スキップしてメイン コンテンツに移動

【南河内探訪】阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区) ・松原市に囲まれた細長い大阪市?

阿麻美許曾神社の参道

南河内の最北端といえば現在は松原市といえますが、その松原市では近年「開運松原六社参り」といって、元旦から15日までに松原市内の五社と近隣の一社(阿保神社・我堂八幡宮・柴籬神社 ・布忍神社・屯倉神社・阿麻美許曾神社)を参詣し開運を願う行事が注目されていますが、この時に巡る六社の一つに松原市以外の神社として唯一数えられているのが、大阪市東住吉区の阿麻美許曾神社(あまみこそじんじゃ)です。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)

地図で阿麻美許曾神社を見ると、大和川の南側(左岸)にありながら神社とその周辺は東住吉区矢田7丁目となっています。しかも地図を拡大すると、その東住吉区が細長く南の方に続いているのがわかります。これが、地図マニアの中で有名な?阿麻美許曾神社の参道です。

写真は基本的に2020年(令和2年)3月撮影。



松原市に食い込む大阪市

前述のように、阿麻美許曾神社は大和川左岸(南岸)の松原市の天美地区に囲まれた場所に鎮座していますが、住所は大阪市東住吉区矢田7丁目となっています。当社は江戸時代までは河内国丹北郡枯木村(後の中河内郡矢田村)に属する神社で、氏子地域は今の矢田地区、天美地区(城連寺・油上・芝・池内)まで広がっていたことから「七郷の宮」とも呼ばれていたそうです。そして「天美」という地名も阿麻美許曽に由来するといわれています。

しかし、1704年(宝永元年)に大和川の川違え(付け替え)工事が行われた結果、村の中を東西に横断する形で新たな大和川が流れることになり、阿麻美許曾神社の氏子地域は南北に分断されてしまいます。この結果、新しい大和川の南側に残された氏子地域の大半は後に松原市に編入されることになりましたが、当神社は矢田村の氏神であった為に、南に長く延びる神社の参道も含めて矢田村に残留しました。そして矢田村が大阪市東住吉区に編入された後もそのまま大阪市東住吉区矢田7丁目として現在に至ります。

また、この参道はかつての西除川の堤防跡でもあるようです。西除川は行基ゆかりの狭山池から北へ流れていましたが、江戸時代の大和川付け替えの際に、現在の河内天美駅の西付近で流路を西向きに変えられたそうです。しかし、参道である堤防の大部分は当時の主要街道である下高野街道と重なっていたことからそのまま残されたようです。

矢田7丁目として、松原市に食い込む形で細長く残った参道ですが、今は参道としては認識されていないようです。現在はとりあえず車が対面通行出来る程度の幅の道路ですが、周辺に大きな道路が次々と開通している現在でも、それなりの交通量があります。


同じような大和川南岸の大阪市市域として、松原市の大堀八幡神社西側一帯が平野区長吉川辺4丁目という例もあります。また、藤井寺市の黒田神社も大和川の付け替えで氏子地域が分断されています。


また、福島県喜多方市の飯豊山神社(いいでさんじんじゃ)の参道は、新潟県と山形県の県境を縫うように約7.5kmもあるなど、全国には参道が現在の自治体の境界線に影響している場所が結構あるようです。

参道跡を辿る

阿麻美許曾神社の参道だった細長い大阪市東住吉区矢田7丁目のエリアは約600mあり、かつては下高野街道として賑わい、現在は府道26号大阪狭山線(旧道?)になっています。この府道は大阪市生野区林寺から大阪狭山市池之原へ続く道路です。阿麻美許曾神社北東に架かる下高野橋から約300m南で神社の神門から60mほど南に延びる道と合流しますが、この神門から南に延びる道とその延長線が矢田7丁目で、その両側が松原市となっています。

今回は、旧参道を辿るということで、神社側からではなく参道入口側から歩いてみたいと思います。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
左が府道26号、右が187号(南向き)

旧参道の大部分は下高野街道と重なっていて、これは現在府道26号となっています。旧参道の南の端、つまり矢田7丁目の南端からさらに130mほど南の府道26号と府道187号の分岐からスタートします。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
府道26号(北向き)

この府道26号(下高野街道)と府道187号の分岐付近は旧池内村(後の天見村池内)の西に当たります。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
府道26号(南向き・2018年8月)

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
参道の始まる場所(北向き)

府道の分岐点から100mほど北に進むと信号のある交差点がありますが、この交差点の10mほど北から矢田7丁目となります。つまり、ここからが参道の始まりで、かつては鳥居もあったそうです。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
参道入口から約70m(北向き)

旧参道入口から70mほど北に行くと、右手にガソリンスタンドがあります。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
電柱には「天美東」(2018年8月)

このガソリンスタンドはエネオス松原天美SS松原油業株式会社で、道路の東側にあって住所は松原市天美東9丁目となっています。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
エネオス松原天美SS

ちなみに、ガソリンスタンドの向かい、道路の西側は松原市天美西となっています。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
参道入口から約150m(南向き)

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
参道入口から約150m西側の電柱

旧参道西側の電柱には青い住所の標識に「天美西二丁目」とありますが、他にも「芝西」や「ユガミ」などかつての村の名も見えます。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
参道入口から約180m(北向き・2018年8月)

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
参道入口から約210m(北向き・2019年6月)

参道入口から200mほど進むと、左(西側)にセブン-イレブン松原天美西2丁目店があります。この辺りの西側が、かつての芝村や油上村の中心だったようです。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
関西出雲久多美神社鳥居

参道入口から270mほど進むと右手(東側)に関西出雲久多美神社の大きな鳥居があります。こちらの神社の住所は天美北7丁目となっています。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
松原交通株式会社天美営業所

関西出雲久多美神社鳥居の北隣には松原交通株式会社天美営業所がありますが、こちらは名称とは異なり住所が大阪市東住吉区矢田7丁目となっています。この辺りは矢田7丁目の範囲が旧参道の外側にも少し広がっています。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
天美北七交差点(北向き)

参道入口から約450m進むと、広くて真新しい道路と交わる天美北七交差点があります。この東西に走る広い道路も府道26号で、その地下には阪神高速6号大和川線が走っています。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
左が神社で右が下高野街道(北向き・2018年8月)

天美北七交差点から北に約120m、旧参道入口から約550mの辺りで阿麻美許曾神社の参道と下高野街道(府道26号)が分かれます。

阿麻美許曾神社の参道(松原市・大阪市東住吉区)
阿麻美許曾神社神門(北向き・2018年8月)

参道と府道の分岐を左の参道に入ると60mほど先に阿麻美許曾神社鳥居と神門があります。

アクセス

近鉄南大阪線「河内天美」駅の西側出入口から線路を右に見ながらに北(阿部野橋・大和川方面)に250mほど歩き、突き当り(次の踏切)を左折。そこから350m進むと信号のある交差点があり、右折すると松原市に囲まれた大阪市東住吉区の道路(旧参道)です。北に600m少々進むと阿麻美許曾神社です。

また、府道26号の「三宅北ランプ」と「天美西三」の間にある「天美北七」交差点の南北が松原市に囲まれた大阪市東住吉区の道路(旧参道)で、交差点から約200m北に阿麻美許曾神社があります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

コメント

このブログの人気の投稿

イオンのコラボTシャツ 2020 ・今年も“のりものT”をはじめ多数のコラボTが販売中

イオンのコラボT2020先日はイオンの「のりものシリーズTシャツ」の2020年(令和2年)バージョンを探しに行ったものの見つからず、「名画シリーズ」?のTシャツが大々的に販売されていた...という記事を書きましたが、今回は別のイオンへ捜索に出かけて来ました。
●前回の名画Tシャツの記事はこちら →イオンのTシャツ 名画シリーズ2020 ・“のりものT”を探して“名画T”発見

ちなみに、「のりものシリーズTシャツ」は、イオンのカジュアルファッションブランドの一つ「ダブルフォーカス(Doublefocus)」から発売されているもので、自動車、バイク、電車などがデザインされていました。毎年ラインナップが変わりますが、特に自動車では名車・旧車・過去に人気のあった車両や限定車などのデザインが商品化されており、一部マニア(笑)に人気のTシャツシリーズとなっているようです。
往年の名車がプリントされたイオンの「のりものシリーズTシャツ」(2019年版)についての記事はこちら →イオンの「2019 のりものシリーズTシャツ」 ・今年も夏はAEONで車T!

今回も近くのイオンを巡回して、とりあえず2020年ものりものシリーズTシャツが発売されていることを確認しました。ダブルフォーカスからは「コラボTシャツ」として、のりものシリーズの他に、スポーツアニメシリーズ、そして企業コラボシリーズが展開されていました。

実際に見たのりものシリーズでは、スポーツカーを中心とした車とバイクが少々販売されていました。一例を挙げると、ホンダ:シビックTYPE-R、日産:キューブ、GT-R LM NISMO、フェアレディZ300ZX、スカイライン2000GT-R KPGC10、NISMOR34GT-R、トヨタ:スプリンター・トレノAE86、マツダ:RX-7、スズキ:KATANA、ヤマハ:SR400などなど。

スポーツアニメシリーズは個人的によくわかりませんでしたが、ダイヤのA actII、弱虫ペダル、ハイキュー!!、あひるの空、ALL OUT!!などが発売されているようでした。また、企業コラボシリーズでは餃子の王将、ケロリン、スシロー、ブラックサンダー、クッピーラムネ、スガキヤ、チキンラーメン、アラビックヤマト、ココ壱番屋、リョーユーパン、ピノ、MOWなどなど、かなり面白いTシャツが多い印象でした。

上記のダブルフォ…

【開店情報】(仮称)トライアル 富田林店(富田林市) ・クロスモール富田林に続く商業施設

富田林にトライアル 2019年(平成31年)2月28日(木)に「ケーズデンキ クロスモール富田林店」が先行オープンした大阪府富田林市彼方(おちかた)のショッピングモール「クロスモール富田林」は、その他のユニクロ、GU、スターバックスコーヒーの開店日も3月15日(金)と決まり、全店舗オープンまであと1週間となりました。

●2019年末時点での(仮称)トライアル富田林店の建設状況等はこちら →【開店情報】(仮称)トライアル 富田林店(富田林市) ・2019年末時点での建設中の様子

●【関連情報】クロスモール富田林(富田林市) 第3弾 →https://kyouhakore.blogspot.com/2019/02/blog-post_27.html


そんなクロスモール富田林建設の噂が出始めたのとほぼ同時期から話題となっていたディスカウントスーパー「(仮称)トライアル 富田林店」出店の話。国道309号線を走っていても、建設予定地であるクロスモールの向かいの土地に何の動きもないようなので、現地調査(笑)してきました。

その前に、富田林市に出来るトライアルについて軽くネットで検索してみると、今年公開(更新)された記事でも「クロスモール富田林内にオープン」や「2019年4月オープン」と断定気味に書いてある記事もいくつかありました。



トライアルとは
株式会社トライアルカンパニーは福岡県福岡市東区に本社を置く企業で、ディスカウント業態を中心に事業展開していますが、小売業以外にも、IT、物流、商品開発、製造などを手がけています。創業期はソフトウェア構築やパソコン販売が主力事業だった流通業界では少し異色の企業ともいえます。

2019年3月現在、四国を除く各地方に出店しており、大阪府下には7店舗あります。南河内から最も近いのは和泉市にあるスーパーセンター和泉店。トライアルでは、ほとんどの店舗が24時間営業を行っていますが、富田林に出来る新店が24時間営業になるかは不明です。

●トライアルカンパニー 公式サイト →http://www.trial-net.co.jp/

現地レポート (仮称)トライアル富田林店の建設予定地はクロスモール富田林から国道309号を挟んで北側のエリアで、住所でいうと富田林市西板持町4丁目になります。両商業施設は南部大阪都市計画の一環として計画されたそうです。


国道3…

イオンのTシャツ 名画シリーズ2020 ・“のりものT”を探して“名画T”発見

2020年のAEON-T? 昨年も(一部で)話題になった、往年の名車がプリントされたイオンの「のりものシリーズTシャツ」ですが、今年も新作が登場した!との情報を小耳に挟んだので、真偽のほどを確かめに最寄のイオンに寄ってみました。
●2020年の「のりものT」をはじめとするコラボTシャツについての記事はこちら →イオンのコラボTシャツ 2020 ・今年も“のりものT”をはじめ多数のコラボTが販売中
●昨年の記事はこちら →イオンの「2019 のりものシリーズTシャツ」 ・今年も夏はAEONで車T!

今回訪問したイオンでは、衣料品コーナーの最も目立つ場所に新作のTシャツコーナーが設けられていましたが、「のりものシリーズ」は見当たらず、代わりに(かどうかは不明ですが)展開されていたのがこちらの「名画シリーズ」です。正式なシリーズ名は不明なのでとりあえずの名称です(笑)。

数年前から登場していた「のりものシリーズ」Tシャツでは、車を中心に、電車やバイクなどがプリントされていました。特に往年の名車を扱ったデザインが多く、ロゴのみでは無く車両の特徴やデザインを表現したプリントがファンに人気だったようです。
今回発見した「名画シリーズ」では、誰もが一度は目にしたことがありそうな有名な絵画を前面にプリントしたようです。

これはこれで良い感じなのでこのシリーズについて調べてみましたが、現時点でイオンのホームページなどでは情報を見つけられずラインナップなど詳細は不明です。とりあえず、レオナルド・ダ・ヴィンチやゴッホ、モネ、ミレー、セザンヌ、ルノワール、フェルメール、クリムトなどの作品が並んでいました。ベースとなるTシャツの色は数種類ありましたが、絵画ごとに決まっているのかもしれません。
名画のTシャツなどは他にもあると思いますが、1着1380円(税別)なのでわりとリーズナブルなお値段で名画Tを手に入れられるのではないでしょうか。
2020年版「のりものシリーズ」Tシャツはまた後日捜索に行くと思います(笑)。
●イオンスタイルオンライン ファッション →https://aeonretail.com/shop/stylefashion


【開店情報】黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) ・ビバホームやアローが出店?

美原にビバホーム? 先日、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」について記事にしましたが、その建設予定地から国道を挟んだ西側でも大規模な開発工事が進んでいます。というか、今回現地を訪れた2019年(令和元年)5月上旬段階で、「(仮称)ららぽーと美原」が計画段階で実質未着工なのに対し、西側エリアではかなり造成工事が進んでいるように見えます。

●2020年(令和2年)7月時点での記事はこちら →【開店情報】黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) 第2弾 ・(仮称)ビバモール美原南インター新築工事


今回(通りすがりに)見た工事現場の詳しい場所は、大阪府堺市美原区黒山の、阪和自動車道の下で国道309号と府道36号泉大津美原線の交わる地点(「下黒山」交差点)の南西のエリアで、地図で見ると5月現在、すでに埋め立てられてしまった「蓮池」という池があった付近になります(代わりに南側にため池が出来ているようです)。


基本的に田んぼとため池のある地域でしたが、今はパチンコ店の「パラダイス」、カー用品店の「オートバックス 美原店」、カフェ「はたち」さんがある一角です。少し北には黒姫山古墳が、東には丹比神社もあります。



黒山西土地区画整理事業 南河内エリアにしては大規模な開発の様なので調べてみると、黒山地区は堺市都市計画マスタープランにおいて美原都市拠点と位置づけられ、「黒山西土地区画整理事業」という堺市の開発事業があり、ここに複数の商業施設の出店が予定されているそうです。これと、前述の「(仮称)ららぽーと美原」を中核とした黒山東地区計画と合わせて、堺市の一大プロジェクトといえます。

2016年(平成28年)の段階では、黒山西土地区画整理事業は、約7.9(後に7.8)ヘクタールのA地区には商業機能、約3.9(後に4.0)ヘクタールのB地区には産業機能を誘致する計画で、工事全体は2019年半ばに完成(事業期間は20年度末まで)させる予定だったようです。


肝心の出店店舗についてですが、2015年(平成27年)9月頃の情報では、商業施設エリアに、株式会社LIXILビバ(埼玉県さいたま市)が運営するホームセンター「ビバホーム」や、平川商事(大阪府八尾市)のパチンコ店「アロー」、そして現在も営業中のオートバックス美原店を配置する計画があったようです。

現在のところ、区域内の細かいところで変更が…