さんがある一角です。少し北には黒姫山古墳が、東には丹比神社もあります。



黒山西土地区画整理事業 南河内エリアにしては大規模な開発の様なので調べてみると、黒山地区は堺市都市計画マスタープランにおいて美原都市拠点と位置づけられ、「黒山西土地区画整理事業」という堺市の開発事業があり、ここに複数の商業施設の出店が予定されているそうです。これと、前述の「(仮称)ららぽーと美原」を中核とした黒山東地区計画と合わせて、堺市の一大プロジェクトといえます。

2016年(平成28年)の段階では、黒山西土地区画整理事業は、約7.9(後に7.8)ヘクタールのA地区には商業機能、約3.9(後に4.0)ヘクタールのB地区には産業機能を誘致する計画で、工事全体は2019年半ばに完成(事業期間は20年度末まで)させる予定だったようです。


肝心の出店店舗についてですが、2015年(平成27年)9月頃の情報では、商業施設エリアに、株式会社LIXILビバ(埼玉県さいたま市)が運営するホームセンター「ビバホーム」や、平川商事(大阪府八尾市)のパチンコ店「アロー」、そして現在も営業中のオートバックス美原店を配置する計画があったようです。

現在のところ、区域内の細かいところで変更があったのは確かですが、出店するのがビバホームとアローで決定なのか変更があったのか、確定的な情報は得られませんでした。

現地の様子 以下、2019年5月上旬…

【開店情報】(仮称)トライアル 富田林店(富田林市) ・クロスモール富田林に続く商業施設

富田林にトライアル 2019年(平成31年)2月28日(木)に「ケーズデンキ クロスモール富田林店」が先行オープンした大阪府富田林市彼方(おちかた)のショッピングモール「クロスモール富田林」は、その他のユニクロ、GU、スターバックスコーヒーの開店日も3月15日(金)と決まり、全店舗オープンまであと1週間となりました。

●2019年末時点での(仮称)トライアル富田林店の建設状況等はこちら →【開店情報】(仮称)トライアル 富田林店(富田林市) ・2019年末時点での建設中の様子

●【関連情報】クロスモール富田林(富田林市) 第3弾 →https://kyouhakore.blogspot.com/2019/02/blog-post_27.html


そんなクロスモール富田林建設の噂が出始めたのとほぼ同時期から話題となっていたディスカウントスーパー「(仮称)トライアル 富田林店」出店の話。国道309号線を走っていても、建設予定地であるクロスモールの向かいの土地に何の動きもないようなので、現地調査(笑)してきました。

その前に、富田林市に出来るトライアルについて軽くネットで検索してみると、今年公開(更新)された記事でも「クロスモール富田林内にオープン」や「2019年4月オープン」と断定気味に書いてある記事もいくつかありました。



トライアルとは
株式会社トライアルカンパニーは福岡県福岡市東区に本社を置く企業で、ディスカウント業態を中心に事業展開していますが、小売業以外にも、IT、物流、商品開発、製造などを手がけています。創業期はソフトウェア構築やパソコン販売が主力事業だった流通業界では少し異色の企業ともいえます。

2019年3月現在、四国を除く各地方に出店しており、大阪府下には7店舗あります。南河内から最も近いのは和泉市にあるスーパーセンター和泉店。トライアルでは、ほとんどの店舗が24時間営業を行っていますが、富田林に出来る新店が24時間営業になるかは不明です。

●トライアルカンパニー 公式サイト →http://www.trial-net.co.jp/

現地レポート (仮称)トライアル富田林店の建設予定地はクロスモール富田林から国道309号を挟んで北側のエリアで、住所でいうと富田林市西板持町4丁目になります。両商業施設は南部大阪都市計画の一環として計画されたそうです。


国道3…