スキップしてメイン コンテンツに移動

【イベント】じないまち四季物語2019「秋」第13回 後の雛まつり(富田林市)

後の雛まつり

大阪府下唯一の重要伝統的建造物郡保存地区に指定され、江戸時代の風情を今に伝える美しい町並みが人気の富田林市寺内町(じないまち)では「じないまち四季物語」と題して様々なイベントが開催されてます。秋は「後(のち)の雛まつり」というイベントで、今年で13回目となります。近年は寺内町の知名度が上がり、そこで開催されるイベントの参加者も増えている印象です。

じないまち四季物語2019「秋」第13回後の雛まつり(富田林市)
第13回後の雛まつりのチラシ(表)


「後の雛まつり」とは、江戸時代、関西を中心に重陽(ちょうよう)の節句の頃に行われた祭で、菊の花とお雛様を飾ったことから別名「菊雛」とも呼ばれる行事のことです。重陽の節句とは9月9日のことで、陽の数である奇数の極である9が2つ重なることから重陽と呼ばれ、たいへんめでたい日とされています。3月3日の桃、5月5日の菖蒲同様に、この日は菊の節句ともいわれ、菊花を飾ったり酒を飲んだりして祝ったそうです。

じないまち四季物語2019「秋」第13回後の雛まつり(富田林市)
第13回後の雛まつりのチラシ(裏)


ちなみに、今年2019年(令和元年)の旧暦9月9日は新暦10月7日(月)です。



日時

日時:2019年(令和元年)10月12日(土)
10:00~16:00
※雨天決行

場所:富田林寺内町界隈
じないまち四季物語2019「秋」第13回後の雛まつり(富田林市)
2018年の後の雛まつりの様子

関連イベント


昨年は連携イベントとして「じないまち和楽(わらく)」なども開催されましたが、今年も以下のイベントが開催されるようです。

じないまち四季物語2019「秋」第13回後の雛まつり(富田林市)
雛日和

「じないまちアート 雛日和」は「後の雛まつり」と同じ2019年10月12日(土)開催。

じないまち四季物語2019「秋」第13回後の雛まつり(富田林市)
じないまち十三夜能

「じないまち十三夜能」は1日早い10月11日(金)に開催予定です。


●富田林市 魅力発信観光ポータルサイト 後の雛まつり →https://www.city.tondabayashi.lg.jp/site/kirameki/16016.html

●昨年の「後の雛まつり」情報はこちら →【イベント】じないまち四季物語2018「秋」第12回後の雛まつり・じないまち和楽

じないまち四季物語2019「秋」第13回後の雛まつり(富田林市)
2018年の関連イベントの様子

アクセス

近鉄長野線「富田林」駅の南口を出て国道170号(旧道)を渡ってすぐのロータリー向かいには観光交流施設「きらめきファクトリー」があり、お土産コーナー、トイレなども完備。その他にも寺内町の中にはトイレや休憩所のある観光施設が数か所設置されています。

寺内町内には駐車場がほとんどないので公共交通機関を利用するのがおすすめですが、車の場合は市役所近くの市営東駐車場、または富田林駅、富田林西口駅周辺のコインパーキング等をご利用ください。なお、当日はきらめきファクトリーの駐車場は利用できません。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

コメント

このブログの人気の投稿

【開店情報】ペッパーランチ 河内長野店(河内長野市) ・ユニクロ跡に南河内初出店!?

ペッパーランチ 大阪府河内長野市市町に、飲食店「ペッパーランチ 河内長野店」がオープンするようです。現時点では2019年(令和元年)10月8日オープン予定。写真は9月中旬撮影。


店の住所は「大阪府河内長野市市町727-1」となっていて、現在のところGoogleマップなどではヒットしませんでしたが、この「ペッパーランチ 河内長野店」が入るのは、今年の3月6日(水)に閉店した「ユニクロ 河内長野店」の建物(市町730-1)の左半分かと思われます。同じ建物の右半分には現在「エニタイムフィットネス 河内長野店」がプレオープン中です(グランドオープンは10月1日(火))。



ペッパーランチは、東京都墨田区に本社を置く株式会社ペッパーフードサービスが運営する、ステーキやハンバーグ、「ペッパーライス」などをメインに提供する飲食店チェーン。創業は1970年(昭和45年)2月。


ペッパーランチとしては南河内初出店のようですが、少し前まで同住所で「いきなり!ステーキ 河内長野店」が10月1日オープン予定ということで求人広告も出ていました。いきなりステーキなら大阪羽曳野店富田林店に続き南河内3店舗目。なお、ペッパーランチもいきなりステーキも同じ株式会社ペッパーフードサービスの店舗ブランドです。

●ペッパーランチ 公式ホームページ →https://www.pepperlunch.com/

アクセス 国道170号(外環状線)「市町」交差点から南へ約250m左(東)側。なお、北行き車線からは直接入れません。
近鉄長野線「汐ノ宮」駅からは徒歩で西へ約700m。



【開店情報】油甚(あぶらじん) 羽曳野店(羽曳野市) ・泉州の名物店が外環沿いに!

あぶらじん 大阪府羽曳野市西浦に、泉州方面でお馴染みの食料品店(リカーショップ?)「油甚(あぶらじん) 羽曳野店」がオープンします。開店日は2019年(令和元年)9月下旬予定です。写真は一部を除き9月中旬撮影。

※追記 オープンは2019年9月26日(木)午前9:30になりました。


あぶらじん羽曳野店の場所は、「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの国道170号(外環状線)沿い西側で、南隣は「西浦フットサルスペース」、北にはカー用品店「FIVE MART」さんや元家具店digだった建物があります。「サイクルワールド 羽曳野店」のほぼ向かい。



有限会社油甚は大阪府貝塚市加神に本社を置く企業で、泉州地域を中心に出店しており、南河内地域では河内長野店、松原店があります。


品揃えはお酒や飲料、お菓子や加工食品中心で、ディスカウントスーパー?のイメージでしょうか。



なお、あぶらじん羽曳野店予定地の近くには、サンディ羽曳野西浦店、ライフ羽曳野西浦店、クニーズ・南河生鮮市場、産直市場よってって羽曳野店といったスーパーや食料品店が集まっています。


ちなみにこの場所は元々田畑で、昨年末には工事が進み、春には建物がほぼ完成していました。

アクセス 南阪奈道路の下を国道170号(外環状線)がくぐる「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの外環沿い西側。ライフやコーナン、ケンタッキー・フライド・チキンのある「西浦」交差点からは南に300mほどですが、北行き車線からは入れません。



【イベント】2019MatsuBAR ~マツバル~(松原市) ・500円で旨いに決まってるっ!

Matsu BAR ~マツバル~ 大阪府松原市では、近鉄河内松原駅界隈にある様々な飲食店が中心となって松原の地域活性化を目指すイベント「2019MatsuBAR ~マツバル~」が開催されます。 


「MatsuBar 〜マツバル〜」とは、河内松原駅周辺のお店をぶらりと食べ飲み歩き&お買物で楽しもう、という街バル企画で、昨年は11月の「第9回 まつばらマルシェ」でも開催されました。



日時・場所日時:2019年(令和元年) 9月28日(土)・29日(日)
会場:近鉄河内松原駅周辺

2019年(令和元年)のマツバルは、9月28日(土)、29日(日)の2日間に渡って開催され、河内松原駅周辺の20店舗が参加し、ワンコイン500円でお店の自慢の1品と1ドリンクが楽しめます。お店も居酒屋からカフェ、和菓子店など様々なジャンルがあるので多くの人が楽しめそうです(マツバル全店でPayPay利用可)。

また、スタンプラリーも開催され5つ以上で特典がゲットできるそうです。

●MatsuBAR~マツバル~ Facebook →https://www.facebook.com/MatsuBar500/



【開店情報】(仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) ・美原区の大型ショッピングモール予定地の現状

(仮称)ららぽーと美原 以前から「南河内エリアに大型ショッピングモールが出来る」との噂は色々ありましたがなかなか実現せず、藤井寺市のイオン藤井寺ショッピングセンター(旧イオンモール藤井寺)の建て替えはともかく、ようやく松原市の(仮称)松原天美ショッピングセンター(アリオ?)の工事がスタート...と思いきや、進捗状況は当初の予定通りには見えません。

そんな中、かなり具体的なところまで計画が進んでいるようなのが、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」です。


少しネットで検索すると、色々と情報は集まるようですが実際の現地の様子などはイマイチわからなかったので、軽く予定地を視察(笑)してきました。現地写真は2019年(平成31年)3月上旬撮影。



計画概要 「ららぽーと(LaLaPort)」は三井不動産グループの三井不動産商業マネジメント株式会社が運営する大型商業施設で、現在大阪には「ららぽーと和泉」と「ららぽーとEXPOCITY」があります。「三井ショッピングパーク」を冠して呼ぶことも。

(仮称)ららぽーと美原は、「堺市美原区黒山東計画」の一環として作られる商業施設で、国道309号線沿い、阪和自動車美原南インターチェンジからすぐの「下黒山」交差点の南東、美原区役所の北東の現在田畑や池のあるエリアです。

ちなみに、阪和自動車道の北側には黒姫山古墳があり、国道309号を挟んで西側では、先行してビバホームやアローが出店すると噂の「黒山西土地区画整理事業」が進んでいます。

現時点で判明している(仮称)ららぽーと美原の計画概要として、2018年(平成30年)12月の説明会開催結果報告書などによると...

開発区域面積:約84,000㎡
建築面積:約33,000㎡ (駐車場除く) 延床面積:約92,000㎡ (駐車場除く)
建物高さ:商業棟 30.5m(4階建て)、立体駐車場A 29.1m(6階建て7段)、立体駐車場B 15.45m(3階建て4段)
駐車台数:約3,200台
年間来場者想定数:約1,300万人
営業時間:飲食 午前7時から午後11時、物販 午前7時から午後10時、アミューズメント 午前7時から翌午前5時(未定)

着工:2019年10月(予定)
竣工・供用開始:2022年3月(予定)

となっています。

参考までに、最も近いショッピングモールである「イオンモール堺…