スキップしてメイン コンテンツに移動

【開店情報】大堀の道路休憩施設と商業施設(松原市) ・スーパーと道の駅のような何か?

大堀に道の駅風施設?

大阪府松原市の大堀といえば、大和川の南側で近畿自動車道、西名阪自動車道、阪和自動車道、阪神高速14号松原線を接続する松原ジャンクションがあることで知られています。

松原ジャンクションでは高架道路である高速道路が様々な方向につながっていますが、平面道路の一般道も複雑に入り組んでいる印象です。そんな松原ジャンクションのすぐ近くに道の駅“のようなもの”ができるとの噂がささやかれてしばらく経ちますが、ようやく現地を確認して来ました。写真は2020年(令和2年)7月上旬撮影。

大堀の道路休憩施設と商業施設(松原市)
大堀の道路休憩施設と商業施設(松原市)

当該施設の建設予定地は「松原市大堀四丁目490番1他53筆の一部」などとなっていますが、具体的には松原ジャンクションの北西、大和川の南側で落堀川と東除川の合流点の東側及び北側のエリアとなります。


事業概要

大阪府の「平成29年度道路事業予定地の貸付(公募)」を見ると、「大阪府が現在進めている府道大阪羽曳野線道路休憩施設の整備に伴い、府有財産の有効活用、利用者の利便性向上及び地域の活性化などを目的に食品スーパーマーケット店舗を核とした商業施設の出店事業者を一般競争入札により募集します。」とあり、すでに入札は終わっています。

大堀の道路休憩施設と商業施設(松原市)
大阪府「物件明細」より

府道186号大阪羽曳野線の休憩施設の整備予定地はジャンクション北西側で落堀川南のエリアとなっています。一方、貸付対象地は落堀川の北側で府道186号を挟んで西のA地区と東のB地区に分かれています。

落札した法人は、河内長野市本町の株式会社サンエストとなっていますが、これは他市での届出などを見ても、南河内を中心に展開する食品スーパー「サンプラザ」の関連企業のようなので大堀の商業施設の中核はサンプラザになるのかもしれません。

道路休憩施設については、国土交通省による「道の駅」の登録条件として24時間利用可能な一定数の駐車スペース、トイレ、電話があること、(原則として案内員を配置した)道路及び地域に関する情報提供施設を備えた施設であることなどが挙げられているようなので、こちらが正式な「道の駅」となるかなど詳細は現時点で不明です。

●大阪府 平成29年度道路事業予定地の貸付(事業用定期借地) →http://www.pref.osaka.lg.jp/tondo/sinchakujoho/kashituke.html

現地の様子

大堀の道路休憩施設と商業施設(松原市)
西側から見たA地区

落堀川の北側、府道186号の西となる貸付対象地A地区は造成工事中の様でした。造成等の工事期間は「令和2年9月30日」までとなっていたので、建物などの建設はさらにその後でしょうか。

大堀の道路休憩施設と商業施設(松原市)
A地区南西より

スーパーマーケットが建つならB地区より広いこちらのA地区かと思われます。

大堀の道路休憩施設と商業施設(松原市)
A地区南東より

なお、「貸付物件の募集条件」には、食品スーパーマーケット店舗を核とした商業施設の出店条件として、「地域の農業や食品産業の振興等による地域活性化を図るため、食品スーパーマーケット店舗には大阪産(もん)商標登録ロゴマークを表示した商品の常設売場を設けるなど、地産地消推進の取り組みを積極的に行うこと。」とあったので、松原市、あるいは南河内全体をアピールするコーナーが設置されると思われます。

大堀の道路休憩施設と商業施設(松原市)
B地区

A地区から府道を渡ったB地区も造成工事中の様子。B地区の利用方法も気になります。

大堀の道路休憩施設と商業施設(松原市)
道路休憩施設予定地

B地区から大堀橋を渡り、落堀川南側の道路休憩施設建設予定地も見てみましたが、「道の駅」としてはあまり広くないように感じました。こちらもまだ更地のような状態で、今後どのような施設になるのかわかりません。

大堀の道路休憩施設と商業施設(松原市)
大堀八幡神社の旧社地

なお、周辺には「緑地」が設けられるようで、阪神高速の南側エリアはすでに公園のようになっています(石橋徳栄堂さんの近く)が、A地区西側のかつて大堀八幡神社があった所はこれから緑地化されるのかもしれません。ちなみに、大堀八幡神社は2015年(平成27年)に400mほど南の恵我小学校近くに移転しています。また、今回の開発対象地の一部は、文化財保護法による埋蔵文化財包蔵地である「大堀遺跡」に指定されています。


この施設が完成すれば、大堀地区では貴重なスーパーかつ、南河内最北端の「道の駅」のような施設になるので、今後とも注目して行きたいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

コメント

このブログの人気の投稿

イオンのコラボTシャツ 2020 ・今年も“のりものT”をはじめ多数のコラボTが販売中

イオンのコラボT2020先日はイオンの「のりものシリーズTシャツ」の2020年(令和2年)バージョンを探しに行ったものの見つからず、「名画シリーズ」?のTシャツが大々的に販売されていた...という記事を書きましたが、今回は別のイオンへ捜索に出かけて来ました。
●前回の名画Tシャツの記事はこちら →イオンのTシャツ 名画シリーズ2020 ・“のりものT”を探して“名画T”発見

ちなみに、「のりものシリーズTシャツ」は、イオンのカジュアルファッションブランドの一つ「ダブルフォーカス(Doublefocus)」から発売されているもので、自動車、バイク、電車などがデザインされていました。毎年ラインナップが変わりますが、特に自動車では名車・旧車・過去に人気のあった車両や限定車などのデザインが商品化されており、一部マニア(笑)に人気のTシャツシリーズとなっているようです。
往年の名車がプリントされたイオンの「のりものシリーズTシャツ」(2019年版)についての記事はこちら →イオンの「2019 のりものシリーズTシャツ」 ・今年も夏はAEONで車T!

今回も近くのイオンを巡回して、とりあえず2020年ものりものシリーズTシャツが発売されていることを確認しました。ダブルフォーカスからは「コラボTシャツ」として、のりものシリーズの他に、スポーツアニメシリーズ、そして企業コラボシリーズが展開されていました。

実際に見たのりものシリーズでは、スポーツカーを中心とした車とバイクが少々販売されていました。一例を挙げると、ホンダ:シビックTYPE-R、日産:キューブ、GT-R LM NISMO、フェアレディZ300ZX、スカイライン2000GT-R KPGC10、NISMOR34GT-R、トヨタ:スプリンター・トレノAE86、マツダ:RX-7、スズキ:KATANA、ヤマハ:SR400などなど。

スポーツアニメシリーズは個人的によくわかりませんでしたが、ダイヤのA actII、弱虫ペダル、ハイキュー!!、あひるの空、ALL OUT!!などが発売されているようでした。また、企業コラボシリーズでは餃子の王将、ケロリン、スシロー、ブラックサンダー、クッピーラムネ、スガキヤ、チキンラーメン、アラビックヤマト、ココ壱番屋、リョーユーパン、ピノ、MOWなどなど、かなり面白いTシャツが多い印象でした。

上記のダブルフォ…

【開店情報】(仮称)トライアル 富田林店(富田林市) ・クロスモール富田林に続く商業施設

富田林にトライアル 2019年(平成31年)2月28日(木)に「ケーズデンキ クロスモール富田林店」が先行オープンした大阪府富田林市彼方(おちかた)のショッピングモール「クロスモール富田林」は、その他のユニクロ、GU、スターバックスコーヒーの開店日も3月15日(金)と決まり、全店舗オープンまであと1週間となりました。

●2019年末時点での(仮称)トライアル富田林店の建設状況等はこちら →【開店情報】(仮称)トライアル 富田林店(富田林市) ・2019年末時点での建設中の様子

●【関連情報】クロスモール富田林(富田林市) 第3弾 →https://kyouhakore.blogspot.com/2019/02/blog-post_27.html


そんなクロスモール富田林建設の噂が出始めたのとほぼ同時期から話題となっていたディスカウントスーパー「(仮称)トライアル 富田林店」出店の話。国道309号線を走っていても、建設予定地であるクロスモールの向かいの土地に何の動きもないようなので、現地調査(笑)してきました。

その前に、富田林市に出来るトライアルについて軽くネットで検索してみると、今年公開(更新)された記事でも「クロスモール富田林内にオープン」や「2019年4月オープン」と断定気味に書いてある記事もいくつかありました。



トライアルとは
株式会社トライアルカンパニーは福岡県福岡市東区に本社を置く企業で、ディスカウント業態を中心に事業展開していますが、小売業以外にも、IT、物流、商品開発、製造などを手がけています。創業期はソフトウェア構築やパソコン販売が主力事業だった流通業界では少し異色の企業ともいえます。

2019年3月現在、四国を除く各地方に出店しており、大阪府下には7店舗あります。南河内から最も近いのは和泉市にあるスーパーセンター和泉店。トライアルでは、ほとんどの店舗が24時間営業を行っていますが、富田林に出来る新店が24時間営業になるかは不明です。

●トライアルカンパニー 公式サイト →http://www.trial-net.co.jp/

現地レポート (仮称)トライアル富田林店の建設予定地はクロスモール富田林から国道309号を挟んで北側のエリアで、住所でいうと富田林市西板持町4丁目になります。両商業施設は南部大阪都市計画の一環として計画されたそうです。


国道3…

【開店情報】黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) ・ビバホームやアローが出店?

美原にビバホーム? 先日、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」について記事にしましたが、その建設予定地から国道を挟んだ西側でも大規模な開発工事が進んでいます。というか、今回現地を訪れた2019年(令和元年)5月上旬段階で、「(仮称)ららぽーと美原」が計画段階で実質未着工なのに対し、西側エリアではかなり造成工事が進んでいるように見えます。

●2020年(令和2年)7月時点での記事はこちら →【開店情報】黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 第2弾 ・(仮称)ビバモール美原南インター新築工事


今回(通りすがりに)見た工事現場の詳しい場所は、大阪府堺市美原区黒山の、阪和自動車道の下で国道309号と府道36号泉大津美原線の交わる地点(「下黒山」交差点)の南西のエリアで、地図で見ると5月現在、すでに埋め立てられてしまった「蓮池」という池があった付近になります(代わりに南側にため池が出来ているようです)。


基本的に田んぼとため池のある地域でしたが、今はパチンコ店の「パラダイス」、カー用品店の「オートバックス 美原店」、カフェ「はたち」さんがある一角です。少し北には黒姫山古墳が、東には丹比神社もあります。



黒山西土地区画整理事業 南河内エリアにしては大規模な開発の様なので調べてみると、黒山地区は堺市都市計画マスタープランにおいて美原都市拠点と位置づけられ、「黒山西土地区画整理事業」という堺市の開発事業があり、ここに複数の商業施設の出店が予定されているそうです。これと、前述の「(仮称)ららぽーと美原」を中核とした黒山東地区計画と合わせて、堺市の一大プロジェクトといえます。

2016年(平成28年)の段階では、黒山西土地区画整理事業は、約7.9(後に7.8)ヘクタールのA地区には商業機能、約3.9(後に4.0)ヘクタールのB地区には産業機能を誘致する計画で、工事全体は2019年半ばに完成(事業期間は20年度末まで)させる予定だったようです。


肝心の出店店舗についてですが、2015年(平成27年)9月頃の情報では、商業施設エリアに、株式会社LIXILビバ(埼玉県さいたま市)が運営するホームセンター「ビバホーム」や、平川商事(大阪府八尾市)のパチンコ店「アロー」、そして現在も営業中のオートバックス美原店を配置する計画があったようです。

現在のところ、区域内の細かいところで変更が…

イオンのTシャツ 名画シリーズ2020 ・“のりものT”を探して“名画T”発見

2020年のAEON-T? 昨年も(一部で)話題になった、往年の名車がプリントされたイオンの「のりものシリーズTシャツ」ですが、今年も新作が登場した!との情報を小耳に挟んだので、真偽のほどを確かめに最寄のイオンに寄ってみました。
●2020年の「のりものT」をはじめとするコラボTシャツについての記事はこちら →イオンのコラボTシャツ 2020 ・今年も“のりものT”をはじめ多数のコラボTが販売中
●昨年の記事はこちら →イオンの「2019 のりものシリーズTシャツ」 ・今年も夏はAEONで車T!

今回訪問したイオンでは、衣料品コーナーの最も目立つ場所に新作のTシャツコーナーが設けられていましたが、「のりものシリーズ」は見当たらず、代わりに(かどうかは不明ですが)展開されていたのがこちらの「名画シリーズ」です。正式なシリーズ名は不明なのでとりあえずの名称です(笑)。

数年前から登場していた「のりものシリーズ」Tシャツでは、車を中心に、電車やバイクなどがプリントされていました。特に往年の名車を扱ったデザインが多く、ロゴのみでは無く車両の特徴やデザインを表現したプリントがファンに人気だったようです。
今回発見した「名画シリーズ」では、誰もが一度は目にしたことがありそうな有名な絵画を前面にプリントしたようです。

これはこれで良い感じなのでこのシリーズについて調べてみましたが、現時点でイオンのホームページなどでは情報を見つけられずラインナップなど詳細は不明です。とりあえず、レオナルド・ダ・ヴィンチやゴッホ、モネ、ミレー、セザンヌ、ルノワール、フェルメール、クリムトなどの作品が並んでいました。ベースとなるTシャツの色は数種類ありましたが、絵画ごとに決まっているのかもしれません。
名画のTシャツなどは他にもあると思いますが、1着1380円(税別)なのでわりとリーズナブルなお値段で名画Tを手に入れられるのではないでしょうか。
2020年版「のりものシリーズ」Tシャツはまた後日捜索に行くと思います(笑)。
●イオンスタイルオンライン ファッション →https://aeonretail.com/shop/stylefashion