スキップしてメイン コンテンツに移動

【道の駅探訪】道の駅 ちはやあかさか(千早赤阪村) ・「日本一かわいい」道の駅がリニューアル

道の駅 ちはやあかさか

2017年12月訪問(2018年追記あり)
道の駅ちはやあかさかは大阪府南河内郡千早赤阪村にある道の駅です。大阪府唯一の村として有名な千早赤阪村における観光の拠点の一つで、「大楠公」として知られる楠木正成誕生地のすぐそばにあります。
現在の道の駅制度が始まった1993年(平成5年)4月22日の第1号登録で登録された全国103ヶ所の道の駅の内の一つで、当然ながら大阪府で最も古い道の駅となっています。

道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)
道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)

道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)
2018年3月以前の様子

立地としては周りを棚田などに囲まれた長閑な風景で、金剛山を背にした高台の上にあります。千早赤阪村役場からは、千早川を渡り坂を上るものの、東に300mほどの距離です。



一見民家のような売店のある建物が道の駅の中心施設で、小さく、コンパクトであることから、別名「日本一かわいい道の駅」と謳っています。売店では地元産を中心とした野菜や土産物などが売られ、外にテーブルと椅子などがあり、ドライバーやハイカーの休憩ポイントとなっています。売店の2階は展望台になっていて、金剛山や葛城山などを見ることのできる絶好の場所です。

道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)
道の駅ちはやあかさか案内板(撤去済み)
道の駅ちはやあかさかの売店前駐車場は15台ほどの駐車スペースしかありませんが、70mほど北西のくすのきホール(楠公誕生地・郷土資料館)側から入ると広くて入りやすい大きな駐車場とトイレなどがあります。

2018年リニューアル

1996年(平成8年)にオープンした道の駅ちはやあかさかの売店は、2018年(平成30年)3月25日(日)をもって一旦閉店しました。(2018年3月7日追記)

道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)
売店の一時閉店の案内

道の駅ちはやあかさかは、リニューアルに向けて施設内容等を検討していくこととなりました。その間、「一般社団法人ちはやあかさかくらす(Facebookにリンク)」により1年間暫定的に運営されることになりました。

2018年4月8日(日)は10時からオープニングイベントが開催され多くの人で賑わいました。9日(月)からは通常営業です。

道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)
生まれ変わった売店

主な変更点は、店頭の新鮮野菜売り場がお洒落に拡大リニューアルされ、地場野菜のアピール力が増しました(アイスの自販機などは撤去されたようです)。

道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)
地元の野菜コーナー

売店内も生まれ変わり、地元千早赤阪村の特産品コーナーのみならず、南河内エリア各市町村の代表的食品などを取り揃えたコーナーも設置されました。
1階奥の「村カフェ」では村の野菜を使ったお結びやスープといった軽食から、ソフトクリーム、濃厚チーズケーキ、いちごソーダ、ハンドドリップコーヒーなどが販売され、2階や外の席でゆっくり味わえます。まさに「すごせる道の駅」。

道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)
千早赤阪村の名産品

地元産の農産物だけでなく、パンやお菓子、名水蒟蒻といった千早赤阪村産、あるいは南河内のお土産が充実したのは嬉しいところです。

道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)
南河内のお土産

さらに、道の駅ちはやあかさかでは毎週火曜は「コープお買い物便の日」、水曜は「移動スーパーとくし丸の日」、金曜は「パンの日」などの企画も予定されているようです。

道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)
リニューアルしたトイレ

また、楠公誕生地の側にあるトイレも一新され、新しく清潔感のあるお手洗いに生まれ変わりました。(2018年4月11日追記)

施設概要

●24時間利用可能施設
  • 駐車場 77台(大型車2台、普通車75台(身障者用2台含む)) ※売店前は普通車15台ほどしかとめられません。
  • 公衆電話
  • トイレ、身障者用トイレ
  • 自動販売機
●施設営業時間(定休日:なし ※ただし、8月のお盆期間、年末年始は休業)
  • 売店 9:00~17:00 (営業時間は短縮する場合あり)

道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)
大楠公楠木正成と久子夫人?

道の駅周辺

道の駅ちはやあかさかは、くすのきホール、楠公誕生地、郷土資料館などと合わせるとなかなかの広さと見所がありますが、周辺にも徒歩圏内に観光スポットがいくつかあります。
まず、道の駅から田んぼのあぜ道を通って100mほど北に行くと「楠公産湯の井戸」があり、約400m南には奉建塔があります。その下は「スイセンの丘」とも呼ばれる冬の必見ポイントです。
また、道の駅の南東約700mには建水分神社、800mほど南西には「下赤阪の棚田」があります。

道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)
改装前の売店と展望台を兼ねる建物(村道水分延命寺線より)

アクセス

千早赤阪村全体から見ると玄関口といってもいい位置にありますが、国道309号線など主要な道路からは少し入ったところにあります。

大阪、富田林方面からは国道309号線を奈良(御所)方面へ。道の駅かなんを越え「神山南」交差点を右折します。2kmほど道なりに進むと大きく右にカーブしているので、その先を右折(看板あり)、約200m先を右折すると少し先の左側にあります。

道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)
楠公誕生地側から見た道の駅


奈良県御所市方面からは水越峠を越え、国道309号線を大阪方面へ。府道27号線との分岐(府道の方が本線扱いのようですので注意)を左に入り、建水分神社の前を通って300m弱で再び分岐があるので左に。約200m先を右折すると少し先の左側にあります。

道の駅 ちはやあかさか(南河内郡千早赤阪村)
新しく設置された看板

近鉄長野線富田林駅より金剛バス「森屋」バス停下車徒歩約10分、または「役場前バス停」下車徒歩約5分です。

2018年に新設された「楠公誕生地前」バス停が道の駅に隣接しており便利です。


●道の駅 ちはやあかさか →http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/osaka/chihayaakasaka.html

●千早赤阪村 道の駅 ちはやあかさか →http://www.vill.chihayaakasaka.osaka.jp/kankouannai-7.html

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

コメント

このブログの人気の投稿

【開店情報】あずさ珈琲 藤井寺店(藤井寺市) ・山のカフェ&レストランが南河内に進出

あずさ珈琲 大阪府藤井寺市北岡に、カフェ&レストラン「あずさ珈琲 藤井寺店」がオープンします。現時点では2019年(令和元年)11月オープン予定となっています。写真は10月上旬撮影。

※オープンは11月1日(金)となりました。


「あずさ珈琲 藤井寺店」がオープンするのは、藤井寺市役所の少し西で、藤井寺駅やイオン藤井寺ショッピングセンターからも徒歩圏内の府道12号堺大和高田線(ヤマタカ線)沿い、「紳士服はるやま 藤井寺店」があった場所です。今回は店舗も建て替えということで、紳士服チェーンっぽい建物ではなく赤い屋根が目立つ「あずさ珈琲」っぽい建物になっています。



「あずさ珈琲」は株式会社KRフードサービスが運営するカフェ&レストランです。KRフードサービスは、1974年(昭和49年)に大阪ガスの100%出資にて設立された近畿冷熱株式会社(冷凍食品でお馴染みとなるキンレイ)が前身で、外食部門が分離した現在は「和食しゃぶしゃぶ かごの屋」などを展開中。「あずさ珈琲」は2017年(平成29年)から。現在は株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスが親会社。


「あずさ珈琲」は、山小屋をイメージした店内で、香り高い珈琲や手間隙をかけた料理を楽しめるというコンセプトのチェーン。関西を中心に数店舗展開中で、南河内には初進出のようです。店舗名の表記は「上高地 あずさ珈琲」となっていることが多いようです。

なお、競合しそうな大きめの郊外型店舗のカフェとしては、あずさ珈琲藤井寺店の800mほど西にコナズ珈琲藤井寺があります。

●上高地あずさ珈琲 ホームページ 藤井寺店 →https://kagonoya.food-kr.com/shop/detail/0889

アクセス 国道170号(外環状線)「沢田」交差点から西に約900m、藤井寺市役所から西に約100m、イオン藤井寺ショッピングセンターからは東に200m少々の府道12号堺大和高田線沿い北側。裏手に藤井寺市立市民総合会館パープルホールがあります。



【開店情報】油甚(あぶらじん) 羽曳野店(羽曳野市) ・泉州の名物店が外環沿いに!

あぶらじん 大阪府羽曳野市西浦に、泉州方面でお馴染みの食料品店(リカーショップ?)「油甚(あぶらじん) 羽曳野店」がオープンします。開店日は2019年(令和元年)9月下旬予定です。写真は一部を除き9月中旬撮影。

※追記 オープンは2019年9月26日(木)午前9:30になりました。


あぶらじん羽曳野店の場所は、「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの国道170号(外環状線)沿い西側で、南隣は「西浦フットサルスペース」、北にはカー用品店「FIVE MART」さんや元家具店digだった建物があります。「サイクルワールド 羽曳野店」のほぼ向かい。



有限会社油甚は大阪府貝塚市加神に本社を置く企業で、泉州地域を中心に出店しており、南河内地域では河内長野店、松原店があります。


品揃えはお酒や飲料、お菓子や加工食品中心で、ディスカウントスーパー?のイメージでしょうか。



なお、あぶらじん羽曳野店予定地の近くには、サンディ羽曳野西浦店、ライフ羽曳野西浦店、クニーズ・南河生鮮市場、産直市場よってって羽曳野店といったスーパーや食料品店が集まっています。


ちなみにこの場所は元々田畑で、昨年末には工事が進み、春には建物がほぼ完成していました。

アクセス 南阪奈道路の下を国道170号(外環状線)がくぐる「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの外環沿い西側。ライフやコーナン、ケンタッキー・フライド・チキンのある「西浦」交差点からは南に300mほどですが、北行き車線からは入れません。



【開店情報】(仮称)イオンタウン松原(松原市) ・新堂4丁目地区まちづくり計画?

松原にイオン? 南河内エリアでの大規模商業施設建設のうわさは色々ありますが、国道309号沿いが特にアツい状況のようで、北は松原市の「(仮称)松原天美ショッピングセンター(アリオ松原?)」から、南は堺市美原区の「(仮称)ららぽーと美原」や「(仮称)ビバホーム美原店」の計画が徐々に明らかになってきています。そういえば春にオープンした「クロスモール富田林」も国道309号沿いでした。


そんな国道309号沿線でもう一つ商業施設が建つとうわさされていたのが松原市新堂地区への「イオン」出店というものです。

●(仮称)イオンタウン松原にホームセンター「ハンズマン」が出店との情報はこちら →【開店情報】(仮称)ハンズマン 松原店(松原市) ・建設中のイオンタウン松原内に出店予定



新堂4丁目地区まちづくり 最も確実性の高そうな松原市の2018年(平成30年)12月13日更新の情報によると、「幹線道路沿道のまちづくりの一環として、国道309号に接している新堂4丁目地区において、地権者の皆さんと一緒にまちづくりに取り組んでいます。」として、2018年7月21日に設立総会が開催され、「松原市新堂4丁目土地区画整理組合」が設立されました。
その設立総会では、業務代行者として戸田建設株式会社大阪支店・イオンタウン株式会社共同企業体が決定され、造成された大街区においてイオンタウンの出店が計画されているそうです。

正確な開業時期については不明ですが、ネットで調べたところ松原市議会の「平成31年度第一回定例会」での発言の中に「今後3年から4年後」にイオンタウンがオープンとの文言がありました。その通りなら2022年か2023年ということでしょうか。

イオンタウン予定地の現状 以下、2019年(令和元年)5月下旬の現地の様子です。実は昨年9月に住民説明会があり、その後しばらく進展はなかったようですが、ちょうど動き始めたのがこの頃だったようです。


新堂4丁目とは、国道309号と都市計画道路新堂南線が交わる「尻ノ池前」交差点の東(ほとんどは北東)側で、主に「きんのぶた 河内松原店」や「錦わらい 松原店」の裏側に当たる地域で、田畑が多く残っていました。

国道309号から見ると、店舗などがあるので「何かちょっと工事をしている」ぐらいにしか思いませんでしたが、結構広範囲がフェンスで囲ってあり、その中は田畑も埋められて…

【開店情報】(仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) ・美原区の大型ショッピングモール予定地の現状

(仮称)ららぽーと美原 以前から「南河内エリアに大型ショッピングモールが出来る」との噂は色々ありましたがなかなか実現せず、藤井寺市のイオン藤井寺ショッピングセンター(旧イオンモール藤井寺)の建て替えはともかく、ようやく松原市の(仮称)松原天美ショッピングセンター(アリオ?)の工事がスタート...と思いきや、進捗状況は当初の予定通りには見えません。

そんな中、かなり具体的なところまで計画が進んでいるようなのが、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」です。


少しネットで検索すると、色々と情報は集まるようですが実際の現地の様子などはイマイチわからなかったので、軽く予定地を視察(笑)してきました。現地写真は2019年(平成31年)3月上旬撮影。



計画概要 「ららぽーと(LaLaPort)」は三井不動産グループの三井不動産商業マネジメント株式会社が運営する大型商業施設で、現在大阪には「ららぽーと和泉」と「ららぽーとEXPOCITY」があります。「三井ショッピングパーク」を冠して呼ぶことも。

(仮称)ららぽーと美原は、「堺市美原区黒山東計画」の一環として作られる商業施設で、国道309号線沿い、阪和自動車美原南インターチェンジからすぐの「下黒山」交差点の南東、美原区役所の北東の現在田畑や池のあるエリアです。

ちなみに、阪和自動車道の北側には黒姫山古墳があり、国道309号を挟んで西側では、先行してビバホームやアローが出店すると噂の「黒山西土地区画整理事業」が進んでいます。

現時点で判明している(仮称)ららぽーと美原の計画概要として、2018年(平成30年)12月の説明会開催結果報告書などによると...

開発区域面積:約84,000㎡
建築面積:約33,000㎡ (駐車場除く) 延床面積:約92,000㎡ (駐車場除く)
建物高さ:商業棟 30.5m(4階建て)、立体駐車場A 29.1m(6階建て7段)、立体駐車場B 15.45m(3階建て4段)
駐車台数:約3,200台
年間来場者想定数:約1,300万人
営業時間:飲食 午前7時から午後11時、物販 午前7時から午後10時、アミューズメント 午前7時から翌午前5時(未定)

着工:2019年10月(予定)
竣工・供用開始:2022年3月(予定)

となっています。

参考までに、最も近いショッピングモールである「イオンモール堺…