スキップしてメイン コンテンツに移動

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープンと周辺の様子

イオン藤井寺ショッピングセンター

大阪府藤井寺市岡にあった「イオンモール藤井寺」跡地に建設された「イオン藤井寺ショッピングセンター」は2019年(令和元年)9月14日(土) 9:00にグランドオープンすることが発表されていましたが、12日(木)と13日(金)にはプレオープン(ソフトオープン)という形で営業していました。

というわけで、たまたま藤井寺駅の近くに用事で行ったらやけに賑やかだったので用事もないのにチラ見してきました(笑)。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市)

前身のイオンモール藤井寺は2014年(平成26年)2月28日に建て替えのためということで閉店しましたが、色々あってようやく5年ぶりに復活しました。イオン藤井寺ショッピングセンターという形で。

●イオン藤井寺ショッピングセンターの記事はこちら(テントなど) →【開店情報】イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・オープン日時とテナント発表!現地写真あり



ショッピングセンター外周

まず、ショッピングセンターの外観は藤井寺周辺の方や府道12号堺大和高田線(ヤマタカ線)を利用されている方にはすでにご存じかと思いますが、今風な2階建てのイオンのショッピングセンターです。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
府道12号線側(北側)

メインとなりそうな大きな出入口は、北側のヤマタカ線沿いと、南側のさざんか通り側にあります。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
南側(駅側)

藤井寺駅からは南側のエントランスが近いです(200mほど)。その他にも出入口は複数あり、立体駐車場からは渡り廊下でつながっています。

アクセス

駅から徒歩で、あるいは近所から自転車で行く、という場合は分かりやすいですが、車でのアクセスには若干注意が必要です。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
周辺道路には案内看板を持った人が多数

イオン藤井寺ショッピングセンターのメインとなる立体駐車場は建物の南西側、つまりヤマタカ線から見てショッピングセンターの裏側になります。しかしヤマタカ線から駐車場へのルートは1つしかありません。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
東側さざんか通り

そのルートは、まずヤマタカ線の「岡2丁目」交差点を南(藤井寺駅方面)へ入ります。そして最初の信号を右折。さらに突き当りの池田泉州銀行前を右折。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
裏側の駐車場への道

ABC-MART前の道路を進み、左折すると左側に立体駐車場が見えて来ます。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
立体駐車場

立体駐車場は5階+屋上で約470台駐車可能で、出入口は1ヶ所です。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
駐車場出入口

駐車場は右折入場禁止なので、ショッピングセンター利用者にとって駐車場前の道路は実質一方通行のようです。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
連絡通路の案内

立体駐車場3階と店舗棟2階は渡り廊下で接続されています。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
ジョーシン専用入口!?

なお、店舗棟2階の立体駐車場入口はオープニング期間の9月14日、15日、16日の朝9:00~9:10頃まではジョーシン専用の入口になるようです。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
渡り廊下

道路を渡り廊下で越えるのは旧イオンモールを彷彿とさせるパターンです(笑)。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
事前精算機

駐車料金は全日30分毎に200円ですが、最初の1時間は無料。税込1000円購入でさらに1時間プラスの計2時間無料となっています。最大料金の設定は無し。利用可能時間は8:00~21:00(1階の指定エリアのみ24:30まで)。参考までに、駅前のsol'ya(ソリヤ)の立体駐車場は最初の30分無料で、以後30分毎に150円だったはず。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
駐輪場(北側)

駐輪場は店舗の周囲に数か所あり、2時間200円ですが最初の2時間は無料。利用可能時間は6:30から24:30。なお、駐輪場のみ9月いっぱいは無料になっているようです。

ショッピングセンター内部

ショッピングセンター内部の詳しいことは公式ホームページやGoogleマップのクチコミなどを参考にしていただくとして、ぱっと見た感じやはり“食”に重点を置いている印象でした。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
フードコート

駅側のエントランスから入った時はいきなり書店「アバンティブックセンター 藤井寺店」でしたが、向かいは「スターバックスコーヒー イオン藤井寺ショッピングセンター店」でした。

1階はフードコートを中心とした食品&飲食ゾーンと、核店舗の食品スーパー「イオンフードスタイル 藤井寺店」がメインです。ちなみに、「イオンフードスタイル」は実質ダイエーなのでイオンリテールではなくダイエーの店舗になりますが、イオンショッピングセンターとしてはイオンリテールになります。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
フードコート

フードコートは色々なジャンルの店があって楽しそうでした。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
スガキヤ

旧イオンモール時代のテナントで戻ってきた店舗もいくつかあり、ラーメン&ソフトクリームのスガキヤもその一つ。スガキヤといえば、9月13日のニュースで9月末までに大量閉店することが明らかになりましたが、こちらは大丈夫そうです。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
ラ・ボンテ

気になるパン屋さんでは、イオン系というかダイエー(旧を含む)の店舗に多いイメージのラ・ボンテと...

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
阪急ベーカリー&カフェ

エイチ・ツー・オーリテイリング系の「阪急ベーカリー&カフェ イオン藤井寺SC店」がありました。南河内でいうと、ラ・ボンテは金剛にしか無いようですが、阪急ベーカリーはイズミヤ各店舗にあるのでご存知の方も多いかと。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
ディッパーダンのくまモン

ダイエー系列といえば、「ディッパーダン イオン藤井寺SC店」が入っていました。この理屈で行くと、以前藤井寺にあったドムドムハンバーガーも入っていて欲しいところですが、ダイエーが手放したからか...

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
こふんひろば(出入口)

あと、古市古墳群が世界遺産に登録された藤井寺ということで、各所に古墳をフィーチャーしたものが見られました。

2階にはお子様用の「こふんひろば」が。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
芝生ひろば(案内)

また、屋上には「芝生ひろば」がありますが、こちらにも円墳風の塚?に「こふんすべり台」なるものがありました。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
太陽光発電システム

とりあえず、キッズコーナーは人が多くて写真が撮れなかったので太陽光パネルでもどうぞ。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
イオンモールウォーキング

館内では「イオンモールウォーキング」という表示があって、それに沿って歩けば615m歩いて34kcal消費できるようです。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
前方後円墳ドア

そういえば、自動ドアにも前方後円墳っぽいヤツがありました。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
エレベーターのドア


気になる周辺の様子

とりあえず、イオン藤井寺ショッピングセンターはオープンに漕ぎつけたので、今後個人的に気になるのはショッピングセンターより周辺のアレです。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
閉鎖中のAPT

ショッピングセンター南側にある旧イオンモール藤井寺の別棟「APT(アプト)」はまだそのまま閉鎖中でした。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
ジョーシン藤井寺店跡

向かいのジョーシン藤井寺店はすでにショッピングセンター内に移転しています。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
ジョーシン旧店舗は閉鎖中

当然旧店舗と駐車場は閉鎖されていました。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
眼鏡市場の旧店舗

APTの隣の眼鏡市場もショッピングセンター内に移転済み。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
移転の案内

ショッピングセンター内に「ココカラファイン イオン藤井寺SC店」がオープンしていますが、少し駅寄りの「ココカラファイン 藤井寺店」も営業していました。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
ダイソーふじいでら店

ダイソーも同じく内部の「イオン藤井寺ショッピングセンター店」がオープンしましたが駅東の「ふじいでら店」も営業中。

イオン藤井寺ショッピングセンター(藤井寺市) ・プレオープン
バロン藤井寺店

そして、パティスリーバロンさんもショッピングセンター1階、駅東の「藤井寺店」ともども営業されていました。

●イオン藤井寺ショッピングセンター 公式ホームページ →https://fujiidera-sc.com/

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

コメント

このブログの人気の投稿

【開店情報】ペッパーランチ 河内長野店(河内長野市) ・ユニクロ跡に南河内初出店!?

ペッパーランチ 大阪府河内長野市市町に、飲食店「ペッパーランチ 河内長野店」がオープンするようです。現時点では2019年(令和元年)10月8日オープン予定。写真は9月中旬撮影。


店の住所は「大阪府河内長野市市町727-1」となっていて、現在のところGoogleマップなどではヒットしませんでしたが、この「ペッパーランチ 河内長野店」が入るのは、今年の3月6日(水)に閉店した「ユニクロ 河内長野店」の建物(市町730-1)の左半分かと思われます。同じ建物の右半分には現在「エニタイムフィットネス 河内長野店」がプレオープン中です(グランドオープンは10月1日(火))。



ペッパーランチは、東京都墨田区に本社を置く株式会社ペッパーフードサービスが運営する、ステーキやハンバーグ、「ペッパーライス」などをメインに提供する飲食店チェーン。創業は1970年(昭和45年)2月。


ペッパーランチとしては南河内初出店のようですが、少し前まで同住所で「いきなり!ステーキ 河内長野店」が10月1日オープン予定ということで求人広告も出ていました。いきなりステーキなら大阪羽曳野店富田林店に続き南河内3店舗目。なお、ペッパーランチもいきなりステーキも同じ株式会社ペッパーフードサービスの店舗ブランドです。

●ペッパーランチ 公式ホームページ →https://www.pepperlunch.com/

アクセス 国道170号(外環状線)「市町」交差点から南へ約250m左(東)側。なお、北行き車線からは直接入れません。
近鉄長野線「汐ノ宮」駅からは徒歩で西へ約700m。



【イベント】2019MatsuBAR ~マツバル~(松原市) ・500円で旨いに決まってるっ!

Matsu BAR ~マツバル~ 大阪府松原市では、近鉄河内松原駅界隈にある様々な飲食店が中心となって松原の地域活性化を目指すイベント「2019MatsuBAR ~マツバル~」が開催されます。 


「MatsuBar 〜マツバル〜」とは、河内松原駅周辺のお店をぶらりと食べ飲み歩き&お買物で楽しもう、という街バル企画で、昨年は11月の「第9回 まつばらマルシェ」でも開催されました。



日時・場所日時:2019年(令和元年) 9月28日(土)・29日(日)
会場:近鉄河内松原駅周辺

2019年(令和元年)のマツバルは、9月28日(土)、29日(日)の2日間に渡って開催され、河内松原駅周辺の20店舗が参加し、ワンコイン500円でお店の自慢の1品と1ドリンクが楽しめます。お店も居酒屋からカフェ、和菓子店など様々なジャンルがあるので多くの人が楽しめそうです(マツバル全店でPayPay利用可)。

また、スタンプラリーも開催され5つ以上で特典がゲットできるそうです。

●MatsuBAR~マツバル~ Facebook →https://www.facebook.com/MatsuBar500/



【開店情報】油甚(あぶらじん) 羽曳野店(羽曳野市) ・泉州の名物店が外環沿いに!

あぶらじん 大阪府羽曳野市西浦に、泉州方面でお馴染みの食料品店(リカーショップ?)「油甚(あぶらじん) 羽曳野店」がオープンします。開店日は2019年(令和元年)9月下旬予定です。写真は一部を除き9月中旬撮影。

※追記 オープンは2019年9月26日(木)午前9:30になりました。


あぶらじん羽曳野店の場所は、「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの国道170号(外環状線)沿い西側で、南隣は「西浦フットサルスペース」、北にはカー用品店「FIVE MART」さんや元家具店digだった建物があります。「サイクルワールド 羽曳野店」のほぼ向かい。



有限会社油甚は大阪府貝塚市加神に本社を置く企業で、泉州地域を中心に出店しており、南河内地域では河内長野店、松原店があります。


品揃えはお酒や飲料、お菓子や加工食品中心で、ディスカウントスーパー?のイメージでしょうか。



なお、あぶらじん羽曳野店予定地の近くには、サンディ羽曳野西浦店、ライフ羽曳野西浦店、クニーズ・南河生鮮市場、産直市場よってって羽曳野店といったスーパーや食料品店が集まっています。


ちなみにこの場所は元々田畑で、昨年末には工事が進み、春には建物がほぼ完成していました。

アクセス 南阪奈道路の下を国道170号(外環状線)がくぐる「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの外環沿い西側。ライフやコーナン、ケンタッキー・フライド・チキンのある「西浦」交差点からは南に300mほどですが、北行き車線からは入れません。



【開店情報】(仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) ・美原区の大型ショッピングモール予定地の現状

(仮称)ららぽーと美原 以前から「南河内エリアに大型ショッピングモールが出来る」との噂は色々ありましたがなかなか実現せず、藤井寺市のイオン藤井寺ショッピングセンター(旧イオンモール藤井寺)の建て替えはともかく、ようやく松原市の(仮称)松原天美ショッピングセンター(アリオ?)の工事がスタート...と思いきや、進捗状況は当初の予定通りには見えません。

そんな中、かなり具体的なところまで計画が進んでいるようなのが、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」です。


少しネットで検索すると、色々と情報は集まるようですが実際の現地の様子などはイマイチわからなかったので、軽く予定地を視察(笑)してきました。現地写真は2019年(平成31年)3月上旬撮影。



計画概要 「ららぽーと(LaLaPort)」は三井不動産グループの三井不動産商業マネジメント株式会社が運営する大型商業施設で、現在大阪には「ららぽーと和泉」と「ららぽーとEXPOCITY」があります。「三井ショッピングパーク」を冠して呼ぶことも。

(仮称)ららぽーと美原は、「堺市美原区黒山東計画」の一環として作られる商業施設で、国道309号線沿い、阪和自動車美原南インターチェンジからすぐの「下黒山」交差点の南東、美原区役所の北東の現在田畑や池のあるエリアです。

ちなみに、阪和自動車道の北側には黒姫山古墳があり、国道309号を挟んで西側では、先行してビバホームやアローが出店すると噂の「黒山西土地区画整理事業」が進んでいます。

現時点で判明している(仮称)ららぽーと美原の計画概要として、2018年(平成30年)12月の説明会開催結果報告書などによると...

開発区域面積:約84,000㎡
建築面積:約33,000㎡ (駐車場除く) 延床面積:約92,000㎡ (駐車場除く)
建物高さ:商業棟 30.5m(4階建て)、立体駐車場A 29.1m(6階建て7段)、立体駐車場B 15.45m(3階建て4段)
駐車台数:約3,200台
年間来場者想定数:約1,300万人
営業時間:飲食 午前7時から午後11時、物販 午前7時から午後10時、アミューズメント 午前7時から翌午前5時(未定)

着工:2019年10月(予定)
竣工・供用開始:2022年3月(予定)

となっています。

参考までに、最も近いショッピングモールである「イオンモール堺…