スキップしてメイン コンテンツに移動

【南河内探訪】長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市) ・河内長野駅の近くで桜を楽しむ

長野公園 長野地区

南河内エリアのお花見スポットをいくつか紹介して来ましたが、今回は駅からすぐの距離にありながら、桜だけでなく軽い山登りも体験できる長野公園のご紹介です。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
長野公園 奥河内さくら公園・長野地区(河内長野市)

長野公園は、大阪府河内長野市にある大阪府営の都市公園ですが、河内長野市内に点在するそれぞれ特色を持った5つの公園を総称したものです。



その5つの公園を詳しく見ると、奥河内さくら公園(長野地区)、奥河内あじさい公園(河合寺地区)、奥河内楠公の里(観心寺・丸山地区)、奥河内もみじ公園(延命寺地区)、奥河内天野キャンプの森(天野山地区)となっています。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
河内さくら公園(長野地区)にある長野公園の石碑

そんな長野公園の中で、今回花見スポットとして紹介するのは、名称に「さくら」と入っている奥河内さくら公園です。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
奥河内さくら公園(長野地区)の各種案内

奥河内さくら公園は、河内長野市の中心部である河内長野駅から直線距離で300mほどという近さにありながら、結構自然を満喫できる公園といえます。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
奥河内さくら公園(長野地区)の地図

河内長野駅の東側、石川の谷を越え、少し山を登ったところに奥河内さくら公園があります。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
緑の広場

まず、最初に現れるのは広大な「緑の広場」です。その広場の周囲と、展望台のある山の上の方に桜が咲いているのがわかります。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
回廊風展望休憩所

広場の西側(石川寄り)には何となく中華風な屋根のついた展望台「回廊風展望休憩所」があり、この公園のシンボル的存在となっています。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
美しい枝垂れ桜

休憩所の傍らには枝垂れ桜があり、花見も眼下の景色も楽しむことが出来ます。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
様々な花が植えられた花壇

桜の季節のこの公園では、回廊風展望休憩所がやはり人気のエリアとなっているようです。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
売店

緑の広場の山寄りには、山村商店さんという売店があり、看板には「氷 酒・ビール・コーヒー うどん・おでん」などと書かれていました。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
トイレと遊具

広場の奥(南)の方に進むとトイレがあり、さらにその奥は遊具のある児童遊技場となっているので、この辺りは子供連れの方々が多いです。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
「長野遊園の夜桜」の説明板

今回は(ちょっとシーズン終盤の)桜の季節の昼間に行きましたが、この公園では毎年花見シーズンに桜のライトアップを実施しており、ここの夜桜は新河内長野八景にも選ばれています。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
あじさい園手前の休憩所

長野公園の奥河内さくら公園(長野地区)には約500本の桜があるそうで、広場からまだ上の遊歩道沿いなどにも多くの桜があります(あじさい園もあり)。また、最も高い展望台に上ると奥河内を見渡す景色が楽しめます。

●大阪府営5公園公式サイト「いこいこおおさかの公園」長野公園 →https://www.toshi-kouen.jp/staticpages/index.php/nagano_top

アクセス

長野公園の奥河内さくら公園(長野地区)には駐車場がないので、徒歩または公共交通機関を利用してください。

奥河内さくら公園へはいくつかのルートがありますが、南海高野線・近鉄長野線「河内長野」駅からの場合、東口から出て黄金橋か落合橋で石川を渡り、坂を上って行くことになります。これらの道は住宅街や旅館脇の細い道を通ったりするので現地案内版などを確認してください。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
黄金橋

黄金橋ルートは、「八重別館」の看板のあるゲートをくぐって階段を下り、黄金橋を渡り右に曲がります。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
八重別館

八重別館前の道を通り、和風スナック「古都」の左側の階段を上って行きます。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
黄金橋を渡るルートの地図

河内長野荘の前まで来ると、公園への坂道があります。

長野公園 奥河内さくら公園(長野地区)(河内長野市)
落合橋からの風景

一方の、落合橋を渡るルートは、河内長野駅東口から南に歩き、サンライト・リング・ブレスさんというパン屋さんの前を通り、清教学園通学路「しらかしの径」の看板に従って進むと落合橋を渡ります。あとは右手にある老人ホームや清教学園の私有地に入らないように気を付けて坂を上ります。突き当りを左に進むとすぐに公園の管理事務所があり、その横の坂を上ると緑の広場に出ます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

コメント

このブログの人気の投稿

【開店情報】あずさ珈琲 藤井寺店(藤井寺市) ・山のカフェ&レストランが南河内に進出

あずさ珈琲 大阪府藤井寺市北岡に、カフェ&レストラン「あずさ珈琲 藤井寺店」がオープンします。現時点では2019年(令和元年)11月オープン予定となっています。写真は10月上旬撮影。

※オープンは11月1日(金)となりました。


「あずさ珈琲 藤井寺店」がオープンするのは、藤井寺市役所の少し西で、藤井寺駅やイオン藤井寺ショッピングセンターからも徒歩圏内の府道12号堺大和高田線(ヤマタカ線)沿い、「紳士服はるやま 藤井寺店」があった場所です。今回は店舗も建て替えということで、紳士服チェーンっぽい建物ではなく赤い屋根が目立つ「あずさ珈琲」っぽい建物になっています。



「あずさ珈琲」は株式会社KRフードサービスが運営するカフェ&レストランです。KRフードサービスは、1974年(昭和49年)に大阪ガスの100%出資にて設立された近畿冷熱株式会社(冷凍食品でお馴染みとなるキンレイ)が前身で、外食部門が分離した現在は「和食しゃぶしゃぶ かごの屋」などを展開中。「あずさ珈琲」は2017年(平成29年)から。現在は株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスが親会社。


「あずさ珈琲」は、山小屋をイメージした店内で、香り高い珈琲や手間隙をかけた料理を楽しめるというコンセプトのチェーン。関西を中心に数店舗展開中で、南河内には初進出のようです。店舗名の表記は「上高地 あずさ珈琲」となっていることが多いようです。

なお、競合しそうな大きめの郊外型店舗のカフェとしては、あずさ珈琲藤井寺店の800mほど西にコナズ珈琲藤井寺があります。

●上高地あずさ珈琲 ホームページ 藤井寺店 →https://kagonoya.food-kr.com/shop/detail/0889

アクセス 国道170号(外環状線)「沢田」交差点から西に約900m、藤井寺市役所から西に約100m、イオン藤井寺ショッピングセンターからは東に200m少々の府道12号堺大和高田線沿い北側。裏手に藤井寺市立市民総合会館パープルホールがあります。



【開店情報】油甚(あぶらじん) 羽曳野店(羽曳野市) ・泉州の名物店が外環沿いに!

あぶらじん 大阪府羽曳野市西浦に、泉州方面でお馴染みの食料品店(リカーショップ?)「油甚(あぶらじん) 羽曳野店」がオープンします。開店日は2019年(令和元年)9月下旬予定です。写真は一部を除き9月中旬撮影。

※追記 オープンは2019年9月26日(木)午前9:30になりました。


あぶらじん羽曳野店の場所は、「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの国道170号(外環状線)沿い西側で、南隣は「西浦フットサルスペース」、北にはカー用品店「FIVE MART」さんや元家具店digだった建物があります。「サイクルワールド 羽曳野店」のほぼ向かい。



有限会社油甚は大阪府貝塚市加神に本社を置く企業で、泉州地域を中心に出店しており、南河内地域では河内長野店、松原店があります。


品揃えはお酒や飲料、お菓子や加工食品中心で、ディスカウントスーパー?のイメージでしょうか。



なお、あぶらじん羽曳野店予定地の近くには、サンディ羽曳野西浦店、ライフ羽曳野西浦店、クニーズ・南河生鮮市場、産直市場よってって羽曳野店といったスーパーや食料品店が集まっています。


ちなみにこの場所は元々田畑で、昨年末には工事が進み、春には建物がほぼ完成していました。

アクセス 南阪奈道路の下を国道170号(外環状線)がくぐる「羽曳野IC前」交差点から北に約500mの外環沿い西側。ライフやコーナン、ケンタッキー・フライド・チキンのある「西浦」交差点からは南に300mほどですが、北行き車線からは入れません。



【開店情報】(仮称)イオンタウン松原(松原市) ・新堂4丁目地区まちづくり計画?

松原にイオン? 南河内エリアでの大規模商業施設建設のうわさは色々ありますが、国道309号沿いが特にアツい状況のようで、北は松原市の「(仮称)松原天美ショッピングセンター(アリオ松原?)」から、南は堺市美原区の「(仮称)ららぽーと美原」や「(仮称)ビバホーム美原店」の計画が徐々に明らかになってきています。そういえば春にオープンした「クロスモール富田林」も国道309号沿いでした。


そんな国道309号沿線でもう一つ商業施設が建つとうわさされていたのが松原市新堂地区への「イオン」出店というものです。

●(仮称)イオンタウン松原にホームセンター「ハンズマン」が出店との情報はこちら →【開店情報】(仮称)ハンズマン 松原店(松原市) ・建設中のイオンタウン松原内に出店予定



新堂4丁目地区まちづくり 最も確実性の高そうな松原市の2018年(平成30年)12月13日更新の情報によると、「幹線道路沿道のまちづくりの一環として、国道309号に接している新堂4丁目地区において、地権者の皆さんと一緒にまちづくりに取り組んでいます。」として、2018年7月21日に設立総会が開催され、「松原市新堂4丁目土地区画整理組合」が設立されました。
その設立総会では、業務代行者として戸田建設株式会社大阪支店・イオンタウン株式会社共同企業体が決定され、造成された大街区においてイオンタウンの出店が計画されているそうです。

正確な開業時期については不明ですが、ネットで調べたところ松原市議会の「平成31年度第一回定例会」での発言の中に「今後3年から4年後」にイオンタウンがオープンとの文言がありました。その通りなら2022年か2023年ということでしょうか。

イオンタウン予定地の現状 以下、2019年(令和元年)5月下旬の現地の様子です。実は昨年9月に住民説明会があり、その後しばらく進展はなかったようですが、ちょうど動き始めたのがこの頃だったようです。


新堂4丁目とは、国道309号と都市計画道路新堂南線が交わる「尻ノ池前」交差点の東(ほとんどは北東)側で、主に「きんのぶた 河内松原店」や「錦わらい 松原店」の裏側に当たる地域で、田畑が多く残っていました。

国道309号から見ると、店舗などがあるので「何かちょっと工事をしている」ぐらいにしか思いませんでしたが、結構広範囲がフェンスで囲ってあり、その中は田畑も埋められて…

【開店情報】(仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) ・美原区の大型ショッピングモール予定地の現状

(仮称)ららぽーと美原 以前から「南河内エリアに大型ショッピングモールが出来る」との噂は色々ありましたがなかなか実現せず、藤井寺市のイオン藤井寺ショッピングセンター(旧イオンモール藤井寺)の建て替えはともかく、ようやく松原市の(仮称)松原天美ショッピングセンター(アリオ?)の工事がスタート...と思いきや、進捗状況は当初の予定通りには見えません。

そんな中、かなり具体的なところまで計画が進んでいるようなのが、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」です。


少しネットで検索すると、色々と情報は集まるようですが実際の現地の様子などはイマイチわからなかったので、軽く予定地を視察(笑)してきました。現地写真は2019年(平成31年)3月上旬撮影。



計画概要 「ららぽーと(LaLaPort)」は三井不動産グループの三井不動産商業マネジメント株式会社が運営する大型商業施設で、現在大阪には「ららぽーと和泉」と「ららぽーとEXPOCITY」があります。「三井ショッピングパーク」を冠して呼ぶことも。

(仮称)ららぽーと美原は、「堺市美原区黒山東計画」の一環として作られる商業施設で、国道309号線沿い、阪和自動車美原南インターチェンジからすぐの「下黒山」交差点の南東、美原区役所の北東の現在田畑や池のあるエリアです。

ちなみに、阪和自動車道の北側には黒姫山古墳があり、国道309号を挟んで西側では、先行してビバホームやアローが出店すると噂の「黒山西土地区画整理事業」が進んでいます。

現時点で判明している(仮称)ららぽーと美原の計画概要として、2018年(平成30年)12月の説明会開催結果報告書などによると...

開発区域面積:約84,000㎡
建築面積:約33,000㎡ (駐車場除く) 延床面積:約92,000㎡ (駐車場除く)
建物高さ:商業棟 30.5m(4階建て)、立体駐車場A 29.1m(6階建て7段)、立体駐車場B 15.45m(3階建て4段)
駐車台数:約3,200台
年間来場者想定数:約1,300万人
営業時間:飲食 午前7時から午後11時、物販 午前7時から午後10時、アミューズメント 午前7時から翌午前5時(未定)

着工:2019年10月(予定)
竣工・供用開始:2022年3月(予定)

となっています。

参考までに、最も近いショッピングモールである「イオンモール堺…